見出し画像

Withコロナ…大変だけどね。/PREMIUM厚手コットンストール

8月に入り、立秋もすぎて、
気温は真夏でも、日差しが変わったのがわかります。

特に朝。

我が家のワンコたちは、最初のエザーンで起きますから6時前、
支度をして6時半ころには散歩へ出発。
朝日を浴びながら、まだ静かな道を歩いていると、
季節の移り変わりが良くわかります。
日差しは黄みがまし、角度が変わりました。
夏のピークは越えたなと。

散歩行き先は、赤い河/クズルウルマック沿いの大きな公園。
公園を走り、河でひと泳ぎするのが夏の散歩の定番です。
泳げるのは10月初めくらいまでかなぁ。

コロナの外出制限解除はされても、
散歩は人の少ない早朝だけ。
だから、朝の散歩は私とワンコ達の大切な時間です。

画像1

*まだ泳ぎたいウチのワンコ(苦笑)

秋物の作製

毎年、秋物の作製に入るのは7月くらいから。
イスラムの断食月もありますから、その年によって開始は変更しています。

でも今年は、コロナ・・・

仕入れにも支障が出ることを予想して、早めに準備に入りました。
外出制限が解除になった6月、
営業開始はまだ先・未定・・・というお店が多くて困りました。
生地問屋さんをいろいろあたり、ようやく見つけたパシュミナの生地。

とりあえず、秋冬の素材を仕入れられたことに感謝です!

でも、カラーバリエーションはちょっと少な目、
問屋さんも、生地工場も仕入れや生産を減らている模様。
今後は様子を見ながらというお店ばかり。
そりゃそうですよね。
だれにもこの後の予測付かないし。

でもね、収穫あり。

コロナのおかげで、新しい問屋さんに巡り合い、
素晴らし生地に出会うことができました!

しっとりとした肌ざわりのコットン混合の生地に出会えたんですよ!
サイズは180x80㎝の大判。
コットンですけど、たっぷりの厚さで柔らかい。
秋から春まで、コーデにも防寒にも役立ってくれそうな生地です。

新しい試み

この生地の特徴は素材だけでなく、パターンが入ったところ。
AYTURKでは、今まで全て無地の生地でストールを作っていました。
もちろん、オヤのデザインを生かすためですが、
あまりにも生地にほれ込んでしまったので、
パターン入りの生地で初作成に挑戦しました。

パターンはペーズリー他、植物柄。
カラーはホワイトベースに、淡いグレー。

モチーフはどうしよう・・・?

かなり悩みました。
生地の厚さや柔らかさからいえばトゥーオヤのモチーフが合うはず。
でも、生地には光沢があり上品。

イーネにしよう!

同様の厚さのある生地に、イーネオヤは避けていました。
なんだか雰囲気が合わなくて・・・
ですからAYTURKのパシュミナストールは、全てトゥーオヤのモチーフで飾っています。

イーネオヤで厚め生地を飾るのも初めての試み

デザインですが、
パターンを生かすために
オヤのカラーはシングル・・・淡いグレーをチョイス。
でもオヤが沈んでしまわないように、幅広で作ることにしました。

心配半分&楽しみ半分で待つこと半月・・・完成!

おー!想像以上に良い仕上がり。
生地の光沢にイーネオヤ。オヤもしっかり主張しています。
作って正解。

おなじ生地のカラーバリエーションもまだまだありましたので、
早速仕入れにいってきます!

コロナが無かったら出会っていない生地、
できなかったストールですよ♪

画像2

Withコロナ

コロナ以降、色々な障害や不便はありますね。
でも、健康が一番大切と思って、
必要な防衛はしつつ、皆でできる形で活動しようと思っています。

コロナの中で、痛みもあるけど、
新たな発見や、新しい挑戦もあるわけで。
そして、新しい価値観も生まれる。
極端に言えば、
コロナ自体も必要な事だったのかもしれない。
変わらなくてはいけない時。

冒頭に紹介した我が家のワンコ。
ハンディキャップです。左足が不自由。
痛いときもあれど、できることで思いっきり楽しむ。
そして見つけた楽しみが泳ぐこと。
幸せそうですよ~

私たちもコレでよいんじゃないですかね?
たぶん、コレがWithコロナで生き抜くすべです。


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
6
トルコのカッパドキアで仲間とともにオヤ作りをしています。 コロナ真っただ中の2月にトルコで会社「BERRY」を設立してしまいました。 オヤのブランド「BERRY」として世界に出たいと画策中。 HP: https://www.ayturk.biz/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。