遠山エイコ(こっこ)

誰かの物語は自分の物語でもあるし逆もまた然り/20代前半に演劇かじる。結婚前はPR関係のお仕事を少し/noteではコンテンツレビューやエッセイや小説を/note【紅茶のある風景】コンテスト入選
固定された記事

超個人的推し活の流儀

推しは突然降ってくる。 恋は落ちるものだし、推しは降ってくるもの、なのである。 ある日突然。抗えない。 いつだったか、松田聖子も言っていたじゃない?「ビビビッと…

フェリシモさんが運営するメディア、Oshikraさんで、推し活にまつわるフィクション作品について書きました!
推しがいるすべての方に読んで欲しいです。是非…!

推しは人生の伴走者―文芸・映像作品から読み解く推しと生活と私―
https://www.felissimo.co.jp/oshikra/5719/

badcats weeklyさんで、放送中のドラマ #まめ夫 も話題の、坂元裕二作品についてのエッセイを書きました!是非!

愛しきものの不在とともに生きる~坂元裕二作品における「叶わなかった恋」への慈しみについて~
https://badcatsweekly.com/2021/05/28/essay-sakamotoyuji/

淡々と、脈々と。

可愛く振る舞おうとしなくても可愛くなってしまうのは子どもの特権で、だから可愛いと思う前にもうちゃんと、間違いなく可愛いと理解してしまうのは親の特権なのだった。 …

たぶん、いつのまにか、と思いながら死んでいく。

思えば遠くへ来たもんだ。 陽の落ちかけた公園で、縄跳びする娘をベンチに座って眺めながら思う。 上の子を産んでもう10年になるけれど、未だに母親である自分に慣れるこ…

不在証明、それはとるにたらないものたちが

汗をかいたグラス テーブルの丸い染み 底に沈んだ水みたいなアイスコーヒー くしゃくしゃのストローの袋が床に落ちて 早足のウエイターが踏みつぶす 剥げかけた小指のペ…