平井 良明
ひとり起業の強化書を読んで プロローグ
見出し画像

ひとり起業の強化書を読んで プロローグ

平井 良明

天田 幸宏さんの本「ひとり起業の強化書」を読んで自分が感じたことをまとめてみます。全8回の予定。

私自身は、27年前に大学院2年のときに起業しました。
バブル弾けて3年目、当時は、学生ベンチャーなんて言葉もない時代でした。
したがって、行政の起業支援や創業支援なんてものもない時代でした。
ビジネスコンテストやビジネス発表会もない時代でした。

また、私は、IT業界、特にWEB業界なので、先輩企業もない時代。したがって指導もされてないし、参考にする会社もありませんでした。

でも、ここまで長く(大きくではない < ここ重要(笑))やってこれた。

みんなから「長く続いているからすごいね」と言われるが自分ではピンきてません。

楽しみながら、自分の気持がいいように、そしていろんな書物や情報をもとにいろんな施策を考えながら、ときには、失敗し、ときには喜ばれ、ときには叱られて、ときには呆れられ

なんでかはっきりわからなかったけど、続けてこれました。
が、先日そして、これを読んでよくわかりました。

ということで、自分なりに、この本を読み解いていこうと思う。

「ひとり起業の強化書」 天田 幸宏 著


#一人起業 #ひとり起業 #起業 #独立 #強化書 #天田幸宏 #ドラッカー #起業物語  

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
平井 良明
株式会社イーハイブ:取締役 一般社団法人中小企業事業推進機構 代表理事 ゆるすこと研究所 :所長 著書 読み書きそろばんソーシャルメディア 、中小企業がパートナーとして選びたい福岡の30人  ブログ:http://cloud.comlog.jp/hirai/