見出し画像

五家荘・・・平家の里の紅葉狩り

 何十年ぶりだろうか、唐突に秘境 五家荘(熊本県八代市泉町)へ足を運ぶことにした。

 熊本市内中心部から車で約2時間ほどかかるが、今回は、九州自動車道(熊本I.C.〜松橋I.C.)から美里町へ入り、それから山道をラリー車のように、アップダウンが激しく、スネイキーロードを突っ走った。

 正直なところ、秘境 五家荘は、筆者がよく足を運び入れる熊本県北部の矢谷渓谷や岳間渓谷の比ではない。延々と1時間ほど、そのスネイキーな狭い道を走って行かねばならなかった。

 ウィークデイなので、逆方向からの車は少なかったものの、秘境まで続くガードレールは、どこもかしこも車がこすったりぶつかったりした跡が生々しく、歪み錆びていた。

 想定外の山々の深さを実感しながら進んで行くと、途中途中に日本昔ばなしに出てくる光景が眼前に広がってくる。空気は澄み渡り、ぼちぼち紅葉した木々の葉は、すこぶる美しく輝き、透明感があった。

 ナビを見ると、くねくねした道が先へ先へと続いている。見なければよかったと凹むほど、たっぷり残っている。天候が良かったので、事故なく楽しいツーリングとなったが、後から、カメラを持つ手が少々痺れてしまった。

 何はともあれ、秘境 五家荘 平家の里は、数百年昔の日本にワープしたようなところである。しかし、この素晴らしさを伝えるには、筆者の拙い表現では物足りないのではなかろうか。

 最後に、現地のご老人が、にこにこしながら「最高の紅葉狩りは、11月10日頃でしょうかね!」と。一週間ほど、早く来てしまったようだ。

※過去記事より(2017/11/2)

▼Facebookリール

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!