ネット発のインフルエンサーが長生きするには?数年後に選手生命を終えないために


こんばんは、塩谷舞(@ciotan)です。


noteを更新しなきゃ…(お金いただいておりますし…)

という自責の念により、最近は夢をみるようになってきたのでw

毎週1つ決まった曜日に更新する、というスタイルにしていこうかと思います。基本は金曜日。でもネタによっては月曜日、火曜日……などに更新するかもしれません。(その場合は金曜日の更新はお休みしようかなぁと)あ、これは佐渡島さんと加藤さんの #コンテンツ会議 を形だけパクっております。



私は、記事を出すときは「密度」を大切にしていて、「頻度」はプライオリティーが低いんだけど、私が他に購読しているnoteは、密度が低くとも「あ!更新された!!」というウキウキ感を提供してくれているなぁ…と思いまして……。

毎週1回は必ず。そのため、ちょっと内容がライトになってしまう時もあるかもしれませんが、そんなときは「あ、ミリューの執筆で忙しいんだな〜」とか、穏やかに見守っていただければ幸いです……。

さて。



インフルエンサー、ネット発のメディアが長続きしていくためには?


今週は、「孫フォロワーは長寿の秘訣」という話をしようと思います。語感がヤバいですね。養命酒とかのコピーみたいですが……(笑)。

メディア運営者の方よりも、インフルエンサーの方向けの記事になってしまいますが、定期購読の方には「あぁ、こういう視点もあるんだな〜」と知っていただければ嬉しいです。では、はじめます!


「SNSのフォロワーを増やすんだ!」というのは、あらゆる場所でここ数年叫ばれていることではあります。最近は「フォロワー数を増やすだけではなく、エンゲージメントを高めるべき」という意見も多いですね。

しかし私は、そこに自分自身の選手生命(それも一生の!)がかかっているので、

「フォロワーを増やしつつ」
「エンゲージメントを高めつつ」
「長続きさせる」

という3つをコンプリートできる情報発信方法を考えて、すこやかに、長生きしていきたいなぁと思っております。

もちろん「親近感を高める」というのも、息の長い影響力を育てるためのポイントではあるのですが、それはロジカルに語りにくい「才能」ドリブンな部分が大きかったりするので、今回のnoteではもう少しロジカルに「長続き」させるポイントを考察していきたいと思います。

個々人が自らの「強い興味関心」でフォローするネットの世界で影響力を持つには、マス層を狙うのではなく、一定層を極めていく……ということのほうが良い、という話をよくしているのですが、それは所謂「マイクロインフルエンサー」になる、とも言い換えられます。

https://sns4biz.com/column/291 より


私自身もTwitterで3.7万フォロワーなので、そこに分類される人間です。クリエイティブ界隈を一歩出れば、私の知名度なんてほぼゼロなので……。

そして、Instagramの世界なんかでは特に、コスメ、料理、ファッション、グルメ…と、様々な「分野特化」型のインフルエンサーの影響力が強いです。


- - - - - - - - - - - -
(注)月額マガジン「記憶に残る、Webメディアの作り方」を今から購読スタートしていただいても、こちらのように先月以前に出された過去記事は読むことができません。単品のみでの販売となります。マガジンでは、今月以降に公開された記事をまとめて読むことができます。(/注)
- - - - - - - - - - - -

ここから先は

2,706字 / 1画像

¥ 290

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が参加している募集

新刊『小さな声の向こうに』を文藝春秋から4月9日に上梓します。noteには載せていない書き下ろしも沢山ありますので、ご興味があれば読んでいただけると、とても嬉しいです。