見出し画像

掌編小説 「時空の錨は噛む」


※本記事は、1週間の無料公開期間を過ぎたため有料記事に移行しました。それにあわせて、本作品の自作解説記事羊谷知嘉の個人ブログにて公開しています。

※本作品は、ひとによっては不快に感じる描写・表現がとても多く、万人向けの作品ではありませんので、閲覧は自己責任でお願いします

【あらすじ】

大気中の二酸化炭素濃度の上昇により自然環境が激変し、富める者はドームで暮らし、そうでないものは外の旧市街での生活を余儀なくされた世界。主人公のツカサはレジスタンスのメンバーとして時間遡行装置を用いたバイオテロの実行を命じられた――。



画像1

続きをみるには

残り 0字 / 12画像

¥ 300

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?