見出し画像

noteを始めようと思ったきっかけ。 英語は今を生き抜く力になる。

とある大学での英語講師をした経験を得て

英語講師として、色々な大学や企業で様々な方に英語を教える経験をしてきました。その中でも、大学のクラスでは、英語が嫌い、英語に苦手意識があって、拒否反応があるような学生の集まりでした。

このようなクラスの場合、私の講師としての目標は、
•苦手意識を取り除くこと
•英語が楽しいと感じてもらうこと
•英語は世界を見るため、知るための単なるツールであることを確信してもらうこと
最終的には、科目として学ぶその先の英語を見てもらうことになります。

しかし、何年か講師を続けているうちに、「何か違う」と違和感を感じ始めました。授業に集中出来ていない学生、眠気に勝てない学生、アップダウンが激しい学生。英語の授業だけならまだしも、他の授業もこんな感じだと聞き、精神的に不安定に見える学生が沢山いる事に気づきました。

「このような学生が、こうなるのには理由がある」と考えた時に、この子たちに今必要なのは、コミュニケーションツールとしての英語ではなく、今を生き抜く力だと感じました。そしてこの力は、英語学習を通して得れるものです。私自身が証明です。しかし、今のやり方ではいくら英語を教えても、そこまでたどり着かないと感じました。

それに気付いてからは、とても歯がゆい気持ちでいっぱいになりました。彼らにとって本当に役に立つ、身に付けてほしいスキルは私の中に沢山ありました。
しかし、英語講師として彼らと関わる立場上、それ以上も以下もしてはいけないし、できませんでした。今の教育が求めているものはコミュニケーションツールとしての英語です。

この経験がnoteを始めようと思ったきっかけです。
この国で迷子になっている若い方に、何か役に立つ情報を提供し、スキルを身につけて、生き抜いてほしいと思ったからです。
私自身、思い返すと25歳くらいまで不安定でした。しかし、私の人生の大きな手助け、自己変革のチャンスをくれたのが英語でした。英語は自分自身を知り、深く考えるためのツールにもなります。

このような理由から、私のnoteは英語学習法やオススメの留学先などの情報は少なくなります。
その代わり、いろんな場面でのマインドセットや、留学中の心のあり方、などの「いつでもどこでもついてくる気持ちと頭」にフォーカスした記事がメインになります。

どうか、これから私が発信する情報が、今を悩める人に届きますように。

読んで頂き、ありがとうございました^_^

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
クリオネ/カナダから、生きるために役立つ教養を。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!よろしければ、サポートをお願いします。頂いたサポートは、旦那さんとのディスカッション時に飲むコーヒー代、もしくはカナダの考え方の勉強材料費に使わせていただきます😊

夏のカナダの風景をおすそ分け💕遊びにきてね!😊
6
水曜日と金曜日更新。カナダ🇨🇦×教養×心(マインド)を軸に発信しています。フィリピン系カナダ人の旦那さんと2人暮らし。カナダで TESL certificate取得。元英語講師。生きるための英語 / 生きるための性教育 / 生きるための社会教養 / etc. 卵料理好き🍳