見出し画像

「ホップステップだうん!」 Vol.200

今号の内容
・巻頭写真 「元祖べてるの家」 江連麻紀
・「コロナ誤作動」の研究
・続「技法以前」172 向谷地生良 「幻聴さん、振り回され現象」
・伊藤知之の「50代も全力疾走」 第7回 「転会式」
・ 「ある週の診察風景」宮西勝子
・福祉職のための<経営学> 062 向谷地宣明 「遊動革命」
・ぱぴぷぺぽ通信(すずきゆうこ)「”凍ったイチゴ” 名づけ会議」


画像1

元祖べてるの家

べてるの発祥の地で、佐々木実さん、早坂潔さん、向谷地生良さんが住みはじめ、1978年に回復者クラブどんぐりの会の有志メンバーの活動拠点となったべてるの家です。1983年にはここで昆布作業がはじまりました。

1984年に当時浦河教会の牧師だった宮島利光氏から「べてるの家」と命名されました。現在は「元祖べてるの家」と呼ばれています。

44年前に建設されてから改修工事を重ねてきましたが、あちこちガタガタになってきたためついに建替えが検討されています。

現在は9名が住んでいます。
これまでエピソードに事欠かない元祖べてるの家。
昨年の幻覚&妄想大会のグランプリ賞の「佐藤太一さんとその仲間たち」の、佐藤太一さんが幻聴さんに「飛び降りろ」と命令されて一階の窓で身体が抜けなくなって助けたエピソードも元祖べてるの家から生まれました。


(写真/江連麻紀)

-------------

「SOS(スペシャル・お得・セット)」のお知らせ

画像2

-------------

この続きをみるには

この続き: 10,583文字 / 画像18枚
記事を購入する

「ホップステップだうん!」 Vol.200

べてるの家

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
9
1984年に設立された北海道浦河町にある精神障害を経験した当事者を中心とするコミュニティです。 社会福祉法人、会社、NPOなどがあり、主に日高昆布製品の加工・販売や出版などの情報発信、「当事者研究」などの活動を行なっています。最近は浦河産の苺🍓の加工も盛んになっています。

こちらでもピックアップされています

べてるの家のウェブマガジン「ホップステップだうん!」
べてるの家のウェブマガジン「ホップステップだうん!」
  • ¥300 / 月

『ホップステップだうん!』はべてるの家の有料マガジンです。 向谷地生良さんの連載をはじめ、べてるのメンバーのコラム、イベントの報告や講演録、江連麻紀(写真家)さんの写真連載などを掲載しています。