見出し画像

【ハロコバ活動リポート】 オンラインランチ会「Hello Lunch」を振り返る

こんにちは!
co-baコミュニティマネージャーのグミです🙋‍♀️

4月から始まった「Hello!co-ba Project」。
今回は、4/20(月)〜5/1(金)に連続開催したランチ会についてまとめました!

【Hello!co-ba Project】ってなんだ?

👉Hello!co-ba Projectとは?

自粛期間中でも、co-baに出会える、co-baで出会える、いつものオフラインのco-baらしい体験や新しいコミュニケーションを実験してみるプロジェクト。対面でのサービスの一時停止につき直接お会いする機会は減りますが、こんな時だからこそチャレンジしたいコミュニケーションを、皆さんと一緒に考え、創っていきます。
#ハロコバ  でTwitter更新中!

※ 本プロジェクトの詳細については、こちらの記事をぜひご覧ください。


Hello Lunchを始めたきっかけ

co-baが一部休業となり、私たちスタッフもリモートワークの時間が増えました。
「おうちで仕事かぁ。ちゃんと集中できるかな…!」と思っていたのですが、実際やってみると逆で「休憩するタイミングがわからず、夜までぶっ通しでやり続けてしまう」という悩みが浮上しました。

確かに仕事は捗ります。ですが、どこか機械的でワクワクしないのです。
co-baにいるときは、周りに会員さんがいて他愛のない話や近況報告をしあいながら、そこから企画やアイディアが生まれいったり、ビジネスに繋がる出会いがそこら中に広がってました。
そう考えると、ただただPCに向き合って手を動かすことに、なんだか違和感を感じていました。

そう、オンラインとオフラインの大きな違いは、「ひょんなことで繋がる、偶然の出会い」が生まれにくいことです。なんだか、どれも予定調和なんですよね。

なので、ハロコバで複数の企画を走らせるに当たって、このランチ会のゴールは、そんな「雑談をベースにしたfikaのような時間」をベースに帯企画を走らせることにしました。

ランチ会の様子

まるで日替わりメニューのように、毎日担当を変えながら開催しました。
中にはco-ba jinnanを立ち上げた「神南BOYZ」のように懐かしの組み合わせや、各拠点のコミュマネが集結する日など、異なるラインナップです。

[fix]ハロチラシ (1)

当日の様子は毎日Twitterで配信していますが、まんべんなく異なる拠点の会員さんが参加してくださいました。

全9回を通して、とっても嬉しかったことがあります。
それは1回目に参加してくださった会員さん(当時サービス準備中)が、Hello Lunch期間内にローンチ。その際、わざわざランチ会で報告しにきてくださり、みんなで喜びを共有したことです👏

コミュニティ内における「チャレンジを応援する/応援される関係性」が、オンラインでも感じることができたのが、たまらなく嬉しかったです。

気づきと反省と、これから

一方で、一歩目の敷居が少し高いのかなとも感じました。
一度参加してくださった方のリピート率は高かった(全参加してくださった方も!)ので、「なんだ普段のco-baの空気そのまんまじゃん🤗」と感じてもらえると思うので、興味を持ってもらえるようなコンテンツ設計や雰囲気を伝える方法はオフライン以上に必要そうです。

また、(ラジオのように)耳だけ参加の需要があることが発覚。
参加者の幅が広がり、オフラインにはない可能性を感じました!
オフラインコミュニティに注力してきた私たちにとって、目から鱗の面白い発見でした。

Hello Lunchでの気づきは、今後の #ハロコバ 企画に生かして行こうと思っています💪
「co-baの仲間になれてよかった!」と思ってもらえるような場づくりを目指し、引き続きチャレンジしていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします✨


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
全国各地に広がる「あらゆるチャレンジを応援する」をコンセプトにしたシェアードワークプレイス。co-ba ebisuは、「働き方改革」が叫ばれる中、企業側ではなく、働き手が自らのイニシアチブで自由に働き方を選べる『働き方解放区』を目指します。2019年12月オープン。

こちらでもピックアップされています

Hello! co-ba Project
Hello! co-ba Project
  • 35本

自粛期間中でも、co-baに出会える、co-baで出会える、いつものオフラインのco-baらしい体験や新しいコミュニケーションを実験してみるプロジェクト。対面でのサービスの一時停止につき直接お会いする機会は減りますが、こんな時だからこそチャレンジしたいコミュニケーションを、co-ba直営店(shibuya、jinnan、ebisu)一丸となってつくっていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。