新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

noteはじめました。

クラーク記念国際高等学校の首都圏キャンパスでICTのお仕事を担当している人たちが集まって情報共有をするため、そして我々の活動のポートフォリオとしてnoteを始めてみようという話になりました。

そんなにすごいことを発信できたりはしないかもしれないけど。

今、世界は新型コロナウイルスによって大きくそのあり方を変えようとしています。それと同時に私たちのいる教育業界のあり方も地殻変動が起きています。教育ICTの大噴火。

4年前から私たちの学校では生徒一人ひとりにBYOD(生徒の持ち込み)でiPadを持たせて登校させています。

Evernoteをはじめさまざまなアプリのアカウントを生徒に持たせ、スポンジのように吸収していく生徒たちと、油のごとくそれを弾き続ける先生たちの間に挟まれカラカラな日々です。

この4年間でとってもたくさんのトラブルや困難に見舞われました。そうしてついてきた私たちのICT筋肉みたいなものは、あまり日の目を見ることはなく、しかし、自分たちも気づかない間に大きくなっていたようです。

もちろん、私たちよりもとっても先進的なICT教育をされている学校はたくさんあると思います。

ただ、1万人以上の生徒を抱える大きな学校で、声も力も小さい先生たちが、ハードウェア・ソフトウェア両面において日々積み上げてきたトラブルシューティングの結晶をここに残していきます。

あわよくば、どこかで困っている先生に届けば嬉しいです。

細窪

写真は今年の2nd初日の出。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
通知を見てニヤニヤします。あざます!
20
クラーク記念国際高等学校 首都圏ICTお茶会チームに所属する先生たちのnote

こちらでもピックアップされています

Edu TIPs
Edu TIPs
  • 7本

クラーク国際では、日々ICTを駆使した学びの提供を模索しています。 どのように利用すれば、「学びが深まるのか」「双方向の学びとなるのか」を生徒のみんながオーナーシップを持って学びに向かえるように努力をしています。未完成だからこそ見えてくること。そんなことを書き綴っていければと思います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。