主役にも脇役にもなれる名役者なおかず
見出し画像

主役にも脇役にもなれる名役者なおかず

chaco

豆苗とツナのやみつき炒め

『わたしは料理が好きだ』

でも料理ばかりはしていられない。
仕事だって、プライベートだってある。
料理をする時間がとれない毎日が続くことがある。
でもどうしても、やっぱり、
『料理が好き』なのだ。

忙しくて料理をしている暇はないんだけど
どうしても何か作りたい。
わたしには、そんな時に作る料理が決まって何品かある。

材料を揃えやすくて、簡単で、
美味しくて、お腹も心も満たされるレシピ。

今日はその中のひとつ、
豆苗とツナのやみつき炒め
一緒に作ってみませんか?
秒でできます。

【 材料 】2人分
・ツナ缶  1缶
・ごま油  スプーン2杯くらい
・豆苗   1パック
・塩胡椒  かけすぎないくらいが丁度良い
・レモン汁 3プッシュくらい
・ニンニク 2cm or 1カケ

1. フライパンにごま油をしき、ツナを入れ、
 こんがり焼き色がつくまで炒める。

2. ツナに焼き色がついたら、
 根元を切り落とした豆苗、
 調味料を入れて完成!

秒でできた。

この記事を書こうと、
何枚も写真を撮ったけど、
全然挿入する余地が無かった。
秒でできる。

もっと一緒に料理する時間を楽しみたかった。
次はもうちょっと時間かかるレシピに
しなきゃだ。

【 ポイント 】
①ツナ缶はノンオイル(水煮)がベース。
 オイル入りや味のついたものを使うときは
 油と塩胡椒の量を少なめに調整してみて。
②主菜として食べる場合はツナ缶2個でも◎
③生レモンがあればカットして盛り付けると
 豆苗とのビジュアル相性が抜群なので
 3割増しくらいに美味しそうに見えるし、
 実際美味しくなった気がする(添えるだけ)。
豆苗は切り口から栽培ができるので、
 1回食べても後2回くらいは楽しめる。
 詳しくは「豆苗 育て方」Google先生まで。


この料理のすごいところは
「主役にも脇役にもなれる」ところなのだ。
献立の1品として用意すれば、
自分で見極めて適した役をする。
その慎ましさがなんとも言えない魅力だ。

簡単でお手頃で
(多分ハイボール1杯と同じ値段くらい)
美味しい名役者。
是非作ってみてください🍋

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
すき、ありがとうございます♡
chaco
ぷりんが好きな管理栄養士です