見出し画像

夏のテーブル2020 レシピノート

今年の夏のテーブルは、例年とは異なる状況のため、プライベートでみなさまをお迎えすることとなりました。夏の青空の日にみなさんと作ったのは、過去にパリと日本のそれぞれのレッスンでおこない、数年経った今でも、よく作ります!とお聞かせ頂くことの多いお料理です。それに新しく合わせたデザートで構成したメニューを、ご紹介いたします。

ミニモツァレラのカプレーゼ・蟹とトマトの冷製カッペリーニ・豚フィレ肉のハーブクルート・苺のティラミス

カプレーゼのレシピ、4品の盛り付け動画までフリーでご覧いただけます。

画像8

夏も終わりに近づいてはおりますが、まだ暑い日も続きます。トマトたっぷり、夏の恵みいっぱいのメニューをぜひお試しになってください。


レシピについて

分量はすべて4人分です。

材料は、日本とフランスともにお作りいただけるよう工夫しております。それぞれのお買い物メモにまとめてありますのでご参照くださいませ。

レシピ工程番号のあとにある記号は、作業のタイミングを示しています。
☆前日に用意できること ○食事の少し前に用意できること ●食事直前に用意すること、となっております。

ミニモッツアレラのカプレーゼ

ミニモッツアレラ 20コ
ミニトマト            20コ
ドレッシング  
     オイル漬けのセミドライトマト 10g 
     オリーブオイル                             40g
                  ホワイトバルサミコ                      20g
     大蒜のすりおろし 耳かき2杯くらい
バジルの葉 飾り用

画像2

1)☆ドレッシングを作る→ドライトマトはペーストに近くなるまで、包丁で細かく刻む。ホワイトバルサミコ、オリーブオイル、にんにくのすりおろしと混ぜて、軽く塩コショウで調味する。
2)● 盛り付ける→皿の中央にドレッシングを敷き、そのうえにモッツアレラとトマトを並べて、バジルの葉を飾る。

💡同じ要領で、大皿にたくさん並べてもかわいいですし、ドレッシングと和えてボウルに盛りつけても楽しいです💡
☝️ドレッシングはお召し上がりの1時間くらい前までに混ぜておきましょう。にんにくが馴染んで、お味がマイルドになります。
✏️ドライトマト🍅日本🇯🇵お買い物メモ→カルディ・楽天などでお求めいただけます。フランス🇫🇷ではMonoprixにて購入。ドライトマトは出汁のように味がでるので、調味料として私はよくお料理に使います。

この続きをみるには

この続き: 4,189文字 / 画像6枚

夏のテーブル2020 レシピノート

Coin de Table by kanako

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
10
フランス在住。パリ近郊にて、お料理教室のようなものをしています。こちらはCoin de Tableのレシピノート。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。