見出し画像

トレードで3,000万円を失った僕が再起するまでの軌跡。

こんにちは、くれば(@clevloger)です。

僕は、2017年10月に原資約100万円でトレードを始め、3,000万円ほど稼ぎました。

しかし、メンタルがぶっ壊れ、2020年の3月に全て吹き飛ばしました。

そのときの話は、以下リンク先のnoteにまとめています。読んでいない方は、ぜひそちらを読んでから、このnoteを読んで頂けると嬉しいです。

① (前編)初心者からトレードで3,000万円稼いだ僕が破産するまでの軌跡【栄光編】
② (後編) 初心者からトレードで3,000万円稼いだ僕が破産するまでの軌跡【破産編】

当時、資産を吹き飛ばした直後の「絶望」は本当にエグくて、極端な話、死んでもおかしくないレベルでした。

ほんとうに毎日、「後悔」との戦いでした。

今回のnoteは、3,000万円を吹き飛ばした後、自分がどんなことを考え、どんなことをしてきたのかを綴るものです。

内容は完全に「自分語り」です。自分の人生の備忘録として書くものなので、苦手な方はそっと閉じてください🙇‍♂️

それでは、ここから本題に入らせていただきます。

2年半かけて稼いだ3,000万円を失い、絶望

僕が仮想通貨トレードを始めたのは2017年10月です。原資は約100万円でトレードを始め、2年半かけて3,000万円ほど稼ぎました。

しかし、途中でメンタルがぶっ壊れてしまい、頭がおかしくなり、2020年の3月に全て吹き飛ばしてしまいました。

僕は、仮想通貨トレードを始めてからずっと、毎日チャートを見て、毎日相場のことを考えていました。

当時書いたnoteに、僕は以下のように綴っています。

来る日も来る日もチャート漬けの毎日で、プライベートのことも何も楽しめなくなる。いわば、「脳が完全にハックされている」状態でした。

本当にこの通りで、旅行に行っても、遊びに行っても、飲みにいっても、どこか上の空。どんな時も、頭の中から相場のことが離れませんでした。

完全に依存症で、トレードで勝っても負けても苦しく、何をやっても楽しめない。「自分はなんのために生きているのか?」と何度も思いました。

ただ、そんな時に自分を納得させるために使っていた言葉が「まあ、お金が稼げているから良いっしょ」でした

当然ですが、3,000万円という大金を労働で稼ぐのは相当難しいです。

「労働で稼ぐことのできない大金を稼げているのだから、少し辛くても良いじゃないか」

と自分を納得させ、トレードに励んでいる毎日なのでした。

しかし、稼いだ3,000万円を全て吹き飛ばしたことで、その言い訳も通用しなくなってしまいました。

トレードを始めてから約2年半の人生をただ棒に振ったことに加え、お金もまったくない状態。

「自分の2年半は何だったのか・・・?」

と、心から絶望しました。

希望からの絶望は振れ幅が大きい

僕がもともとトレードを始めたのは、「ずっと働き続けるのは100%無理」と思っていたことがきっかけでした。

トレード以外にも、「副業」と呼ばれるものはだいたい手を出して、その中で出会ったのが仮想通貨トレードでした。

そして、初心者から原資100万円で始め、3,000万円も稼げたことで、

このまま頑張れば、「労働地獄」から抜け出すことが出来るかも

と微かな希望を抱いていました。しかしながら、資産を吹き飛ばしたことで、そんな夢も完全に潰えてしまったのでした。

個人的に、「最初から負け続けている」よりも、「一回勝ってから負ける」方が辛いのではないかと思います。

一回勝って「希望」を見せられた後に、「絶望」に突き落とされるからです。この振れ幅が本当にキツかった。

幸い、兼業なので普通に生活することはできました。しかし、当然ながら収入は給与のみ。

お金を手に入れるためだけに全ての時間を捧げてきたのに、「ただ貯金をしている同期よりもお金がない現状」に、本当に死にたくなりました。

「3,000万円を労働で稼ぐのに何年かかるの?」と思うと、後悔が止まりませんでした。

そしてこのとき、「投資で稼いだものを労働で取り返すのは不可能」だと痛感したのを覚えています。

また、実家に行って親と話している時とかは本当にキツかったです。

退職金の話とか、年金の話とか、現実的な金銭の話をする度に、僕が吹き飛ばした「3,000万円」の重みを何度も実感しました。

当時の僕は「もう通常の人生は送れないかも」と思っていました。

「一度3,000万円を手にした」という事実が呪縛となり、逃れられなくなっていたからです。

不思議なもので、「通常の状態」→「3,000万円を手にした状態」→「通常の状態」と、もとに戻っただけなのに、「不幸である」と思ってしまうんですよね。

最初から無ければ、そんなこと思わないのに。

「トレードに出会わなければ良かった。トレードに出会わなければ、普通に生活できることが幸せに感じられたはず。トレードによって人生が狂ってしまった。」

と、何度も思いました。

1年弱くらいトレードを休み、トレード以外の活路を模索

資産を吹き飛ばした後は、お金がなくてトレードもできないので、しばらくトレードを休んでいました。

この時に書いたのが、例の「破産note」です。

「もう完全に退場して消えゆくしかない人生だけれども、せめて自分の現状は書き残しておこう・・・。」

と思い、書きました。

当時、あのnoteは色々な方に読んでいただき、更に優しいコメントもたくさんいただき、本当に嬉しかったのを覚えています。

サポートの投げ銭を頂いた方もたくさんいらっしゃいました。中には、当時はなんの絡みもないのに、9,000円もの投げ銭を頂いた方もいました。

画像1

あそこまで反響をいただけるとは思っておらず、本当に驚きました。

当時、慰めていただいた方々には本当に感謝しています。資産を吹き飛ばした絶望の中、心が少し楽になったのを覚えています。

そして、しばらくトレードを休んで心も落ち着いてくると、「このまま諦めて良いのか?」という思いが湧いてくるようになりました。

ここで諦めたら、先ほども書いたように、「一度は3,000万円を手に入れた」という事実が呪縛となって、永遠に後悔し続ける人生を送ることになります。

そこでふと思ったのが、

「もしもここから復活できれば、3,000万円の損失も成功までのプロセスの1つになる」

ということでした。

しばらく休養し、自分を見つめなおすことで、「この経験が失敗で終わるどうかは、最後どうなるか次第だ」と考えが変わっていったのでした。

当時、僕はこんなツイートをしていました。

「その経験をして良かった」と思うかどうかは着地次第だよなあ、とつくづく思う。僕が3,000万円を失った経験も、今後それ以上稼ぐなら「この経験があったから」って思うだろうし、稼げなければ、一生その3,000万円を後悔する人生になると思う。もちろん僕は前者を目指すし、後者の未来は見えていない。

今見るとなんか強気ですが、あえて強い言葉を使うことで、自分を奮い立たせていました。

ちなみに、この考え方はトレードで結構使えると思います。トレードにおいて、損失は避けて通ることができません。一方、損失が出る度に後悔していたら、心がもちません。

損失を出したときは、

「この損失は将来の大勝のために必要な損失。もっと資産が大きい状態で同じミスをしたら、破滅的なダメージを受けていた。ここで経験できておいてよかった。」

といったように、「将来の成功に必要な過程」と思うだけで、幾分か心が楽になります。

こうして、「とりあえずなにか頑張ろう」と持った僕は、リスティングアフィリエイト、SEOアフィリエイト、ブログなどなど、副業っぽいもの数々に手を出しました。

ほとんどお金にはなりませんでしたが、一部アフィリエイトは少しだけ上手くいきました。ここで給与以外に稼ぐ手段を見つけたことで、

なんとか再起が図れるかもしれない

と少しだけ自信がつきました。金額は非常に微々たるものでしたが、当時の心の支えにはなったことを覚えています。

トレードを完全には辞められず、焼かれ続ける

トレード以外の活路を模索していた僕ですが、トレードを完全にやめることはできませんでした。

「やめよう」と思っている一方で、定期的に気になってチャートを見て、入金してしまうのでした。

焼かれてはしばらく休んで、焼かれてはしばらく休んで、の繰り返しです。

ちなみに、ほとんどハイレバで焼かれていました。もうトレードが養分そのものなんですよね。「なんとなく落ちそう!成行100倍ショート!」とか。今思えば、勝てるわけがない。

僕は3,000万円を稼いだときは、現物短期トレードで稼いでおり、どちらかというと現物トレードの方が得意でした。

なので今振り返れば、「じゃあ、現物でやればいいじゃん」とも思ってしまうものです。

しかし、どうしても「早く取り返したい」の思いが抜けず、ハイレバに手を出し続けていました。

ただ、以前の「依存症的な状態」ほど酷くはなく、トレードは「たまにやる」程度に抑えることはできていました。

アフィリエイトなどのほかのことに熱中して、チャートもほとんど見ないようにしていたおかげで、だんだんと依存症的な感じから脱し始めていたのです。

そもそも僕がトレードをやっていたのは、「お金が欲しかったから」です。お金を稼ぐ方法を少し知ったことで、気が楽になっていたのだと思います。

ちなみに、このnoteを読んでいる方の中には、「トレード依存症に困っている」人もいるかと思います。

僕の経験から思うに、トレード依存症から脱する唯一の方法は「トレードに一切触れないこと」です。

「ちょっとだけ触る」とかはダメです。完全に絶たない限りは、脱するのは無理です。自制心なんて信じてはいけません。

トレード欲は性欲みたいなものなので、少しでもチャートなどを見た瞬間に自分の衝動的欲求に耐えられなくなってしまうからです。

相場から離れる時は、徹底的に。

をおすすめします。

久々にモナコインをトレードする

こうして、色々な副業をやりつつ、たまにトレードで焼かれていた僕ですが、ある時Twitterを見ていると「モナコインが上がりそう」とのツイートを見かけました。

僕はモナコインのトレードが昔から比較的得意だったこともあり、このツイートを見て、久々にチャートを見ました。

そして、確かに「これはイケる」と思ったので、速攻で入金して買って、すぐに売って出金しました。

(当時のツイートです↓)

当時はトレードから距離を置くことを徹底していたため、すぐに出金してしまったのですが、

「昔使っていた手法が、まだ通用するんだな」

と思ったのを覚えています。そこからは、モナコインだけ軽くトレードするようにしていました。

「アルトコインの暴騰」を転機に、再起の光が見える

こうしてトレードから距離を置きつつ、モナコインだけは軽くトレードしていた僕ですが、「アルトコインの暴騰」を転機に、再起の光が見え始めました。

当時はビットコインが右肩上がりの急上昇を始め、過去最高値を超えた頃でした。数年ぶりの再暴騰いうことで、市場はかなり盛り上がっていました。

僕はビットコインのトレードはすごく苦手なので、横目にみながら「現物持っている人がうらやましいなあ」と思っていました。

画像3

ただ、ビットコインだけがひたすら強いのかと思いきや、2021年に入ると、様々なアルトコインも吹き上がりはじめました。

画像4

画像5

画像6

どのチャートも右肩上がりになっているのが、お分かり頂けるかと思います。

ここまで書いてきたように、僕はもともと「アルトコインの現物短期トレード」が比較的得意です。

そのため、3,000万円の資産を作った時も、ほとんどがアルトコインの現物短期トレードの利益によるものでした。

意図的にトレードから距離を置いていた僕ですが、この時ばかりは

「これはとんでもない大波が来ているかもしれない。やらなきゃ絶対に損だ。」

と思い、トレードに注力する決意をしました。

とはいえ、トレードからかなり距離を置いていたこともあり、「本当に勝てるのかな」と不安な部分も大きかったのを覚えています。

ただ、特に1月前半がアルトコイン大暴騰の相場だったこともあり、うまく波乗りすることができ、1月の単月で約400万円の利益を出すことができました。

画像7

1月は久々のトレードということもあり、かなり下手な部分も多く、定期的に大きく減らしてグラフがボコボコになりつつも、なんとか利益を出すことができました。

「リップルpump」でトレードの自信を完全に取り戻す

こうして1月で約400万円の利益をあげた僕ですが、

「こんなのまぐれだし、長続きするものじゃない。どうせ来月は無理だ。」

と思っていました。しかし、「リップルpump」のイベントにうまく乗っかったことで、2月1日の1日で400万円稼ぎました

「リップルpump」とは、 海外の投資家によって「2/1の日本時間22:30にリップルのpumpを実施しよう」という計画が立てられ、それが実行されたものです。

Twitterで最初に見た時は「くだらなw」と思って放置していたのですが、予想に反して、pumpの予告時間(22:30)に向け、リップルの価格がスルスルと上がっていったのです。

画像7

最初のうちはあんまり信用せずに放置していましたが、「あれ?これひょっとして大チャンスなんじゃないか?」と思うようになりました。

そして本腰を入れてトレードをやってみると、僕の手法がガッツリとはまる値動きをしていて、1日で400万円稼ぐことができました。

こちらは、当時の僕のツイートです。

1日で400万円もの大金を勝ったことで、トレードの自信をかなり取り戻した僕は、

「これはマジで再起できるんじゃないか?」

と強く思いました。そしてこのリップルpumpを転機に、僕は急激に勝つことができるようになっていきます。

「得意なことに集中すれば、まだ勝てる」と気付く

リップルpumpやその他アルトコインのスキャルピングによって利益を重ねた僕は、

「得意なことに集中すれば、まだ勝てる」

と気づきました。

3,000万円を吹き飛ばした時は、Twitterで他人の爆益を見て羨ましくなった結果、不得意な「ビットコインfx」に手を出し、破滅の道を歩んでしまいました。

仮想通貨トレードの稼ぎ方は本当に多様です。レバレッジトレード、草コインガチホ、最近ではDeFiなど、人によって完全に異なります。

「隣の芝は青く見える」ではないですが、自分とは違う稼ぎ方で爆益を出している人をみると、自分もやりたいと思ってしまうものです。

しかしながら、トレードは本当に弱肉強食の世界。自分の苦手な分野でなんとなくトレードをして、勝てる訳がないんですよね。

以前の破産経験で、身にしみてこれを痛感していた僕は、「得意なことしかやらない」と1つだけルールを決めて、トレードに取り組むことにしたのでした

3ヶ月連続で1,000万円超えの利益

リップルpumpでトレードの自信を取り戻し、「得意なことしかやない」と決めた僕は、ひたすらにアルトコインの短期トレードをやっていました。

アルトコインは1月だけでなく、2月も3月も激しいボラティリティを伴いながら急上昇していきました。

そんな環境下で全力でトレードした結果、モナコインで一撃600万円の利益を得るなど、3年前を含めても過去最高のパフォーマンスを出すことができました。

そして、がむしゃらにトレードをやり続けた結果、

2月+約1,500万円

画像8

3月+約1,500万円

画像9

4月+約1,900万円

画像10

3ヶ月連続で1,000万円超えという、ちょっと前の自分では想像できなかった結果を出すことができました。

この結果には、今でも本当に驚いています。

3,000万円吹き飛ばした時の僕と、今の僕の違い。

「こんなに急激に勝てるようになったのは、なぜだろう?」

と自分で不思議に思い色々考えてみました。

もちろん、相場環境が良くなっていることを前提にしつつですが、答えは1つしかありませんでした。それは、「メンタルが安定していること」です。

破産noteで僕は、以下のように書いています。

トレードを始めてからの2年半を振り返ると、『勝っても地獄、負けても地獄』だったなあ、と心から思います。負けた際にはお金が無くなって辛いのは当たり前ですが、勝っても辛いのです。どんなに勝ったとしても、『もっと勝てたかも』、『まだまだ足りない』といったように、永遠に後悔をし続けてしまっていたのです。かといって、トレードをしていないと、『ああ、今の動きはトレードしていれば勝てたはずなのに』といったように、後悔をしてしまう。2年半、自分の底無しの欲望と現実とのギャップに苦しみ続けていました。

このように、永遠に感じてしまう「機会損失」に苦しんでいました。

当時は「トレードが全て」で、飲み会も遊びもほとんど断り、毎日チャートを見て、ひたすらトレードをやっていました。

最初のうち、ある程度の相場感覚が身につくまでは、勝つために「相場に張り付くこと」が必要かもしれません。

しかしながら、ある程度慣れてきたあとは、「勝つためには逆に相場から離れること」が必要だと思います。当時の僕はそれに気づけませんでした。

相場に張り付くことで、「張り付いているのだから、全ての値動きを取らなければいけない」という気持ちになり、いわゆるポジポジ病になってしまうのです。

仮想通貨は数百・数千種類の通貨が24時間365日値動きをしています。機会損失なんて感じていたら、本当にキリがありません。

もしかしたら、張り付いても大丈夫な人もいるかもしれませんが、当時の僕は張り付くことによる疲弊に耐えられず、メンタルがぶっ壊れました。

一方、今の僕は、長い休養を経たことで、「機会損失」という概念を完全に捨てることができています

休養期間中の相場の値動きをほとんど無視することで、「機会損失なんて考えてもしょうがないし、何の意味もないものだ」と思えるようになったのです。

なので今は、普通に遊びにもいくし、飲み会にも行きます。

昔の僕は「チャートを見てトレードをしている時間だけ」がトレードだと思っていましたが、今は「トレード以外の時間の使い方も含めてトレード」だと思っています。

トレード以外の時間を普通に過ごすことで、逆にトレードの成績が安定する

といった考え方です。

また、お金を稼ぐことを焦るのも辞めました。

昔の僕は「早く億稼いで人生アガらなければ」と思っていましたが、そんなの自分の都合です。今は「相場の流れに身を任せて、取れるところだけ取れれば良い」と思っています。

トレードはメンタルが全て

昔にも書きましたが、

「トレードはメンタルが全て」

だと改めて痛感しています。

どんなに精度の高い手法であっても、崩れたメンタルの前では無力です。健全な精神状態あってこその、健全なトレードです。

「お金がめっちゃ増えるけど張り付いてメンタルが不安定」か、「お金はそんなに増えないけどメンタルが安定している」

の2つの選択肢があるとして、昔の自分なら前者を選んでいましたが、今の自分は間違いなく後者を選びます。

昔は「爆損」したら取り返そうと必死になっていましたが、今はメンタル安定の重要性を痛感しているからこそ、「ちゃんと休む」という選択肢を取ることもできています。

(先月、600万円の損切をした時のツイート)

このnoteの前半部分で、

「もしもここから復活できれば、3,000万円の損失も成功までのプロセスの1つになる」

と書きましたが、まさに「3,000万円の損失」を経験値として活かすことができているのではないかと思います。

「損失を経た方が強くなる」という言葉をたまに見かけるかと思いますが、あれはガチだな、と心から思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

完全に自分語りのnoteを最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「破産note」を書いたとき、「総括編をすぐに書く」といっていたのですが、「あんまりトレードに近づきたくない」と思っていた結果、書くのを放置してしまっていました。

そんな背景もふまえ、今回、改めて自分の現状を記したこのnoteを書かせていただきました。

「楽しみです!」と言って頂いた方もいて、本当に嬉しかったです。

ただ、「再起」などと書いていますが、あくまで相場の世界は本当に「一寸先は闇」です。昨日まで勝っていても、明日には急に勝てなくなることもあります。

実際に今朝もとんでもない負けを食らっていて、このnoteは2021/5/5の午後に書いているのですが、午前中に600万円の損切をしました。すごく辛いです。

次に資産を吹き飛ばしたら流石に立ち直れないと思うので、守備力高くトレードしているつもりではありますが、やっぱり難しい。

もし今後、僕が爆損している姿を見かけたら、温かく慰めてやってくれると嬉しいです。

最後に

最後になりますが、質問とかある方は、Twitterでコメントなど貰えると頑張って返していきます。

また、このnoteを読んで頂いた方は、noteの「スキ」や「フォロー」をして頂けると、大変うれしいです。

更に、Twitterで「いいね」や「リツイート」で拡散して頂けると、泣いて喜びますフォローもしてくれたら嬉しいです!!!

せっかく書いたので、どうせならたくさんの方に読んでいただきたく...!何卒、よろしくお願いします。

お読みいただき、本当にありがとうございました。

_______

Twitter → くれば(@clevloger)
破産note(前編) → 3,000万円稼いだ僕が破産するまでの軌跡【栄光編】
破産note(後編) → 3,000万円稼いだ僕が破産するまでの軌跡【破産編】
手法note → ビットバンク(bitbank)のトレードでズルく勝つ方法

________

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます🙇‍♂️とても嬉しいです。
3,000万円を失った20代。原資100万円でトレードを始め、2年で3,000万円を稼いだけど、メンタルがぶっ壊れて半年で全て失いました。その後、1年くらい休んで復帰し、4ヶ月で5,000万円以上稼ぎました。