ひょうごシードル「CIDRE RonRon」 by 播州一献

兵庫県産のりんごを使用して「杜氏がつくるりんごのお酒」。日本酒蔵が本気でつくったシードルです🍎2020.6.17免許取得し、試験醸造ボトル販売を経て、2020年12月8日から正式販売スタートしました。 https://www.instagram.com/hyogo_cidre/

ひょうごシードル「CIDRE RonRon」 by 播州一献

兵庫県産のりんごを使用して「杜氏がつくるりんごのお酒」。日本酒蔵が本気でつくったシードルです🍎2020.6.17免許取得し、試験醸造ボトル販売を経て、2020年12月8日から正式販売スタートしました。 https://www.instagram.com/hyogo_cidre/

    最近の記事

    2週間で第一弾完売!CIDRE RonRon 冬季限定ドゥミセック アーティストラベル

    11月22日より出荷開始した「CIDRE RonRon冬季限定ドゥミセック アーティストラベル」ですが、弊社内での在庫がなくなり、一時完売となりました! 2週間。驚くべき早さです。ご購入の皆様、ロンロン取扱いの酒販店の皆様ありがとうございます! 現在 第二弾にむけて醸造中です。次回蔵出しは12月20日前後になる見込みです。 ※瓶内二次発酵の状況により変更になることもございます。予めご了承ください。 前回は「宍粟市産つがる」でしたが、次回は「兵庫県産ふじ」の単一品種が原材

    スキ
    2
      • この冬だけの限定「CIDRE RonRon」11月発売アーティストTAKUMIコラボボトル

        昨年12月から発売開始した「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」は、杜氏がつくるりんごのお酒。りんごを丸かじりしたような爽やかな香り、軽やかな酸味と爽快な炭酸、甘すぎない大人の後味は、お酒だけでも。料理と一緒でも!セミスイートとドライの2種類は、多くの皆様から愛されています。 クリスマスなどのイベントもあり、大切な人と会う機会が多いこの季節。素敵なひと時を「ロンロン」で乾杯し彩って欲しいという想いから、この冬だけの限定ラベルを発売いたします。今回は通常とは異なる「

        スキ
        2
        • 「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」Prototype(プロトタイプ)先行予約開始!

          【新挑戦】兵庫県の「播州一献」醸造元・山陽盃酒造が、10月4日0時、りんごのお酒「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」の新しいお酒Prototype(プロトタイプ)を発表しました。   「きょうかい酵母清酒用1801号」「無濾過」 「高アルコール」「アメリカンホワイトオーク」 シードルってこんなに自由で、色々あるんだ!と発見いただける楽しい4種類の飲み比べです。 現行の「シードルロンロン(セミスイートとドライ)」商品は、試行錯誤の末に完成し、2020年12月のリ

          スキ
          4
          • 原観光りんご園へお越しの方へ(シードルロンロンが購入できるりんご園近くのお店)

            こんにちは、「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」を製造する宍粟(しそう)市の日本酒蔵・山陽盃酒造です。 兵庫県を想ってつくられた「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」は、原観光りんご園をはじめ兵庫県内産のりんごを原材料に使用しております。ご自宅に帰ってからもゆっくりと宍粟を思い出し、飲んでいただければ幸いです。 ━━━━━━━━ 🌞りんご園の近くで購入できるお店🍎 ━━━━━━━━ ◆道の駅 みなみ波賀(兵庫県宍粟市波賀町安賀8−1)電話: 079

            スキ
            3
            • 創業183年・杜氏がつくるりんごのお酒「CIDRE RonRon」

              創業1837(天保8)年の酒蔵「山陽盃酒造」が、創業以来はじめて日本酒以外のお酒・シードルにチャレンジしました。 日本酒「播州一献」とは別の独立したブランドとして「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」という名前で2020年12月販売開始いたしました。 2020年12月新発売「CIDRE RonRon」杜氏がつくるりんごのお酒「シードルロンロン」 りんごを丸かじりしたような爽やかな香り。 軽やかな酸味と爽快な炭酸、 そして甘すぎない大人の後味は、 お酒だけでも。料理

              スキ
              14
              • 限定販売開始【Makuake】播州一献杜氏がつくる兵庫県産シードル「RonRon」試験醸造酒

                日本酒「播州一献」をつくる「山陽盃酒造」酒造が、日本酒とはまったく別の「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」というシードルブランドを立ち上げました。 わたしたちが、2年越しで準備して参りましたこのシードルプロジェクト。 ようやく販売が開始いたしました!! https://www.makuake.com/project/hyogo-cidre/ 2020年12月頃発売予定の正式商品に先駆けて、第一弾として、10月21日からクラウドファンディングサイト「Maku

                スキ
                1
                • プレスリリース/日本酒の杜氏がつくる極上のりんごの食中酒!兵庫県産りんごを使用した新商品「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」を2020年クリスマスリリース予定

                  このたび日本酒「播州一献」とは別ブランドとして、新たにりんごのお酒「CIDRE RonRon(シードルロンロン)」を発表させていただきます。 清酒蔵でシードルを手掛けるところはままございますが、弊社のように小規模の醸造所が、日本酒と同等に注力して、現役の杜氏が手掛けるクラフトシードルはまだそう多くありません。シードルと日本酒の新たな架け橋になりたいと願っております。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ▼プレスリリース日本酒の杜氏がつくる極上のりんごの食

                  スキ
                  10
                  • 「未来の地元(宍粟市)のため種まきを…」と願いをこめたシードル

                    こんにちは。壺阪雄一です。 180年以上続く「山陽盃酒造」という酒造会社で、「播州一献」という日本酒の醸造責任者をしています。 このnoteは、酒蔵が「地元のりんごを使ってシードルをつくるぞ!」と取り組む様子や想いについて綴っています。2020年クリスマスリリースに向けて、商品開発に取り組むわたしたちのドタバタな日々に、お付き合いいただけたら嬉しいです。 前回日本酒の酒蔵であるわたしたちが、シードルをつくりはじめた理由と、その先の願いについて書きました。 地元産のりんご

                    スキ
                    10
                    • 日本酒蔵が、地元・兵庫県産のシードルに込めた想い

                      こんにちは。壺阪雄一です。 180年以上続く「山陽盃酒造」という酒造会社で、「播州一献」という日本酒の醸造責任者をしています。 初代が、旧城下町である自然豊かな兵庫県宍粟市山崎町(やまさきちょう)で天保8年(1837年)に創業して以来、わたしたちはこの地におり、現在社長である父・壺阪興一郎で6代目、わたしで7代目を数えます。 このたび新たにシードル醸造に挑戦することを決意し、2020年6月17日に「果実酒製造免許」を取得いたしましたのでご報告させていただきます。 もっと

                      スキ
                      28