見出し画像

盃とドーナツ


敬愛する伊達者へ


酌み交わせば夏が終わる海の話

話聞いている指先に火が点る

アジフライがきて黙っている

目の奥はまだ恋の歌

夜明けの街で眠ってしまった

愛は朝に書く手紙

道で口ずさむ歌がある

どんな日も声がした渋谷

歩いた先を家にしている

夜咄は皿の上のドーナツ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22

こちらでもピックアップされています

自由律俳句集
自由律俳句集
  • 2本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。