Inside CloudSign

154

【新機能】リモート署名導入によりAATL証明書に対応しました

クラウドサインでは、合意締結したPDFファイルに対して、電子署名と一般財団法人日本データ通信協会が認定する「認定タイムスタンプ」を付与することで、契約が存在していた事実と改ざんされていないことを立証しております。

今回、クラウドサイン利用者のさらなる安心と利便性向上を実現するため、業務提携をしておりますサイバートラスト社の「iTrust 電子署名用証明書」と「iTrust リモート署名サービス」

もっとみる

【新機能】Web API 0.13.0で共有先を設定できるようになりました

クラウドサインでは、社内のワークフローやCRM、グループウェアなどのシステムと連携して業務を効率化していただくためにWeb APIを提供しています。

このたび、Web APIをより一層便利にご利用いただけるよう、以下のアップデートを実施いたしましたので、お知らせいたします。

・・・

書類の共有先設定に関するアップデート

WebAPI利用システム上で共有先を追加することができるようになりまし

もっとみる

【新機能】SAML2.0認証によるSSO(シングルサインオン)に対応しました

クラウドサインでは、従来クラウドサインに登録しているメールアドレスとパスワードでログインをする必要がありました。
しかし、各社員アカウントのパスワードをID管理システムで統制したい、というお声をいただく機会が増えて参りました。

今回、SAML2.0に対応したIDプロバイダを介してクラウドサインへログインできるようになる、SSO(シングルサインオン)機能がご利用可能 ※1 となりました。社員数が多

もっとみる

【新機能】Web API 0.12.0で新たに2つのことができるようになりました

クラウドサインでは、社内のワークフローやCRM、グループウェアなどのシステムと連携して業務を効率化していただくためにWeb APIを提供しています。

このたび、Web APIをより一層便利にご利用いただけるよう、2つの機能を追加するアップデートを実施いたしましたので、お知らせいたします。

・・・

ユーザープロファイル取得についてのアップデート

■ 新たにGET /me APIが追加されまし

もっとみる

【新機能】「高度な管理機能」で社内の書類閲覧権限を自由に設定できるようになりました

クラウドサインの有料プランでは、従来「チーム」という単位でメンバーおよび書類を一元的に管理してご利用いただいていました。
社内の複数部署の異なる用途で管理の範囲を分けるために、複数のチームでご導入いただくお客様も増えてまいりました。

今回の新機能では、法務部などの管理部門が複数チームの書類を横断的に管理したり、相互に別チームの書類を閲覧したりといったことができるようになりました。

これにより、

もっとみる

【新機能】Web APIで新たに3つのことができるようになりました

クラウドサインでは、社内のワークフローやCRM、グループウェアなどのシステムと連携して業務を効率化していただくためにWeb APIを提供しています。

このたび、Web APIをより一層便利にご利用いただけるよう、3つの機能を追加するアップデートを実施いたしましたので、お知らせいたします。

・・・

書類の同意/却下日時取得についてのアップデート

■ 取得する書類データに「書類に同意/却下した

もっとみる

【クラウドサイン新機能】書類の情報が一層管理しやすく

こんにちは。クラウドサインのディレクターチームにて業務に勤しんでいるゆぎです。

先日、事業部長橘のnoteにて「クラウドサイン プロダクトロードマップ Spring'19」と題し、今年9月までの機能開発の予定が公開されました。

ディレクターチームでは、現在それぞれの開発案件についてヒアリングを行い、要件や検討すべき点の整理を進めています。
今回はプロダクトロードマップの一つ「契約アナリティクス

もっとみる

【クラウドサイン新機能】 合意締結証明書がAPIで取得できるようになりました

はじめまして。2018年11月にクラウドサインのディレクターチームにジョインしました、ゆぎと申します。新入りの若輩メンバーとして、日々学びながら業務に勤しんでおります。

この記事では、先日リリースされた「合意締結証明書をAPI経由で取得できる」機能のご紹介とその経緯について書いていきます。

そもそも合意締結証明書とは?

機能のご紹介の前に、クラウドサインが提供している合意締結証明書そのものに

もっとみる

【クラウドサイン新機能】基幹システムとのデータ同期で契約書管理がより便利になります

クラウドサイン、カスタマーサクセスの岩熊です。

この度、クラウドサインWeb APIに書類情報編集機能が追加されました。本機能でできるようになったこと、そして本リリースの経緯をご紹介しようと思います。

さて、今回のアップデートにより、従来Webアプリケーションの操作でしか入力・編集のできなかった契約書の管理にまつわる様々な書類情報を、APIを利用して入力・編集ができるようになります。
また、W

もっとみる