見出し画像

なぜ弘前にはフランス料理屋と洋菓子屋が多いのか?|【弘前】訪問記

かなざわ

先日、青森県の弘前(ひろさき)を訪れたのだが、食に関して、他の街にはない不思議な魅力があった。フランス料理屋と洋菓子屋が驚くほど多いのである。

弘前(ひろさき)とは?

弘前市は、青森県では青森市、八戸市に次いで三番目に人口が多い都市である。青森県では唯一の国立大学「弘前大学」があり、また洋館が多い街としても知られる。何より有名なのは春の桜祭りと、無形文化遺産に登録されている「ねぷたまつり」、そしてりんごだろう。

りんごの生産量は随一で、全国の25%を占めるとされる。りんごに対する熱量はとにかくすごいもので、駅にはりんごジュース専用の自販機があったり、お土産ショップがりんご系商品ばかりだったりする。

弘前駅で見つけたりんごジュースだけの自販機

アップルパイなどのりんご系スイーツにも積極的だ。弘前には「アップルパイガイドマップ」と「タルトタタンガイドマップ」が存在しており、洋菓子屋のみならず、カフェやレストランなどあらゆる場所でりんごスイーツが販売されている。

ホテルにあったアップルパイガイドマップとタルトタタンガイドマップ。観光センターなどにいくともらえる場合がある。

いくつかの店でアップルパイを食べたが、パイ生地の質感から味付け、使っているりんごの品種など店ごとに違っており、食べ比べを楽しめた。ここまで一度にアップルパイの食べ比べができる街は、弘前を除いて他にはないだろう。

またりんごのワインであるシードルも盛んだ。県外ではそれほど一般的ではないシードルも、弘前のカフェやレストランでは簡単に見つけられる。銘柄も多く、アップルパイと同じく、飲み比べができる。ノンアルコールシードルがある店もあり、お酒が飲めない私でもシードルを楽しむことができた。

「青森・弘前といえばりんご」

そのイメージが一片も間違っていないことが、弘前を訪れるとわかる。

弘前のりんごはイメージ通りである。一方で、あまり知られていない(と思われる)食に関する特色がもう一つある。冒頭の通り、フランス料理屋と洋菓子屋が驚くほど多いのである。

この続きをみるには

この続き: 4,008文字 / 画像2枚

記事を購入

200円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!