見出し画像

五ヶ月の赤ちゃんを連れて、セブ島に子連れで英語の親子留学した話、学校編


最初に、今回運よく子連れで留学に行けましたが、個人的には幼子を連れて海外旅行はおすすめするものではありません。5ヶ月の子はまだまだ抵抗力が弱いし、海もまだ入れません。


現地では私は他の学生と交流は最低限でほとんど一人で学校に篭っていて、子供と一緒の外出は3回しかしていません。それも、綺麗なショッピングモールと観光客向けのレストランのみです。
セブは日差しが日本よりかなり強いのと、タバコを吸っている人も多いし、排気ガスがひどく空気が悪いので散歩するのも適していないので、極力子供と外出するのは避けていました。

予防接種もギリギリ5ヶ月のワクチンを打てるように生まれる前から日程を計算し、予防接種に行くなど綿密に計画した上での留学でした。
パッキングは自分だけだと前日に一時間で終えるくらい適当なんですが、人の命がかかっている以上持っていく物の準備には1ヶ月くらいかけています。旦那にもそれくらい仕事にも情熱を持てと突っ込まれるくらい気合入れて準備しましたw

また幼子を海外に自己都合でしかも母のみで連れて行くのは、親世代には受け入れにくい事だと思うので、反応が気になる方は難しいかもしれません。

・・・など諸々のリスクを承知の上での留学でした。
育児で煮詰まった方の息抜き方法の一つになればいいな、とは思いますが、もし行こうと思う方がいらっしゃったら自己責任でお願いします!!!!

デメリットばかりもなんなので、今回の留学での一番のメリットをあげるならば、子供が産まれてよかったと実感できた事。

フィリピンは会う人会う人皆赤ちゃんを可愛がってくれて、笑顔で子供と遊んでくれるので本当に楽しい。

育児で辛いと思っている人がいたら、うつになっているのが勿体ないくらい癒されるので是非とも留学じゃなくてもフィリピンを体験して欲しいです!!!!!!

前置きが長くなりましたが以下、学校についてです。

留学した学校

スターゲート

子連れを受け入れる正式なメニューは今はないようですが、今後近くの保育園と連携してシッターさんを呼んで受け入れ拡充をして行く予定だそうです。
繁忙期や子連れの方を複数組受け入れるのは難しいようですが、時期が合えば受け入れ可能とのことなので、検討されている方は一度学校に問い合わせいただければと思います。

スターゲートを選んだ理由

第一に0歳児を預けられるか、という観点で探しました。
初めは赤ちゃん留学というエージェントに相談し、二つの学校を提示されました。


1.Kredo(Kredo Kids Campus)


アヤラモールから徒歩5分、
セブビジネスパーク(セブの経済特区)にある、
親子・家族留学に人気の学校です。

2.Beyond the Border


最近親子留学の受け入れを始めた学校です。
こちらも徒歩5分圏内にモールがあります。
ホテル滞在となります。


0歳児受け入れはリスクが高いためセブではほとんど受け入れ先がないようで、紹介されるのはこの二校になるのではないでしょうか。

私が見積もりを依頼して提示された金額はベビーシッター代込みで1ヶ月約45万程度でした。施設は綺麗でかなり至れりつくせりなはずなので、予算に余裕のある方は是非検討されると良いと思います!

そして、スターゲートにした最大のきっかけは他にも学校がないか探そうと思った時に、セブで働いた事のある友人に連絡をし、良い学校がないか尋ねたところ、スターゲートのオーナーの方を紹介して頂いたことです。

直接オーナーの方に連絡でき、事前にいろいろ懇切丁寧に教えて頂いた事で不安を払拭でき、セブに行くことを決断できました。

学校の特徴

セブシティで、アヤラモールやSMモール、スパなど有名な施設にアクセスしやすい便利な場所に位置しています。
滞在場所はコンドミニアム形式で、宿泊部屋と教室が一つの建物内にあり、教室との行き来が楽です。
スタッフがいる事務所も建物内にあるので、何かあればすぐに質問しに行くことができます。
施設の概要はHPに細かく掲載されているので、HPを参照ください。


三年ほど前に建てられた新しい建物のため、セブの語学学校の中では設備が整っている方かと思います。

学校のご飯

画像1

セブで手に入る食材で作られた日本食がメインです。
味付けも和食に極力近いように作られており、とても美味しいです!
バイキング形式で、サラダ、ご飯(麺)、おかず、時々デザートという品揃えでした。
朝は早めに行かないと食材がなくなることが多いです。
私は麺メニューがお気に入りで、きっと人より多めにとってました。すみません。。
写真は冷やし中華の日のメニューです。他カルボナーラやラーメンも美味しかったです!

授業

コースは以下に掲載されています。

私は半年ほど錆びついた脳みそを動かし、英会話を強化するためスタンダードコースを選びました。

初日にTOEIC形式のテストが課され、レベル分けをされます。レベルに沿って授業は組まれるようです。月に1回程度レベルチェックテストがあり、レベルが上がると授業内容も変わります。私は3週間の滞在なので受けませんでした。

スタンダードコースはライティング・発音・グラマー・ボキャブラリーなどバランスよく組まれているコースです。
授業内容は変更できますので、受けたいクラスの希望があれば事前に問い合わせて相談すると学校側にキャパがあれば変更していただけるはずです。先生は基本授業ごとに固定です。

ちなみに授業自体は、学校で用意される教材(別料金)に沿って行いたければそのまま進めてくれますが、先生と雑談したければずっと雑談もできます。話が逸れても授業に戻ってくれと一言言えばいいので、疲れた日はずっと話すのも会話の練習になるはず、と思って喋ってました笑
また、教材も最初から進めないといけないわけではなく、自分の好きなトピックを選んで授業を始められるので、短期間であれば指定した方が効率的に学習を進められると思います。
個人的にはボキャブラリーの授業が好きでした。日常使うボキャブラリーが少ないので勉強になったのと、たまたま先生が子持ちで子供のことなど楽しく雑談できました。


留学に実際掛かった金額

3週間の学校費用、シッター代、航空券、現地でのお小遣い込みで約40万です。

ただし、航空券代は今回ANAのマイルが貯まっていたため、マイルでフィリピン航空のフライトを手配し、サーチャージ代と子供料金(大人の10%)のみかかっています。

またセブ二回めということもあり、観光を全くしておらず、現地では日用品やレストラン、カフェ、マッサージくらいしか使っておりません。遠出すると全然費用は変わると思います。

シッター代は今後受け入れ拡充に向けて料金が変わる可能性が高いので、明確な料金は記載いたしません。こちらは学校にお問い合わせください。


学校の授業以外で気に入っていた所


・週末のツアーや映画鑑賞会などアクティビティがある

子供がいて参加できなかったのですが、週末に学校主催で有名どころのオスロブやボホール島を巡るツアーや、時々学校で映画鑑賞会を開いており、他の生徒と交流する機会が設けられているようです。
自分で手配する必要がなく、しかも格安で行けるのでとてもありがたいオプションですね!

・ジムとプールがある

最上階に、建物に住んでおられる方と共用で使えるジムとプールがありました。
子供がいるとなかなかジムなんていけないので、非常に重宝しました。何も気にせず走ったりするのなんて一年半ぶりでした・・・(涙)

・スタッフがフレンドリー

フィリピンの方皆そうなのですが、特に子供に対してめちゃくちゃフレンドリーです。
清掃のスタッフの方が来ると、毎回子供と心ゆくまで遊んでましたw 
食堂でも私が食べている間に抱っこしてもらったりと、大変助かりました。日本も3割くらいでいいので見習って欲しいですw


まとめ

今回は子連れでしたが、もちろん普通の留学でもおすすめできる学校です!
アクセスが良いのと、設備が綺麗なのにそれほど料金が高くなく素晴らしいと思います。
検討されている方はぜひ候補にされてください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
きゃりー

子供に何か買ってあげます!

😄
都内在住の共働き会社員。2018年に第一子出産。備忘録的に自分が体験したこと、調べたことを記録しています。いつか本を出したいなと思いアウトプットの場も兼ねています。