づかづか@ケアワークアカデミー

飯塚裕久。20年ほど介護という業界で人の生きざまや亡くなるさまを目の当たりにしつつより良くいきるとはなにかを模索しています。一般社会には上手に適応出来ないようですが、一生懸命に生きながら、一生懸命に生きている人を応援している立場です。ケアワークアカデミーという学校もやっています。

食べ合わせ、組み合わせ

どや顔で『お前さん、それは、天下一品の汁をボンディのカレーに入れるようなものだよ』そういって会議をクローズした。  言わずと知れた、唯一無二、天下無双、どこにも...

介護職の教育に必要なもの~飛騨高山の事件の取材を受けて

オンナ・コドモは読まないこと。もしくは、いま、リアルに充実されている高いヒトは読まないでください。 0.取材を受ける 先日、大手新聞社の記者さんがいらして、お話...

注文をまちがえる料理店におけるウェイターを応援している黒子の心得3

黒子に求められる知っていること その1ご本人が介護職のことを好意を持って認識していること その2ご本人の身体的な安全 その3ご本人の認知能力 その4飲食業の経験 その5認...

8年前に 3年ぶりに夜勤に入った話~re:夢想転生

0.リライトしてみる。 僕は以前、『最新福祉脳!?夢想転生』というブログをやっていて、驚くなかれ、業界でもずいぶんと読まれたらしい。業界ナンバー2のブログ(自称)であ...

東日本大震災について 思い出してみる

取扱注意 8000字近い文章ですので、 なおかつ文章力が著しく低下しているので (いや、そもそも高くないが)是非お時間がある時にしか読まないでいただきたいと思います。ま...

こどもが生まれてから、介護よりで、考えると。

まだまだ、再開して、それほど経たないので、言っておきたいことがある。この文章を読んでくれている、限りなく少ない人数に対してだ。そう、この、精いっぱいのキラキラし...