見出し画像

国造焼 | 陶器 | 鳥取県倉吉市

COCOROSTORE

国造焼 こくぞうやき
 明治に祖父母が倉吉市の不入岡(ふにおか)、上神(かずわ)一帯の陶土が焼き物に適していることに着目、この地に移り住み、明治二十三年に創業する。不入岡の近くには伯耆の国の造(みやつこ)をまつった大将塚があり、「こくぞうさん」と呼び親しまれていたことから、こくぞうさんにあやかって、昭和五十年、初代 秀治が『国造焼』を創始しました。
 朝夕に伯耆大山を仰ぎ見る環境にいて、祖父母の代から土と共に生き、土に取り組むことのできる喜びをこれからの作陶に活かして、皆様に「こくぞうさん」の愛称で親しまれる窯元でありたいと思います。

陶歴
1981年 倉吉市に生まれる
2001年 父 山本浩彩に師事
2013年   日本陶芸展 入選(以降1回)
    日本伝統工芸中国支部展 入選(以降4回)
    鳥取県美術展覧会県展賞受賞(以降1回)
2017年 田辺美術館大賞 『茶の湯の造形展』奨励賞受賞
    鳥取県美術展覧会 無鑑査
2018年 田辺美術館大賞 『茶の湯の造形展』入選(以降3回)
2019年 日本伝統工芸中国支部展 鳥取県知事賞 受賞
2020年 田辺美術館大賞 『茶の湯の造形展』優秀賞受賞
     日本伝統工芸展 入選(以降1回)
     鳥取県伝統工芸士 認定
2021年 日本伝統工芸中国展 岡山放送賞 受賞

国造焼 四代 山本佳靖 (やまもとよしやす)
鳥取県倉吉市

画像6

化粧土
窯元付近の鉄分を多く含んだ化粧土。器の下地として使用する。

画像6

実験材料の陶土
隣町、北栄町で取れた赤土の陶土。作品になるまで幾度となく試しを行い作品に変化する。

画像7

水簸土
小石など除去し、きめ細かい水簸土を器の下地に塗る。上塗りの釉薬との焼成変化で落ち着いた色合いの器となる。

画像7

作業場
ここで器を成形する

画像8

釉薬
下地の化粧土の上に上塗りする釉薬(上:透明釉 左:藁灰釉 右:鉄釉)

画像9

施釉
釉薬(写真は藁灰釉を施釉)をかけ乾燥させる。この後、焼成に入る。

画像10

焼成前の窯の中
最大1260℃で14時間かけて焼き上げる。48時間かけて窯の中でゆっくりと徐冷させる。

画像12

左:焼成前 右:焼成後
焼成することで土に含まれる水分が抜け土が焼き締まり10%コンパクトになる。十分に焼き締まることで丈夫な器となる。

画像12

刻印
”国造”の刻印が器の裏側(高台)に押印されている。押印の理由は作品に責任を持つこと、使い心地が良く再度購入したい時に目印になるようにと記されています。土は焼き締めると石のように変わるので土に還るまで数万年と風雨にさらされ風化しなければ戻らない。


|飛び鉋技法とは|
鉋と言われる陶芸工具の刃先を使い、連続した削り目をつける技法です。鉋が器面を飛び跳ねるように動くことから飛び鉋と称されています。鳥取には観光名所で代表される鳥取砂丘があります。浜から吹き上げる風により規則正しい風紋が砂丘一面を覆います。その美しい風紋を飛び鉋技法を用いて器に表現することが国造焼の代表作のひとつです。

画像14



線文(せんもん)とは
釉薬(焼成後は白となる)をかけた後に、ケガキ針で釉薬を掻き落とす方法です。釉薬の下地には地元の鉄分を含んだ化粧土(焼成後は茶となる)をあらかじめ塗っているので焼き上げると掻き落とした線の部分から化粧土の茶が覗きます。鳥取県は全ての市町村で天の川が見られるなど天体観測に適した環境であり、線文を星座に模して、星と星とが繋がるように迷いなく掻かれています

画像14


国造焼の白釉の特徴
食器を盛り付ける際に食材を引き立てる白にこだわり、カップに注がれた飲み物が綺麗に映える白にこだっています。盛り付けるものを活かすことや長年の使用に耐える丈夫さ、手に取った時の使い心地など日夜追求しています。白釉の特徴としては貫入が少しづつ入り、毎日のひと時が器を育てていきます。 

|お問い合わせ先|
COCOROSTORE
〒682-0821 鳥取県倉吉市魚町2516
0858-22-3526
HP:https://cocorostore.jp
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!