見出し画像

【選挙ウォッチャー】 文京区議選2023・分析レポート。

 4月16日告示、4月23日投票で、文京区議選が行われました。
 ここにも「政治家女子48党」のアホが立候補していますが、早々にN国党を離党した野口健太郎も立候補しています。また、参政党や政治家女子48党も立候補しており、東京大学のある「文化と教育の京」である文京区がアホに侵食されています。
 N国信者のような知性の限界を迎えている人たちは、年々増えているような気がします。これはある時にネット上のアホ言説に触れ、脳味噌をアハつかせ、そのまま戻って来られない人になるからです。参政党にしろ、日本保守党にしろ、このジャンルは年々層の厚みが増しています。

 反社会的カルト集団「NHK党」「政治家女子48党」こそ出てきてしまいましたが、全体的にはヤバめの候補が少なめである文京区。近隣の港区と比べても、だいぶマシなのは、そのエリアの特性だと言えるのではないでしょうか。逆に、港区は「ヤバい奴の巣窟」となっています。




■ 文京区議選・選挙ボード解説動画


続きをみるには

残り 4,587字 / 6画像
この記事のみ ¥ 120

いつもサポートをいただき、ありがとうございます。サポートいただいたお金は、衆院選の取材の赤字分の補填に使わせていただきます。