sasaki mitsuhiko

1983年生まれ。イラスト、漫画、物語を書きます。 HP: https://inter…

sasaki mitsuhiko

1983年生まれ。イラスト、漫画、物語を書きます。 HP: https://interwall.jp  漫画「インターウォール」絶賛?発売中です。https://goo.gl/jjYpXE noteはらくちんでいいな…。

マガジン

  • ショートショートストーリーズ

    お昼休み、お弁当を食べながら読もう!とっても短い物語「ショートショートストーリーズ」。SFからホラーから童話まで。

最近の記事

自由に向かって

    • 8/8 漫画「キャットウォーク」発売します

      いつも私の漫画を楽しみに読んでくださる読者の皆様、素敵なプラットフォームを提供してくださるnote編集部の皆様、こんにちは。 今年の2月22日(猫の日)にnoteで公開した漫画「キャットウォーク」が、rnpressから発売されることになりました。※公開は終了しました。 今回はなんと漫画版と小説版、両方が掲載されています。また、noteに公開した漫画に加えて、加筆したページも多数収録しています。 今回も、前作「インターウォール」を担当いただいた野口理恵さんにご担当いただき

      • +15

        ぼくが死んだ

        • 僕は泣かない

          僕は泣かない 僕は泣かない 絶対に 僕は泣かないって、そう決めたんだ * 玲子が起こしにいくよりも先に、宗太郎はすでに布団をたたんでいた。たたむと言っても、掛け布団と敷布団をひとまとめにして、二つ折りにしているだけだ。その上に、ちょこんと枕が置かれている。宗太郎は、もうずっとこのたたみ方をしている。二つ折りにした布団を開けば、またすぐに寝られるからだ。合理的なやり方はいかにも宗太郎らしい。 ちゃんと畳んだら、と言う玲子に対して、万年床よりはマシでしょ、と宗太郎は言

        自由に向かって

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ショートショートストーリーズ
          sasaki mitsuhiko

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          +8

          無について🦉

          無について🦉

          +7
          +16

          たった一人のお客さま

          たった一人のお客さま

          +15

          不思議の国のアリス

          アリスが穴に落ちていくところを描いてみました。壁紙になっています。pc、スマホ、どちらもどうぞ。お家時間が楽しくなりますよーに…。 pc スマホ

          不思議の国のアリス

          今日の終わりに...

          今日の終わりに...

          悪魔

          久子はその手紙を手に取り、思わず口を押さえていた。 アイボリー色の便箋に、赤い文字。 その内容は、娘・涼香への憎悪で溢れていた。 死ね。 おまえなんか死ね。 殺す。 ぶっ殺す。 八つ裂きにする。 ナイフで、包丁で、切り刻む。 チェーンソーで首を切り落とす。 ビール瓶で頭を叩き割る。 目をえぐる。 鼻を削ぐ。 唇を噛み砕き、舌を切り落とす。 そこまで読んで、久子は目を伏せた。 「これ書いたの、隆也さんじゃないの?」 大島隆也。涼香が三ヶ月前に別れた恋人だった。 「違う

          2度目のブラックジャック

          自動ドアが開いた瞬間、ロビーにいた皆の視線がその男に注がれた。 全身黒ずくめ。顔には深い傷。 皆、口々に噂をし始めた。 あれが、ブラックジャック——————。 — 数時間前に、この病院には瀕死の重傷を負った少年が運び込まれていた。 母親はロビーで涙を流しながらうなだれていた。 彼女は、ブラックジャックの姿を見つけるやいなや、彼に駆け寄りすがりついた。 「お願いです、私の息子を助けてください!」 ブラックジャックは歩みを止め、足元にすがる母親を見下ろした。 「あなたは、ど

          2度目のブラックジャック

          手話

          電車に乗っていた時、突然肩を叩かれた。窮屈な満員電車の車内。なんとか振り向くと、1人の女性が僕を見ていた。髪の毛が長くて、綺麗な顔をした人だった。 なんだろうと思っていると、その女性がいきなり手話をし始めた。なんだか少し怒っている様子だ。僕はどうしていいかわからず、彼女の目を見ながら、ただただうなづいた。 耳が聞こえないって、大変だろうなと思った。満員電車なんて、特に怖いだろう。痴漢に、酔っ払い。何があるか分からない。僕は、彼女に何もしてあげられないことを、とても不甲斐なく

          +2

          Fashion show

          +2
          +12

          星ひろい

          +12

          わたしの記憶

          わたしの記憶には、わたしが登場する。 わたしは、ひょっとするとわたしではないのかもしれない。

          わたしの記憶

          バイナリの子ども

          「バイナリの子ども裁判」は日本裁判史上における最大の事件となった。生命とはなにか。まさにその命題が問われた裁判だったからである。 事件の発端は、九州のとある区役所で提出された一通の出生届けだった。夫:多田一也、妻:道子。ともに30歳になる二人の間に出来た、待望の子ども、ハルカ。この出生届けには不備があった。母子健康手帳である。「産院で受け取っているはずですから、必ず提出してください」担当に当たった野田誠(32)もやはり一児の父親であった。彼は優しく、誠実で人間味あふれる対応

          バイナリの子ども