見出し画像

はじめまして美心LABです

美心LABの美紀子です。
noteをご覧いただき、誠にありがとうございます。
また美心LABに興味を持ってくださったこと、とても嬉しく思います。

美心LABは令和1年11月11日に設立した会社です。
1が5つ並ぶ縁起の良い日。


私が美心LABをはじめようとしたきっかけ。それは、
「現代では忘れられてしまった日本の生活習慣には、
いまの時代に暮らす私たちが求めているものがあるのでは?」
と気づいたことから始まります。

激務と言われる職場で働きながら、お茶のお稽古を継続してきた私。

貴重な週末の時間を、半日も割いてお稽古を続けていることは、
当時自分でも不思議でした。

考えてみると、
私にとって平日は常に頭をフル回転させている「動」の世界。
週末のお茶のお稽古は真逆の「静」の時間。

この「静」の時間を持つことで、私の生活はバランスがとれていたのです。

30歳を過ぎて仕事の責務も増す中で、
お茶の稽古で身についたことが、ビジネスの場で活かされているな
と実感することが多々ありました。


いいものを見つけると、つい人に勧めたくなってしまう私。
お茶のお稽古っていいよ~っと友人や同僚たちにお勧めしても、
実はそれを体験できる場って本当に少なくて。

そして、
お茶の世界を知りたければお稽古を始めるしかない、
というのはハードルが高すぎるという人が多いこともわかりました。

お茶のお稽古は、トータルで見たときに様々なメリットがある。
そう思っていたけれど、
よ~くかみ砕いて考えてみたら、
「美味しいお抹茶を点てる」
「美味しいお抹茶を飲む」

これだけでもある一定の効果はあるのではないか?
そう考えるようになりました。

茶道のすべては「美味しいお抹茶」のためにあるものですから。

例えば、
「自転車に乗ってみたい」
という人に対して、いきなり
「ではロードレースに出ましょう」
という人はいないですよね。

いま私たちの暮らしの中で、
そもそもお抹茶を飲む機会が珍しいものとなっている。

抹茶味のお菓子や抹茶ラテなどは人気なのに。
お茶筌(ちゃせん)で点てたお抹茶を飲んだことがない人が多い。

お抹茶の味も知らない方に、いきなり
「お茶のお稽古しませんか?」
というのは飛躍しすぎかもしれない。

自転車に乗りたいという人に対して
「ロードレースに出ましょう」
と提案するのとかわらないのでは?

そう思うようになりました。茶道にはとても敷板の高いというイメージもついています。
・自分とは違う世界のもの
・足を踏み入れてはいけないもの
そんな声も聴きます。

そして、茶道を嗜んでいないとお抹茶を飲むことさえもしてはいけない。
そう考えている人が多いことにも気づきました。

_K5A0710トリミング後

茶道とは切り離して、嗜好飲料としてお抹茶を楽しんでもらいたいな。
暮らしの中でほっと一息つく際に
珈琲や紅茶のようにお抹茶も楽しんでもらえたら素敵だな。

「コーヒーにする?紅茶にする?」の質問に、
「お抹茶にする?」が追加されて広がっていくことを目指しています。

もっと手軽にもっと自由に
日本最古の嗜好飲料であるお抹茶を
暮らしの中で気軽に楽しんでもらえたらと考えています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よかったらシェアも願いします!
5
自分と向き合い、心を美しくする習慣をご提案します。 ショップはこちら https://bishinlab.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。