CancerX
Cancer Agenda 4~6
見出し画像

Cancer Agenda 4~6

CancerX

18のCancer Agendaの中から3つずつ紹介しています
まずは、9つある社会の仕組みや人々の認識に関する Agendaから
4番から6番の3つです。

Agenda4    がん領域におけるマイノリティへの公平なサポートを拡充する

Agenda4    がん領域におけるマイノリティ*への公平なサポートを拡充する

ここでいうマイノリティはがん領域において公平なサポートを受けられていないグループの人、例えばAYA世代という思春期や若くしてがんになった方、ジェンダーマイノリティ、身体障がいのある方を指します。意外に思われるかもしれませんが、高齢者も入ります。治療の選択肢を拡げたり、治療へのアクセスを良くすることを目指します。
 

Agenda5    市民が主役のがんに向き合えるコミュニティ形成をする

Agenda5    市民が主役のがんに向き合えるコミュニティ形成をする


 当事者が孤立しないよう、病院や行政ではなく、隣近所など地域のコミュニティで当事者を支える仕組みづくりを目指します。

Agenda6    がんになっても自分らしく人生を送ることをあたりまえにする

Agenda6    がんになっても自分らしく人生を送ることをあたりまえにする


治療中であっても仕事や趣味を楽しめる、自分の死生観を尊重してもらえる。そんなことが当たり前になることを目指します。
7以降は次の記事にアップします


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
CancerX
"Cancer, so what?" がんと言われても動揺しない社会へ。 立場を越えてつながり、共に手を取り合って、多岐に渡るがんの課題の共有と解決を目指していく。 World Cancer Week 2022 https://cancerx.jp/summit/wcw2022/