見出し画像

【選挙ウォッチャー】 宮城県議選2019・宮城野区レポート。

宮城野区は、衆院選の「宮城2区」にあたるため、鎌田さゆりさんが立候補する選挙区ということになりますが、かつて民主党だった坂下康子さんが無所属となったため、立憲民主党の公認候補ではありません。なので、あんまり参考にならないかもしれないのですが、票が4年間でどんなふうに推移しているのかを見比べることで、わかる世界もあるかと思います。その時の世の中の空気によっても変わってくるかもしれませんので、あくまで定量的データとして捉えることしかできませんが、一応、参考にしてみてもいいのではないかと思います。

画像1

宮城野区の定数は4で、ここでは5人が立候補しています。つまり、この中で落選するのはたったの1人。そうやって言われると、一人だけ様子のおかしいポスターを貼っている人がいるので、「選挙をやる前から結果が決まっている選挙」と言えるかもしれません。青葉区では2人落選する人がいたのですが、それ以外の宮城野区、若林区、太白区、泉区では1人しか落選しない選挙になっています。これではポンコツを落選させるには十分ではありませんし、このままだと何の仕事もしない自民党のオッサンが幅を利かせることになります。しっかりと志があって仕事をしてくれる議員を探さなければなりません。


■ ネトウヨ、今年も散る。

画像2

今年もネトウヨの堀内周光さんが立候補してまいりました。その主張は、消費税を10%にするなら、まずその前に議員報酬を2割カットするべきだといい、県議会議員の給与明細を大公開。「天皇制に否定的で、自衛隊の解消や日米安保廃棄を将来的展望として掲げる共産党で国や県の安全は守れるのか」と言い出し、まさかのアンチ共産党を全面的に出しています。ポスターにも「共産党から議席を奪還するには堀内が勝つしかない!」と書いているほど。ただ、僕はこれを見て思ったのです。宮城野区の定数は4ですが、共産党から議席を奪うためには共産党が4位でなければならず、つまり、共産党が1位~3位だった場合には堀内周光さんが勝っても共産党の議席はそのままなのです。実際、今年の選挙では共産党の大内真理さんが3位で議席を獲得しているため、仮に堀内周光さんが議席を獲得したとしても、落選するのは無所属の候補になります。ネトウヨはたいていアホなので、こういうダサいことが起こってしまいます。「共産党に日本を守れるのか」と言っているけれど、僕はアホにも守れるのかどうかが心配です。


この続きをみるには

この続き:4,116文字/画像6枚

【選挙ウォッチャー】 宮城県議選2019・宮城野区レポート。

チダイズム

130円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

鬼のようにレポートを量産していく計画なのですが、サポートしていただいたら、スタバのヒーコーをシバきながら原稿を書けるようになります。モチベーション高まります。いつもありがとうございます。

NHKから国民を守る党に投票してはいけません。
25
選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材しています。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを公開中です。立候補する方、当選させたい議員がいる方は、すべてのレポートが必見です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。