マガジンのカバー画像

ココカリ心理学コラム

55
心理屋としての考え、私見も混じります。自分自身の整理と、人々のメンタルヘルス保全のために。/心理学/臨床心理学/臨床心理士/産業カウンセラー/キャリアコンサルタント/公認心理師/… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

マインドフルネス〜悩みや不安の扱い方|ココカリ心理学コラム

悩みは何から生まれ、不安はどこからくるのでしょう。 悩みは「欲求」から生まれます。「うま…

17時間前

似た者同士はくっつきやすいのか|ココカリ心理学コラム

「マッチング仮説(釣り合い仮説)」に則れば、似た者同士はくっつきやすい、といえます。 マ…

思春期に同じことを考えていた人「夜を乗り越える」又吉直樹著|ココカリ心理学コラム

私だけかと思っていました。日本とニュージーランドの形が似ているなと密かに思っていたこと、…

2週間前

湿っぽくない最後は最高だろ〜103歳の祖母が亡くなった話|ココカリ心理学コラム

2021年12月に祖母が103歳で永眠し喪中となりました。新年の挨拶でおめでとうを言わないのはそ…

3週間前

見習期間が終了して、本格局面へ突入する|ココカリ心理学コラム

35歳で産業カウンセラー、翌年にキャリアコンサルタントの資格を取得し、会社の人事部でメンタ…

4週間前

懐古主義でもいいじゃない|ココカリ心理学コラム

たまに実家に帰省すると、通学路やたむろしていたイトーヨーカ堂を見て、ノスタルジックな気分…

1か月前

心理カウンセリングの効用|ココカリ心理学コラム

心理カウンセラーとして世に立ち、早3年が経とうとしている。これまでにおそらく400名ほど担当させてもらった。心理カウンセリングとはなんなのか。やればやるだけ明瞭になる部分と混沌とする部分があり、やはりなんとも得体が知れない。カウンセリングの場で私は何を提供できているのか、改めて考えてみた。 カタルシス効果クライエントは自分の物語をカウンセラーが受容してくれた時に、カタルシスを感じる。カタルシスとは「浄化」や「排泄」を意味する言葉である。カタルシス効果とは、心の中にたまってい

スキ
29

「目標」を自分で設定する難しさ|ココカリ心理学コラム

社会人になって1〜2年の間に適応障害を患う人は少なくない。例に漏れず私もそうだった(と思…

1か月前

オレンジカフェに参加して、想いを強めた話|ココカリ心理学コラム

共通の知り合いが理事をされているオレンジカフェに見学参加させてもらいました。そこでは認知…

2か月前

この視線は好意?敵意?本意はわからない|ココカリ心理学コラム

コミュニケーションの取り方は万万千千で、そのうちのひとつにアイコンタクトがあります。人は…

2か月前

未然にメンタル不調の芽を摘む試み|ココカリ心理学コラム

都心のメンタルクリニックには、適応障害やうつ病で苦しむ患者さんが多く来院する。職場の人間…

2か月前

心と体をつなぐ技|ココカリ心理学コラム

高校の同級生がオーナーとしてマッサージ店をオープンさせた。開店祝いを兼ねて訪問し、料金を…

3か月前

回避行動は一時凌ぎ〜強迫症に対する暴露療法(エクスポージャー)|ココカリ心理学コ…

強迫症または強迫性障害をご存知でしょうか。強迫症は、きわめて強い不安感や不快感(強迫観念…

3か月前

理論は後ろ盾になる「カウンセリングの技法」國分康孝著|ココカリ心理学コラム

國分先生からみたカウンセリングの守破離が記されています。金言の宝庫です。理論や原則を出発点とし、歩みながら加減していくことの大切さを感じました。社会の有り様によって変化させていく部分と変えぬ本質を見分ける眼を持ちたいと、強く強く願うのでした。 「カウンセリングの技法」國分康孝著 人間が人間を治す変えるというのは高慢である、という立場だけではプロフェッショナルな心理面接はできない。 カウンセリングは行動の変容を目指すものである。行動の変容とは、反応の仕方に多様性がでてくる

スキ
23