見出し画像

「まだ先」と思っていることも、実際やる程で考えてみると意外とできそうな選択肢が見えてくる。

ぶん

こんにちは、U-Discoveryの中村です。

先日クライアントさんから嬉しいご感想をいただきました!

1人だと悶々としてマイナスなことばかり考えていましたが、中村さんとお話ししていて、先が見えてきたので気持ちが楽になりました。
あと定年まで20年以上あり、会社に居続けることに疑問を感じていましたが、人生の方向は一つではないことを知れて、まだまだ可能性があるなと自分で実感できました。
自分のことをこんなに深く見返すことがなかったのですが、普通に自分が出来ていることが長所に自然となっていたことが嬉しかったです。
初めてのキャリアカウンセリングでしたが、視野が広がり、前向きになることができました。
(30代 会社員 女性)
※許可をいただいて掲載しております。

いただいたご感想のなかで、キャリアを考えるうえでの重要なポイントが主に2つあるなと思いました。

1、「実現はまだ先」と思っている方向性も実際やる程で考えてみると意外とできそうな選択肢が見えてくる。

2、本当の強みとはあまりにも自然にやり過ぎていること。

ということです、今回は1つめについて書いてみたいと思います。
2つ目については次回書きます。

この方は今お勤めの会社に違和感があり、転職と副業などキャリアチェンジを検討されているとのことでした。
キャリアチェンジを考えているときは、以下3つを掘り下げて優先順位をつけていきます。(整理してみると、今の環境でもいいかもってなることもあるのですが、そのパターンについては別の機会に!)

①方向性
わかりやすいところでいくと業界、職種。
ただ、転換期でもやもやしているときに、これらがはっきりしている方は少ないのでもっと抽象的な「課題を感じること」「放っておけないこと」などから掘り下げていきます。
②スキル
お金をもらっている生業はもちろん、趣味でやっていること、地域の活動でやっていることも立派なスキルなので掘り下げます。
③環境
立地、労働時間、人間関係、金銭面などなど環境面での現実を整理します。

そしてそして、どんどん整理をしていったところ、
副業でされている仕事の分野のスキルに関してかなりの腕前をお持ちで、
さらにご本人他のスキルを掛け合わせると、その分野で独立されるなど、
もっとご活躍できそうなポテンシャルをお持ちだったのです!

しかし、やっぱり独立を目指していくとなると、そんな甘いものではないし、難しそうだからな・・・と思考がぐるぐるされていたとうです。
これはそういうクライアントさんが多いですし、かく言う私もそうだったので無理もないことです。

そこで、ここは思考実験として一緒に一度実際に独立する程で、さまざまな選択肢についてフラットに考えてみることにしました。

そうすると、確かに簡単なことではないけれど、
できなくはなさそうな選択肢が見えてたんです。
(実際にやっている人がいたり、自分でそれならできそう!とイメージできたり、意外と人脈やスキルなどのリソースがあるなど)

そのため最後は、その選択肢に向けての行動計画をいくつか立ててキャリアコンサルティングは終了しました。
そしていただいたメールの中で、早速実行され始めたことをご報告してくださいました^^!

このように書いている私もこの、無意識に「実現はまだ先」の罠にハマることは多々あり、先日コーチングを受けたときに気づくことができました。
(セルフメンテナンスのために支援される側にまわることも大事にしてます)

いつかはやってみたいけど、まだまだ先かな〜って思っていることがある方は、実際やる程で、調べたり人に聞いたり、妄想してみたりすると意外と今からできそうあ選択肢が見えてくるかもしれません。

そうそう、そんな理想の未来の妄想を頭の中でやるだけでなく、実際に寸劇しながら写真に収めよう!というワークショップを先日開催しました。
次回は7月ですので、もしご興味ある方は覗いてくださったら嬉しいです。
https://fb.me/e/2msfzNp7P

ではでは今日はこの辺にしておこうと思います。
次回は、「本当の長所とはあまりにも自然にやり過ぎていること。」
について書きたいと思います!

キャリアコンサルティングのお問い合わせはこちら。
http://ayaka-nakamura.com/

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぶん
U-Discovery代表。国家資格キャリアコンサルタント。札幌出身。メーカー研究職→人事→現在。人間探求オタクが講じて現職。自然体なキャリア構築をサポート。川崎市新城WORKコミュニティマネージャー。http://ayaka-nakamura.com/