見出し画像

自己紹介とこれまでの経歴


はじめまして、chiharuと言います。簡単に自己紹介ができればと思い記事にしました。

1993年生まれの東京で働く会社員です。2019年10月から副業として「BIRD mountain BOOKS」というブックセラーをはじめました。よければ記事もお読みください↓


数字で語れる自己紹介

海外旅行でこれまで行った国は多分31ヶ国です。国内では40都道府県。家には本や雑誌が数百冊あります。洋楽が好きでフジロックに行ったのは4回。1年に20回ほどサウナや岩盤浴にいくソフトサウナーです。ハーフマラソンの自己ベストは2時間14分で長距離派。カメラロールには写真が約1.3万枚、何でも撮ります。1ヶ月の土日3回は外出して1回は引きこもる割とアクティブなタイプです。


これまでの経歴

幼少期は地方で過ごし、学校帰りや週末はかなりの頻度で本屋に通う日々。当時はネットの情報は今程充実していなかったので、私にとって本屋は未知の世界に触れられる最先端の場所。またどちらかというと、「特定の本を探す」ではなく「なんとなく売り場を巡って気になるタイトルや表紙の本を手に取ってみる」という過ごし方が好きでした。

上京後、大学のサークルではフリーペーパー制作や、動画を編集してYouTubeにアップしたり。アパレルやコワーキングスペースでのバイトの他に、出版社・インディペンデントの本屋でインターンをしたり、興味があればすぐに何でもやってみる!というスタンスでした。就職先を意識していたわけではないのですが、出版やメディアに関心があった結果の行動だったと思います。

就活中もメディア/広告/印刷/出版などの業界を目指し、結果新卒で出版取次会社に入社。川中から出版流通の面白さ課題も学ぶことができ、本当に貴重な経験をさせていただきました!

それから転職し、今は都内の広告会社で働いています。副業がOKな会社なので「自分が最も熱中できるコトを始めたい!」ともろもろ企んでいる最中、今に至ります。。

転職した理由

ご存知の通り今出版業界では書店の数は減少、紙の本の売上も年々下がり出版不況という認知が一般的になっています。(もちろんコンテンツ元の出版社では伸びているところもありますし、書籍は微減で雑誌が激減しているなど細かくみると一概には言えませんが!)

自分が取次にいて学んだこととして、出版業界には良くも悪くも自由にビジネスを行うのが難しい制度や仕組みが出来上がっています。だからこそ私は一度外にでてマーケティングやビジネスの仕組みなど学び、いつかは新しい面白いコトを業界の中でできたら!と思い転職を決めました。


これからの企み

目標としては「新しいカタチのブックビジネス」を成功させたい。それは店舗としての本屋なのか、D2Cなのか、メディアなのかコンテンツなのか、はたまた仕組みなのか、まだはっきりとは決まっていません。

まずは今の時代だからこそ個人でやれる「スモールビジネス」を暫く続けてみたいと思っています。もちろん、今の会社の仕事も頑張ります。


自分の軸

私は本屋が好きで、その魅力は「思いがけない出会い(セレンディップ)を身体的に体験出来ること」だと思っています。それから自分が幼いころからメディアの情報に刺激を受けて「人生の幅が広がった」という経験を通して、「本屋や本に関する、誰かの人生や選択の幅を広げる」そんな仕事に携わりたい。やってみたい。これが私の軸です。


以上自己紹介と経歴についてざっくりと書きましたが、発信することで新しい素敵な出会いに繋がればいいなと思っています!最後まで読んでいただきありがとうございました。良ければ他の記事も読んでみてください^^

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
30
出版取次→副業本屋26歳。noteでは感性知性を高めてくれる本の紹介と日々のアウトプット。いつかは「旅とアートの本屋」をはじめたい( インスタ▶︎ @birdmountain_books )

こちらでもピックアップされています

OLが始めるスモールビジネス
OLが始めるスモールビジネス
  • 6本

新しいカタチのブックビジネスを企む過程のあれこれ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。