見出し画像

What really protects you

notetaker

ウィズコロナ時代に孤独を感じている人に向けてありのままに書きたい。コロナで感じたこととそこから見えてきた本質について書く。また前提として本記事の内容を本業とするかは別だと考えることが必要だと断っておく。


まず初めに思ったことは交友関係がなかなか広がらないことだ。

大学生が中盤に差し掛かって絡んでいるのは変わらず地元の友達と言ったところだ。

社会に出て多様性のある職場に出遭えるのは幸運なのだから今しか会えない人とと言いたいところだが登校できないと考えるとやむを得ない部分もある。


次に思ったことは人間関係の大事さである。交友が広がらないからこそこれまでの友達が愛おしく思えてくる。


そして思ったことがなぜ彼らが今も絡んでくれているかだ。

1つは述べたがもうひとつが本質である。


それは独自性である。

私は特別面白くなかったが例えを外さないキャラを確立していた。それが友達に新鮮な視点を提供していた。

友情は利害関係に近いものでお互い何かメリットを与えていれば揺らがないし一見暑苦しいものほど簡単な喧嘩で揺らぐ。


この振り返りから関係性でもビジネスでも究極の長く続けるというゴールにおいて何か一つでも客観的に面白くなろうとする自己投資だけがいざという時に助けてくれると学んだのである。ただし自己満足の面白さではないのが注意だ。


なのでこれからは生き方の時代だと思う。以上を踏まえて面白い生き方をしていれば人は寄ってくる。ただしあなたのことが知られることが無ければその面白さは伝わらない。よって発信力が本質より更に見えてきた今後必須のスキルと言える。


この記事が参加している募集

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!