20161025ワンピ

「ワンピースは宗教」問題について

「ワンピース」は洋服ではなく「ONE PIECE」漫画の方です。

お笑い芸人のオードリー・若林正恭さんが11月14日放送の「セブンルール」(カンテレ・フジテレビ系)で

>「ワンピースって読んでないと『血が通ってない人間』みたいな言われ方しません?」
>「仲間に入って『俺たちやるぞ!』って言わなかったら、めっちゃ排除されるんだろうなってすっごい怖いんですよね」

と、発言した問題です。

最初から読んでいる派はともかく、
あんな大長編、今から読もうってのはしんどいですよ。
それは、わかります。
ちなみに私は、初期から派。
でも、
「だってシャンクス、そでが、そでがぁー!」
ってネタが大好きなくらいには客観視してると思います。

堀江貴文も過去にツイッターで、

>「仲間さえ無事なら大丈夫的なマイルドヤンキー的な価値観についていけない」

と、発言して炎上したそうで、
あ、堀江ならそうだろうな、と、思う一方、
この人、自分が話題になるように大衆を煽るよなぁー、と、思いました。
ぶっちゃけ、ワンピースの事、どうでもいいと思ってるだろ。

それはともかく、両者に共通しているのは、

「多分、ワンピを最初から読んではいない。」

って、点。
だって、最初はルフィ、仲間、いねぇもん。
で、どんな名作だって、途中を読んでもねぇ、
あ、ダメだわ、ついていけないわ、ってなるのは当然。
さらに、
「絵がダメ」
とか、嗜好の問題もあるし。

私、年季の入ったオタクなので、昔話をしますと、
「ユーミン聞かなきゃ人間じゃない」
リアルに言われました。
中島みゆき派です。

ただ、ユーミン信者とワンピ信者は、属性は真逆だと思います。

また昔話ですが、「ごーしちご」という川柳俳句SNSアプリがあった時に、

>弱者ゆえ 涙止まらぬ ONE PIECE

という句を詠んだら、コメントに(ログが残っていないのでおよその内容ですが)

「そうか、私は弱者じゃないから、ワンピ嫌いなんだ!」

という発言がありまして、

え?
自分を「絶対強者」って思ってる人がいるの?!
あ、いるか、ホリエ…(ry

ユーミンの場合、信者はむしろ強者側、今でいうリア充ですからね、
ワンピ信者とは真逆なんです。

信者は、いてもいいんです。
宗教的、っていうのは、ワンピのエピソードに心が救われた経験がある人が多いからでしょう。
私も、泣いたからねー。マジ泣きするわ、ワンピース。

しかし、狂信者はいけませんな。
「絶対いい!」って、他人に価値観を押し付けてはいけません。
作品読む前に、その押し付けに相手はドン引きしてます。
作品世界に入り込めるわけがありません。

ワンピが、多くの人に支持されるのは、
自分の体験に照らし合わせて、感情移入できるエピソードがたくさんあるからだと思います。
私の場合は「ヒルルクの桜」だな。

しかし、私は宗派違います。NARUTO派なんです。
だって、NARUTOの場合は、人生変わるほどの影響を受けたもん。

実際は、ですね、「ONE PIECE」は、絶対的なネ申じゃないんですよ。

そもそも、日本は八百万の国。
ネ申はいたるところに存在し、
どの作品に感動するか、どれが自分のベストなのか、
それは、人によって違うのは当たり前なんです。

ただ、「仲間にならなきゃ排除される」ってのは、誤解ですね。

>「オレのこの剣、こいつが届く範囲はオレの国だ」
と、言ったのは「銀魂」の坂田銀時ですが、

ワンピの主人公ルフィに、絶対的な敵は存在しないんです。

「オレの拳」が届くところは全部仲間で、
仲間を、力ずくで支配し権力で抑圧し暴力的危害を与えるものが、「敵」。

かつての敵が容易に仲間になりますからね、ワンピ。

例えお前がオレを仲間と思っていなくても、
オレが仲間だと思ったら、死ぬ気で護る。
それが、「ONE PIECE」という作品が投げかけるメッセージです。

絶対的強者はなぁー、「仲間」になりにくいけどー、
独立して存在できる、護る必要のない者は、好きにやってください、が、
ルフィのスタンスだと思うなぁ。

ともあれ、お願いだから完結して欲しいですね。
尾田栄一郎先生、話、広げ過ぎ!
どうかお体を大切にして、この物語を完結させて下さい。

そして、日本のオタク文化は懐深いから!
ワンピだけを特別視しないで、
「ワンピがダメなら銀魂読めばいいじゃないの」
くらいの気持ちで漫画を読んでいただきたいと思います。

>ネ申はいる 萌える世界の 隅々に

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとう!末広がりの8番目のメッセです!明るい未来が待ってます!
13
AmazonのKindleで自己出版しています。サメ絵本「サメのこどもたち」、短編集「あやしうこそブログるほしけれ」、川柳集「日常川柳」「神の日常川柳」です。こちらのマガジンに「海洋戦隊バトルシャーク」もあります。サポート歓迎、元気になります。そしたら何かしら書きます。

こちらでもピックアップされています

解説シリーズ(オタク川柳など)
解説シリーズ(オタク川柳など)
  • 80本

イタリア在住ロシア人Vさん(日本文学オタク)にオタク川柳その他を解説した話シリーズや合唱の歌詞の解釈です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。