見出し画像

夜空の月、それはサマルカンドのナンのようで

昇りたてのオレンジ色の月を見て、その不思議を思う。

この同じ月を、世界中の人が見るんだ。

月を見るこの瞬間、地球のほかの場所では別の時間が流れている不思議。

地球のどこかの生活の営みを想像するいまも、時間は確実に、そして平等に流れている。ここでも地球の裏側でも、時は平等に刻まれている不思議。

いまわたしが見ている月は、地球のどこかで誰かが見た月。その誰かは、なにを思ってこの月を眺めたんだろう。

その誰かがなにかを思って眺めた月を、その誰かを思って、いま、わたしが見る。

月をとおして繋がっている。遠く離れた、会ったことのない誰かとも。我が家に滞在し、自国に戻った留学生たちとも。

月が繋げてくれる。いまは会えなくても、月がこうして繋げてくれる。

まだ低い位置にあるオレンジ色の月を見て、その不思議を思う。

オレンジ色の月は、サマルカンドのナンみたいだ。

あれは5年前の4月。

ウズベキスタンのタシケント国際空港。数年ぶりに会うクムシュが、わたしたち家族を出迎えてくれた。

クムシュは今から10年以上前に、留学生として我が家に滞在していた。夏休みのほんの2週間だったが、初めての日本を気に入り、彼はすっかり我が家の一員となった。

ウズベキスタンに帰国して数年後、彼は結婚し父親になった。自分の家族を紹介したい、ウズベキスタンに来てほしいと熱烈なラブコールを受け、クムシュ一家に会いに行った。それが5年前の4月。

タシケントでみんな一緒に数日間過ごしたあと、2家族でサマルカンドを訪れた。タシケントからサマルカンドまでは、特急列車でおよそ2時間。

サマルカンドは、“青の都”、“東方の真珠”、“イスラム世界の宝石”などの異名をもつシルクロードの中継地点。

豊かな歴史をもち、息をのむほどに美しい建築物で知られる、エキゾチックな古都だ。

サマルカンドのシンボルといえば、旧市街の中心にある『レギスタン広場』。広場は3つのメドレセ(神学学校)に囲まれていて、建物との調和は中央アジアで屈指の美しさ。

広場の真ん中でその壮大さに圧倒された。ジリジリと焦げ付くような日差しを忘れ、ただそこに立ちつくした。

鮮やかなブルーのタイルに目を奪われ、強い日差しにもかかわらず、思わずサングラスをはずした。幾何学模様のブルーに金箔をほどこした見事な装飾に、そっと手を触れる。

灼けつくような日差しの下、広場を散策していると

「サマルカンドには、ウズベキスタン人に欠かせないもう1つのシンボルがあるんだ」

クムシュが茶目っ気のある笑顔をうかべ、ウインクした。

「もう1つのシンボル、見せてあげるよ」

クムシュが連れて行ってくれたのは、シヨブ・バザール。

観光客はほとんどいないローカル市場だ。現地の生活の匂いが漂っていて、市場好きのわたしにはたまらない。

手招きするクムシュの奥さんのあとをみんなでついていく。衣料品、スパイス、ドライフルーツ、生鮮食品、スイーツ。どれもこれもが山のように盛られていて、そのビビッドな色に思わず足を止める。

あたりをぐるりと見回すと、“ドッピ”と呼ばれるムスリム帽の男性や、ふわっとしたスカーフ“ルモール”を被る女性でにぎわい、市場は活気づいている。

「これこれ!これがサマルカンドのもう1つのシンボル」

クムシュの声がするほうにみんなで近づく。

手作り『ナン』の山だ。

「サマルカンドのナンは有名で、ぼくらウズベキスタン人も、サマルカンドに来たら必ず買うんだよ」

サマルカンドのナンは、インドのナンとは全くちがう。共通点があるとすれば、“かまどで焼くパン”ということだけ。

お月様のように丸くて、平たくて、中心にくぼみがあるサマルカンドのナン。顔よりも大きい直径20~25cmくらいの大きさだ。

その表面はつややかに光り、中心のくぼみには、”chekich”と呼ばれるフォークのようなもので装飾がされている。ナンのくぼみを飾るのは、ゴマ、文字、美しい幾何学模様。

ずらりと並ぶ手作りナンのお店では、店独自のデザインを客にアピールしている。なかには、店主の携帯番号がかかれているナンもあり、見るのも楽しい。

「サマルカンドのナン、すごいでしょ。ウズベキスタンで1番美味しいんだ。」

誇らしげに言うクムシュのそばで、クムシュの奥さんがどれを買おうか物色している。

ナンの山を見てまわる外国人のわたしたちに、店主の1人が説明してくれた。

ティムールの時代から、ナンといえばサマルカンドさ。ウズベキスタンの他の土地で、全く同じ材料で全く同じ作り方をしても、サマルカンドのナンと同じナンは絶対に作れない。
水、気温、湿気、そういったものがナン作りには大事だから、ここのナンは、サマルカンドでしか作れないんだ。ウズベキスタンで1番美味しいんだよ、サマルカンドのナンは。

ウズベキスタンの英雄ティムールが在位していた1300年代から現在まで、700年ものあいだずっとトップに君臨するサマルカンドのナン。ここまできて買わない手はない。

どれを買おうか迷っていると、クムシュの奥さんが近づいてきた。彼女はすでに10枚以上のナンを両腕いっぱいに抱きかかえている。1枚あたり1.3㎏のボリュームたっぷりのナンを、10枚以上買うみたいだ。

「こんなにたくさん買うの?」

子供が目を丸くして聞くと

「ウズベキスタンは乾燥してるから、ナンは保存食なの。2~3ヶ月は大丈夫よ」

と彼女は笑う。

わたしも数枚のナンを買い、そのズシリとした重さに驚いた。

焼きたてが1番美味しいからと、クムシュが焼きたてのナンを1枚買い、みんなでベンチに座る。直径20cmを超える大きなナンは、2家族8人がおやつで食べるのにはちょうどいい。

クムシュは、つややかに光るお月様のようなナンを、そのままわたしの旦那さんに手渡した。

ウズベキスタンでナンをシェアするときは、最もスぺシャルな客人がナンを最初にちぎる、という習わしがある。

スぺシャルな客人に認定された旦那さんは、ぼってりと厚みのあるナンに親指をグッと入れてちぎった。

ひときれをちぎった、つややかに光る月が、わたしの手元にまわってきた。まだ熱を帯びたナンをちぎり、次の人にまわす。

つややかに光る月を順番にちぎり、月のかけらが全員の手元にわたった。

「普段の朝食でもフォーマルなパーティでも、ナンは手でちぎって食べるものなんだ。ナイフは使わない。それがウズベキスタン流」

もちもちした焼きたてのナンを頬張りながら、クムシュが言う。

「どうしてナイフ使わないの?固くて手でちぎれないこともあるでしょ」

「ウズベキスタン人は、ナンをリスペクトしてるからだよ。ナンには絶対に刃物は入れないんだ」

もちもちして密度のあるナンは、あったかくて、そのままでも格別な味がした。

ギラギラ照りつける太陽の下で、つややかに光る月をみんなで食す光景を、わたしはずっと忘れないと思いながら、ほんのり甘いナンをかみしめた。

オレンジ色の月は、サマルカンドのナンみたいだ。

まだ低い位置にあるオレンジ色の月を見て、そう思う。

この同じ月を、世界中の人が見るんだ。

この月が繋げてくれる。いまは会えなくても、月がきっと繋げてくれる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

大切な時間を使って最後まで読んでくれてありがとうございます。 いただいたサポートは、このnoteの街でどんどん循環させてもらいますね。

あなたのnoteも読みに行かせていただきますね😉
232
まあまあ長い翻訳歴をもつアラフィフ特許翻訳者。3人の子を持つフルタイムワーママ。ライフワーク、仕事、日々のこと。伝えたい想いを伝えたいときに綴ります。亀田製菓さんの'柿の種'(特にワサビ味)中毒。お問い合わせはtwitterのDMからどうぞ。

こちらでもピックアップされています

国際交流の部屋  ~ライフワーク #1~
国際交流の部屋 ~ライフワーク #1~
  • 9本

ホストファミリーとして留学生を受け入れて感じたこと、国際交流のエピソードなど

コメント (34)
サマルカンドのナン、食べてみたいです!
ポーリアさん、読んでくださりコメントもありがとうございます。嬉しいです✨

このナンのフォルムも、口元が自然と緩んでしまうような、そんな形をしていますよね。その土地に根付いている食べ物は、たくさんの物語を内包しているんだなぁと感じました。
たまたま記事を拝見し、約10年前にウズベキスタンに行ったことを思い出しました。

サマルカンドで、ナンにシャシリーク、うどんのようだが独特の麺であるラグマンをいただきました。旅行会社に手配してもらった現地のタクシー運転手さんは日本に語学留学の経験がある人で、「レストランに行くときもナンを買って持っていく。レストランのパン、要らない。」とサマルカンドのナンのすばらしさについて語ってくれました。

不思議なくらい、とても親日の国で、驚きましたが、実はソ連時代にシベリア抑留者が中央アジアに移送され、最終的にウズベキスタンで建設などで貢献し、人生を終えられた方が少なからずいらっしゃるようです。(この後、ブハラの日本人墓地にも参りました。)そのため、日本人にはある種の畏敬の念を持たれているようです。それを割り引いても、ウズベキスタンの人々の人懐っこさは、やはり旅人が行き交うシルクロードの民のなせるところなのかなとも感じます。

ご家族で行かれてとても良いご経験をされたことと思います。私も再度来訪してみたくなってしまいました。ありがとうございました。


アカ舎さん、偶然の出会いに感謝です。コメントくださり、ありがとうございます。

10年前に行かれたんですね🎶その頃はそれほどウズベキスタン旅行はメジャーではなかったような気がします。ここ数年は徐々にメジャーになっていますね。

シャシリーク、ラグマン!わたしもいただきました。ラグマンは噛みごたえのあるうどんのようでしたね。プロフも美味しかったなぁ、とアカ舎さんのコメントを読みながら思い出しました😊

サマルカンドのナンは本当に現地の人たちに愛されているんですね。タクシー運転手さんの話を伺って、やっぱりそうなんだなと思いました。

そうなんですよね、とても親日派でビックリしたのを覚えています。タシケントにも日本人が建てた劇場などがありました。親日派のベースには、ソ連時代のそういったエピソードがあるんですね。

ブハラも行かれたんですね✨サンドベージュの古都という感じで、サマルカンドとは違うアラビアンの香りのする街ですね。

アカ舎さんがコメントをくださったおかげで、旅の思い出がよみがえってきました。アカ舎さんの旅の思い出も聞かせてくださって嬉しかったです😊ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。