【ベガのキャラ対】21/11/26 コーディ対策考察3「トルネード→ラフィアン」
見出し画像

【ベガのキャラ対】21/11/26 コーディ対策考察3「トルネード→ラフィアン」

Chan-C@HANAGUMI

○前回記事

○解説動画

21/9/25時点のデータになります。硬直差はベガ側でのフレームで表記しています。


1.弱トルネード→ラフィアン

ラフィアンキック先端の間合いでは、弱トルネードをVS1で吸収すると、ラフィアンが確定するタイミングがある。

→距離的にもちょうど、吸収の硬直と弱トルネードの硬直が解けるタイミングがかち合う

逆に先端外の場合はもちろん確定しないし、踏み込んだ場合は、VS1の方が硬直が速く解けるため、ガードが可能。

先端ガードした場合、+4F付近のフレームになる。

→ド先端以外では5LPが確定する。

よく潰されるMラフィアンは、ガードで8Fになるので、反撃を覚えておく。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Chan-C@HANAGUMI

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 不明点、間違い、要望、質問などありましたら、 コメントかTwitter@Ezomatusへ連絡ください。 フォローして頂けると中の人が喜びます。 スキを押すとおみくじが引けます。

今日のあなたの運勢は…中吉!
Chan-C@HANAGUMI
HANAGUMI Fighting Game部門所属の正座格ゲーマー 福井対戦会/UMVC3(PS3コズミック)/SF5(PS,PCグラマス)/MVCi/GGST/RFA/でんぱ組(ねむぺろねも)/キャサリンフルボディ/お笑い/音楽ロック等雑食/テナー/旅/酒場/毎日更新中!