文香ヒロ / AYAKA HIRO

文筆調香家。調香は文筆。 空間における香りのコンセプト設計から調香までをデザインしてい…

文香ヒロ / AYAKA HIRO

文筆調香家。調香は文筆。 空間における香りのコンセプト設計から調香までをデザインしています。日常をリリカルに。

マガジン

  • エッセイ

    自分が書いたエッセイをまとめています。

  • 100文字詩

    詩は言葉の寺。 100文字の詩をしたためていきます。 気軽に、きちんと。 制約の中にある自由を。

  • 自分が書いた詩をまとめていきます。

最近の記事

  • 固定された記事

おじいちゃん、インパール作戦について教えて欲しいんだ。

今年も大阪に夏が来た。 近鉄電車に揺られ上本町駅で降りる。 全身にまとわりつく湿気とアスファルトから照り返す日差しが、東京のそれとは一味違うことを教えてくれる。 私は一人、墓花を手にさげながら連綿と続く先祖たち、そしてインパールの地で散った祖父の兄に思いを馳せていた。 おじいちゃんの話を聞かせて欲しい東京のスタートアップでせわしく過ごす日々の中、ずっと先延ばしにしていたことがあった。私はふと思い立ち、それについて大阪に住む祖父(93歳)に電話をかける。 「おじいちゃん

    • 秋、中天に楕円球。

      秋風が吹き始めると私は大きく深呼吸をする。鼻の奥が少しだけ冷たくなり、ツンとした香りが鼻腔で踊り出す。 「ああ、今年もやって来た」 心の中でそう呟いて、また息を吸いながら目を閉じる。すると、どこからか芝生の香りと誰かの歓声が聞こえてくるのであった。  学生スポーツがクライマックスを迎えるのは(種目にもよるが)主に夏から秋にかけてだろう。最上級生たちは引退をかけて、最後になるかもしれない一戦に臨んでいく。 かくいう私も22歳の冬まで楕円球を追いかけていた。  夏。全身

      • 祖父と交わした生き方の約束

        「ヒロちゃん、ええか。最後は人に使われない人になりなさい」 2年前に他界した母方の祖父は生前、私に金言をたびたび投げかけてくれた。私は時折、その言葉たちを反芻しながら人生とキャリアの中長期計画を描いては修正し、描いては修正しながら東京の片隅で生きている。 祖父は生粋の大阪あきんどだった祖父は戦後、大阪船場にある生地の卸売屋からキャリアを始めた。その後、ヌーベルやルシアンといったアパレル企業を経たのちに独立、起業する。独立してからは東大阪のアパレル商社として手編みのニット製

        • 歯ぶらし

          夜行性の朝 スーパーカブのエンジン音に 鳥たちはあくびを重ねる 薄明けに孤独を半分預けて 父は生ぬるい蛇口に そろりと手をかけた 洗面台のコップ 黄色いアヒルの子 小指ほどの歯ぶらしは 今日も背を伸ばし 二度目の夏が来る

        • 固定された記事

        おじいちゃん、インパール作戦について教えて欲しいんだ。

        マガジン

        • エッセイ
          26本
        • 100文字詩
          13本
        • 10本

        記事

          ヘアゴム

          生まれて一年も経てば そうか 髪は目にかかり 首元でへばりつく 私は指先に ヘアゴムを忍ばせ 結いにかかった けれど あなたと絹の髪は すり抜ける 不器用な父は 自らの髪を結い 指にいろはを覚えさせ 今日もあなたに挑むのだった

          指さし

          ちいさな指を一本一本 まじまじと 眺めながら 舐めながら 確かめてみる 関節と関節は肩寄せ合い グー、パー パー、グー チョキはまだできない けれども 指さしするのはお得意で 今日もパパに 桜が咲いているのを 教えてあげました

          カウントダウン

          明滅する心拍 去り際のまたね パパ お父さん オヤジ ママ お母さん オカン 3 耳をふさいで 2 目を瞑っても 1 高らかなUNO 夕暮れを頬張る口 肩に座るよだれ 胸に刻まれた鼻水  UNOを言い忘れたら また訪れるだろうか

          宝石

          パン屑の宝石を拾って 人差し指から離陸する 上空70cmを右から左へ旋回し 真新しい前歯は 確かめるように宝石を受け入れた パン屑は喜色 灰色の屑も塵も 彼女につままれた瞬間 喜色となる 私達が忘れた色がそこにはあった

          親友

          イルミネーションを 電気飾りというあまのじゃくは 12月に浮かれることのない あなたへの慕情 人間で詰まりそうな表参道を眺めて バカみたい と呆れる あなたの右手を そっと引き寄せて バカみたい と浮かれながら 歩けたなら

          よだれ顔

          とかく 語りたがりな私たちは いつしか饒舌に ロジカルに 時に エモーショナルに 手から口からプレゼンをする けれども 言葉はあればあるほど 分かり合えず 伝わらない そうした脆さと未熟さを よだれ顔で笑う 赤子が教えてくれる

          平成ガラパゴス

          触れるとベタつき 溶けて無くなる イヤホンのスポンジ カセットテープは巻き戻ることもなく 燃えるゴミの袋 部屋の片隅に残るのは 充電器が無い二つ折り電話 電池パック裏のプリクラ 保護を外せないまま 底に溜まるメッセージ

          手のひらのおむつ

          ありがとうに重さがあるとしたら たっぷりの水分を吸った おむつの重さだと思う 生命活動の循環に 有り難い とささめくのは 私であり お隣のママであり 戦地のパパであり 亡命した老人だった 忘れてしまいがちな おむつの重さよ

          手のひらのおむつ

          17時のトス

          体育館の水銀灯は くゆら ゆらり 急ぐことなく明滅し 西陽は沈む 天井に食い込んだ毛羽立ちバレーボールは 片方だけの上履き達と諦め顔で見下ろしていた 私はシューズの裏を素手で舐めて もう一度 もう一度 真上にトスを上げる

          プールサイド

          チョコミントの空 水泳帽の網目に 世界の全てが乱反射した ビート板と臀部の間には あどけない約束が膜を張り 夕方5時の合図で滴り消える 遠くへ引っ越したあなたの名前を ふと口に出してみると 喉元はこそばゆく震えていた

          MiniDisc

          全然好きでもないJ-POPの 手作りオムニバス MDの中に1文字1文字 タイトルを入れたあなた 打っては消して 打ちすぎては打って 正方形に焼き付けた文字は 曲名を借りた告白 実家のコンポはずっと MDを飲み込んだまま

          立つ

          つかまり立ちをし始めたあなたは 得意げに笑い 無垢に喜ぶ あなたの立つは 時折脱力しながらも 確かに地球を掴んでいた 足裏は重力を受け止め ぷくり膨らむ皮膚は 点から面になる いつしか忘れた喜びを あなたは教えるのだった