ハッピーホリデーズ!

AKATSUKI TAIWAN INC. で海外配信ゲームのリスクマネジメントをやっております小山田です。日本は雪が降っているんですかね?いいですねー。台湾はやや寒くなってきましたが、基本的には沖縄と似た気候ですのでいまだにロンTとパーカーでOKです。

さて、本日12月24日はクリスマスイブ。みなさま、Happy Holidays!日本に住まれている方には若干違和感ありますよね、「Happy Holidays」。クリスマスなんだから「Merry Christmas」じゃないの?って。

実はこれ、世界の多宗教に配慮したクリスマスから年明けにかけて使われる挨拶でメリークリスマスにかわるものです。最近はハッピーホリデーズと呼ぶのが一般的になっているようですね。
(昔トランプ大統領がクリスマスなんだからメリークリスマスだろって言って物議を醸してましたね。)

アカツキのケルベロスというチームの役務はリスクケア。法律や検証はもちろん、こういった世界の文化や規制に沿ったローカライズができるように社内規定を作っています。

そこで、今日は僕が規定を作る過程でなるほど知らなかったなあ、と思ったことを何個か話したいと思います。

①赤十字社のマーク

「紛争地域等で「赤十字マーク」を掲げている病院や救護員などには、絶対に攻撃を加えてはならないと国際法や国内法で厳格に定められています。つまり、赤十字マークは、いざという時にわれわれ国民一人ひとりを守るマークなのです。」赤十字マークの意味と約束事

なんとなく医療関係のマークなのかな?というイメージは持ってましたが、ジュネーブ条約で無断で他の用途で使うことが禁止されている(6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金)なんて知りませんでした。

ゲーム内のアイテムに使われていたのを修正した例もあるそうです。

②手のジェスチャー
手の甲を見せてのピースや、親指と人差し指でまるをつくってのOKサインなどは地域によってさまざまですが、あまり良くない意味があるので使わない方が良いです。

③ナチスコード 14 / 88
ナチス関連のマークだったり軍服の表現はよく問題になっているので知ってましたが、14が白人至上関連の14wordsを示し、88がヒトラーバンザイを示すというのは知りませんでした。

などなど。社内Wikiには他にもいっぱいあるのですが、またあとで(?)お話しできれば良いかなと思います。

世界のユーザーに気持ち良くアカツキのゲームを遊んでもらえるよう、ケルベロスチームは日々突っ走っています!

それではみなさま、Happy Holidays!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!