クリ時旅人

人類がどう生き延びるかを考えるために、日本のキリスト教についてのノンフィクションと、そ…

クリ時旅人

人類がどう生き延びるかを考えるために、日本のキリスト教についてのノンフィクションと、その意味づけを主に書いています。クリスチャン新聞記者を15年やりました。ネット上に、20世紀の日本のキリスト教にまつわる出来事をきちんと残しておきたい。日本社会を我々も共に作った証しとして。

最近の記事

  • 固定された記事

自己紹介♤日本のクリスチャンの現代史を残したい

私は、三浦三千春(みうら・みちはる)と申します。関西在住です。 日本ではマイノリティのクリスチャン(キリスト教徒。世界ではマジョリティ)の一員です。 人生の失敗もそれなりに経験した人間として、クリスチャンの角度からものごとの本質を見極めたい、それをプラグマティック(理念ではなく実用的に)にやりたいと願い、この「クリ時旅人」のNOTEを開設しました。 全くキリスト教色のない家庭に生まれました 母方が「クリスチャンの家系」だけれど、身近なキリスト教徒に躓いた若き日の母はクリ

    • ジャーナリストの元祖、ルカ

      ルカは異邦人であるが、パウロの伝道を受けて「クリスチャン」となった。 パウロに同道して、パウロや初代教会の面々が引き起こす(その実は、神が引き起こす)さまざまな出来事の目撃者として、それを記録し、またそこに刻まれた言葉を書き残した。空中に散逸してしまわないように。 やがて、自分が出会う前のパウロの出来事も訊かせてもらうところとなった。 その取材は当然のこととして、パウロよりもっと前から主イエスという方に従い、目撃・体験した人々に話を訊かせてもらうこと(こんにち的に言えば

      • 厨房(中学生)だったヨハネ 若き日の“記憶”は輝きを増す

        中学生の年齢の時、ヨハネという少年は、バプテスマのヨハネに弟子入りした。 学校制度の整った現在では考えられないことだが、日本でも昔、また動乱の時代、そういう歳の若い人が、生きる道を求め、「真理」を求め、自分が「この人だ」と思う師匠についていくことはあった。 ある日、師匠のBーヨハネは、一人の人物を指し、「見よ、神の子羊」と言った。 心が動揺する厨房ヨハネ。 師匠は、「この人に付いていっていい」「いや、ついていけ」と目で促した。 イエスの弟子となった。12弟子の一員と

        • 子らへのエールと愛の歌「プラチナ」(ラブソングの枢要2)

          聖書を知っている文化圏では、ラブソングに神の愛が隠され、神の愛がラブソングに仮託して歌われることがよくあると、かつて「ラブソングの枢要 ♫I will follow him なぜ、今この曲が?」に書いた。 「私はあなたにずっと付いていくわ」という恋の歌が、映画「天使にラブソングを」において、シスターたちによって「イエスさま、あなたにどこまでも付いていきます」という、神への愛の歌として歌われたことを書いたのだった。 さて、今回は趣きを異にして、アニソン「プラチナ」を取り上げた

        • 固定された記事

        自己紹介♤日本のクリスチャンの現代史を残したい

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 私のキリスト教信仰体験ありのまま
          クリ時旅人

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          『クリスチャン新聞』夜明け前&…今の「達成」

          年初、思うところあり元職の元上司である守部さん(元クリスチャン新聞編集長)に電話し、1967年5月創刊の、週刊『クリスチャン新聞』の発端や、初期のことについて電話で聞き始めた。 聞いてすぐに、メモに基づいて、聞いたことを書いておきたいと思う。加えて、現時点でネットにて調べ得た情報と、そこから私が気がついたり推測したこと、解説も若干加える。 この時点でネットでシェアーしてしまうのは、今の時代に「正しい」、少なくとも相応しい進め方だと判断しますので、そうさせていただきます(登場

          『クリスチャン新聞』夜明け前&…今の「達成」

          クリ時旅人こと私は個人の立場なので、何について、どのように書くことも自由だ。組織人としてのように「体裁」や「順序」に囚われ、こだわることなく執筆・編集できる。 ただ書いた内容は、「事実」に関するノンフィクションである場合、より正確であることを期したい。「変則技」はそのためのものだ

          クリ時旅人こと私は個人の立場なので、何について、どのように書くことも自由だ。組織人としてのように「体裁」や「順序」に囚われ、こだわることなく執筆・編集できる。 ただ書いた内容は、「事実」に関するノンフィクションである場合、より正確であることを期したい。「変則技」はそのためのものだ

          朗報!新渡戸稲造記念館、守り抜かれよ

          朗報!です(キリスト教現代史オタクの私にとって)。 新渡戸稲造記念館が取り敢えず守られました。 その価値としては、一つの重要な要塞が守られた、といった感です。 日本の社会が健全なものとして未来につながっていくために。 ずっと祈ってくださっていた方もあると思います。感謝します。そして神に感謝と栄光をお返しします。 >新渡戸記念館は、地域の皆様、全国の皆様、そして世界中の心ある皆様のおかげで、守り抜くことができました。 >建物を壊されたり、資料を移動させられることなく守

          朗報!新渡戸稲造記念館、守り抜かれよ

          大阪繁華の扇町教会のはじまりと過疎地の夜久野教会と、名物牧師

          戦争終結10年前(1935年)、中路嶋雄牧師が大阪へ。自給で開拓伝道に「派遣」され、扇町教会(現在の日本基督教団・扇町教会)という大きな教会が築かれるに至った。 他所にも教会を開拓していった扇町教会の中路牧師。 その中に、自分の郷里であるである、京都の兵庫県との県境にある「夜久野」教会の開拓伝道、教会設立もあった。 中路牧師から、戦後の混乱期、青年時代に福音を聞き、クリスチャンになった辻中昭一牧師。 彼は扇町教会を継ぐとともに、自らも開拓伝道(千里聖愛教会など)を行い

          大阪繁華の扇町教会のはじまりと過疎地の夜久野教会と、名物牧師

          うちはダイハツびいきなのだが

          ダイハツの安全検査不正事件、ショックを受けている。 なぜって、家族のクルマ、3台ともダイハツですから! 「初めに販売期日ありきで」、最後の安全確認の部署に「しわよせ」が行っていたとのこと。 「一発で検査を通さないと販売日に間に合わない」とプレッシャー掛けられ、上司は「なぜ間に合わないのか!」と怒鳴るばかり。 最も大切な安全性にしわよせが行っていたとは 相談を持ちかけても、「はぁ?」「それで?」「自分でなんとかしろ」てなものだったそうです。 ついには相談する意欲さえ

          うちはダイハツびいきなのだが

          歳末の風物詩 救世軍の社会鍋

          💖自由民権派の新聞の助けもあり、季語となるまで親しまれる 歳末、寒風が吹きすさぶ中、都会の喧騒のただ中に「救世軍」ののぼりを掲げ、人の背ほどもある三脚に「鍋」を吊り下げ、窮貧者のための募金を募る「社会鍋」。日本でも風物詩として数えられるほどおなじみの風景である。 明治時代以来、社会鍋(古くは「慈善鍋」とも)は季語(仲冬)となり、高浜虚子、飯田蛇笏といった超レジェンドの俳人たちが競って句を発表したものであった。 季語ともなった社会鍋 かつては、新聞を読むような人なら知ら

          歳末の風物詩 救世軍の社会鍋

          なぜクリスマスを世界の人が祝うか?

          中高生向け クリスマスおめでとうございます! 皆さん楽しんでますか? 10分ほどだけクリスマスメッセージをさせてください。 クリスマスは世界中で、イエスさま、イエス・キリストの誕生をお祝いする日として祝われています。 世界中の多くの国でクリスマスは祝日で、学校もお休みです。そういう国はアメリカを始め、ヨーロッパはイギリス、フランス、ドイツ・・・といった国があるんですが、その全ての国でお休みです。アジアでもシンガポール、香港、韓国、ミャンマーといった10以上の国で、国の祭日

          なぜクリスマスを世界の人が祝うか?

          わりといい写真を撮ってくれたので、自分の顔アイコンをそれへと更新した。 以前のがバック・トゥ・ザ・フューチャーのドク博士だったのだが、髪の逆立ち具合がほぼ同じという件

          わりといい写真を撮ってくれたので、自分の顔アイコンをそれへと更新した。 以前のがバック・トゥ・ザ・フューチャーのドク博士だったのだが、髪の逆立ち具合がほぼ同じという件

          日本で「自分はクリスチャン」と謳って言論するのは相当不利、重い足枷。先入観を持たれ読んでさえもらえない。読んでも「スキ」をつけてもらえない。ひとえに、日本における「宗教」への警戒感故だろう。 しかし、自らの正体を隠して、耳障りの良い言論をする連中とは俺らは違う。それはプライドだ

          日本で「自分はクリスチャン」と謳って言論するのは相当不利、重い足枷。先入観を持たれ読んでさえもらえない。読んでも「スキ」をつけてもらえない。ひとえに、日本における「宗教」への警戒感故だろう。 しかし、自らの正体を隠して、耳障りの良い言論をする連中とは俺らは違う。それはプライドだ

          女の子のための少女漫画を男の子が読む効用。 山口敬之氏が子ども時代、読んでいたら、あんな卑劣な人間にならなかったでしょう。力で人をねじ伏せるという考えが、いかに女性に嫌悪され、また人間として愚かなつまらないことだと知ることができただろうから

          女の子のための少女漫画を男の子が読む効用。 山口敬之氏が子ども時代、読んでいたら、あんな卑劣な人間にならなかったでしょう。力で人をねじ伏せるという考えが、いかに女性に嫌悪され、また人間として愚かなつまらないことだと知ることができただろうから

          私のNOTE記事で一番人気(閲覧数多し)は「スナック奄美のママはクリスチャン」、2番手は「大平正芳首相のため我々はもっと祈るべきだった」。大平さん(の記事)!頑張れ!ママさん(同)ももっと頑張れ! *これで10月も投稿して、月連続投稿をつなげた😁

          私のNOTE記事で一番人気(閲覧数多し)は「スナック奄美のママはクリスチャン」、2番手は「大平正芳首相のため我々はもっと祈るべきだった」。大平さん(の記事)!頑張れ!ママさん(同)ももっと頑張れ! *これで10月も投稿して、月連続投稿をつなげた😁

          赦しを知らぬ日本人 巨悪に思う

          巨悪に思う 「ごめんなさい」とあやまったり、方向転換(悔い改め)できないのは日本の文化の悪しき部分、染み付いた体質のようだ。 それは神の赦しを知らない弊害と思います。 その赦しは、救い主イエス・キリスト様が、自らの命を我々の身代わりに差し出して死んでくれたことによって実現している。我々人類は、すでに大きな赦しのある世の中に生きている。 そのことを自分(たち)が信じ受け入れるなら、不思議なことに新しい生き方ができるマインドに変わる(聖霊のスピリチャルな助けがあるから)。

          赦しを知らぬ日本人 巨悪に思う