見出し画像

本業『パパ』副業『管理職』

What’s up!どーも、ベスです。

私のjobは2つ

『パパ』としての【俺】
『管理職』としての【私】

「私の仕事」がテーマなので、
極力丁寧に書き記したいと思います。

さて、改めまして
閲覧ありがとうございます

私の本業はパパです。
本業のために副業として会社員をしています。

仕事の話しとなればお金の話です。

本業に収益はありません。ゼロです。
問題ありません。
収益は副業で500万/年ほど稼ぎます。

正直な所
パパの仕事について書きたいのですが、
今回は副業について話したいと思います。

私はそこそこ知名度のある
半導体メーカーで管理職をしています。

仕事の内容は主に
管理•改善•教育

将来を担う中間管理職といった立ち位置です。

こんな私ですが
当初信頼性の無い底辺社員でした。

私の勤める企業は
毎年東大や京大といった
エリート生を多数採用しており、
社員は基本的に皆「学」があります。

その中で私は異質中の異質。

不適合者でした。

頭髪は奇抜だと怒られ
無断欠勤しては怒られ
就業時間中は居眠りして怒られ
酒気帯びで出社しては怒られ
出勤時の服装まで怒られ

いつの間にか社内では異質の有名人でした。

クビにならなかったのが奇跡ですね。

そんな私が何故管理職になったのか?

『やれば出来る子なんです。』

そんな事言うつもりはありません。

そうなる必要があったからです。

24歳当時、私の家庭は崩壊しました。

シングルパパとして2人の子供達を
養わなければならない。

貯金も無い。給料も少ない。
でも、保育園のお迎えがあるから
残業出来ない。

子供達が順番に体調を崩せば仕事を
休まなければならない。

こんな状況に陥りました。

現場作業者として働く
今の状況下では、
フル定時で帰宅できたとしても
給料は下がる一方。
評価最悪の私が昇級する可能性はゼロ。

活路が見出せなかったのです。

どうすれば。。。

少ない脳みそで考え続け

まず管理者になることにしました。

管理者になって社員駒みたいに使って自分は帰ろー

そんな事を真剣に考えていました。

管理者になるための必須条件は
上司からの信頼と実績です。

上司と話しをするためには、
時に初歩的なパソコンスキルも必要です。

定時であがり、育児をこなし、
子供達が寝た22時から

業務の合理化。
設備の最適化。
Officeの勉強。
上司との話し方。
プレゼンの仕方。

信頼と実績をつくるために必要だと感じた
ことは全て徹底的に勉強しました。

きっとここまで気持ちを入れて仕事をする
一般企業の平社員はなかなか居ないのでしょう。

シングルパパをしながら

約2年で私は管理職に昇進しました。

この2年間、ストレスとの戦いでした。

ですが、この体験は自信に繋がりました。

そこから、管理者となり、
責任感と探究心も芽生え
上司からの信頼も厚くなり、

現在は好き勝手やらせてもらっています。

そんな私ですが、
実は転職を考えていたりします。

今の仕事が嫌な訳ではありません。

28歳にして再婚し、
家庭運営が安定したこともあります。

いつのまにか、
探究心が暴走しました。

『自分の力はどこまで通用するのか』

自分だけの力でお金を産むという事を
試してみたくなりました。

とはいえ、本業であるパパとして、
収入を激減させるわけにはいきません。

なので、今私がしていることは
パパをしながら会社員としてもバリバリ働き、

隙間時間を使って様々なネットビジネスを体験しています。

まだ手探りですが、
確実に経験値を蓄え
少しづつ実績を積み

将来子供達が万が一仕事に困った時、
その術を教えられるようなパパになりたいと思います。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ようこそ『不良の教科書』へ
18
ベスという男の人生の物語を書き残したい。これは過去の自分への問い掛け。これは未来の自分への道標。これは自分自身との戦い。茨の道はまだまだ続く。抜けた先に待つのは墓標。墓標があればそれだけで意義のある人生だったと思えるはずだ。【blog】besu-daddy.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。