見出し画像

家庭内バイリンガル教育応援コラム&おすすめの英語絵本 モス幸子

世界標準の子育てに不可欠なもの

こんにちは。
家庭内バイリンガル教育を
応援するモス幸子です。

我が家の子ども達は
二人とも小学生になり、

今はすっかり
学校中心の生活となりました。
週末には

スポーツ行事なども
入ってくるようになったため、

一緒に過ごす時間を捻出するのも
なかなか難しくなっています。

就学前とは
家庭で行うバイリンガル教育の形も
だいぶ変わりましたが、

だからこそ就学前の
お家英語の習慣づけが
とても重要だと改めて思います。

「世界標準の」

「世界で活躍する」

などのタイトルがついた本を
多く目にするようになったと思います。

バイリンガル教育についての本も
たくさんありますが、

どの本でも共通していることが、
「惜しみない愛情をたっぷり与えること」です。

バイリンガル教育だけでなく
子育て全般に言えることですが、

英語教育も
たっぷり愛情をもって行えば
親子の絆がさらに深まり、

「愛されている」という
自己肯定感と共に

しっかりとした教育の基盤が
作れるはずです。

そして多くの愛情は、
肌をとおして通じます。

日本にはあまりない
ハグやキスの文化ですが、

小さい頃だからこそ
たくさんベタベタしながら、

英語の基礎を
つけてあげてくださいね。


愛情たっぷりのお子さんと歌える

”Skidamarink”

という英語の歌をご紹介します。


以下が歌詞です。


“Skidamarink a dink a dink,
 skidamarink a doo.
 I love you!
 I love you in the morning,
 and in the afternoon.
 I love you in the evening,
 and underneath the moon.”

「スキダマリンカ ディンカディン スキダマリンカ ドゥー」

と始まるのですが、
意味はありません。

とにかく朝も夜も愛してるよ!
という歌で、

”I love you!”
のところでギュッと
ハグをするのですが、

この”I love you”が
たくさん歌の中に出てくるので
ハグし放題なのです。

たくさんハグしてくれる
今の時期に、
是非一緒に歌ってみてください。

他にも手を繋いだり
抱っこしたりして歌える歌が、
英語にもたくさんあります。

”Row Row Row Your Boat”
でお子さんを膝に乗せて
船を漕いでもいいですし、

” Ring-a-Ring-o' Roses”
も手を繋いで歌えます。

”This Little Piggy“は、
足の指を使って最後には
コチョコチョして終わる、

赤ちゃんの頃から
親子で大好きな歌でした。

今となっては
一緒に歌うこともありませんが、

これらの歌を使って英語と一緒に
たくさんお子さんに
触れ合ってみてください。

オズイングリッシュスクール
https://ozenglish.jp

オリジナルフォニックス教材
カードゲームSuper Geniusはこちら
https://ozenglish.stores.jp

インスタグラム
@bilingual_in_japan

この続きをみるには

この続き: 1,595文字 / 画像3枚
記事を購入する

家庭内バイリンガル教育応援コラム&おすすめの英語絵本 モス幸子

CEOペアレンツ倶楽部

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

CEOキッズビジネスプログラムは、児童福祉施設などへ無償提供をしており、noteでサポートいただきましたら、子供達への教材費に使わせていただきます。http://ceokidsacademy.com

4
日本の教育は大丈夫だろうか?と疑問に思う親たちの為の、世界各地の子育て、しつけ、教育、お金、自立など世界のスピードについていける思考を育て、新しい時代の未来を育てるグローバル家庭教育を学ぶ。詳細申し込みhttp://chiekoegged.com/ceoparentsclub