見出し画像

子どもの命に関する決断が必要だから、そこで折り合いがつかない。価値観が違う中で、正解がないことと、シェアハウスでの悩み。

医療的ケア児の母親をされている、宮副さんのお話を聞く会に参加した。

かずほさん

・実際のデータの数字と、子どもたちの写真を見た時のギャップ

・延命治療ではない人工呼吸器をつけていること

・どうやって政策・アドボカシーとして働きかけているのか

・ジェンダーの差、要求されるものの違い

・個別性

など色々気付くことがあった。


家族としての、危機は、やはり多いという話も聞いた。子どもの命に関する決断が必要だから、そこで折り合いがつかない、価値観が違う。

そこでは正解がない。折り合いがつかないし、決めなければいけない回数があまりにも多すぎて、結果的にシングルになる人も多い。

(逆にシングルを選べる人は強い、とも言える。経済的に離婚はしない、という道を選ぶ人の話もよく聞くからだ。)


医療も制度も乗り越えなきゃいけないけど、どう家族が向き合うか、考えさせられた時間でした。


なんだか全てが家族問題に見えてくる今日このごろ。

持ち帰り

そしてやっぱり子どもの時に、色んな人,いろんな環境で生きている人に、会わせたいな。と思ったわけです。それは子どもたちに、多様な価値観を感じてもらえるし、なにより「数が少なすぎて会わないから居ない存在だ」と思ってもらうのは嫌だから。

同質性の高すぎる場所で、一位だけを目指すのはちょっと違うんじゃないか、と私は思っている人だからです。


ちょっと話が変わりますが、シェアハウスだとある意味、多様であり、同質性なところがあります。


私はこう子どもと関わりたい、と思っていても、細かく環境を整えて関わることは難しい。そこはシェアハウス生活での悩みでもあります。

塩梅が難しい。でもそこで考えることが大事だな−と思っています。

今日はここまで。読んで頂きありがとうございます。









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Aya@家族のニューノーマルを探している人

いつも応援ありがとうございます。サポートいただけたお金は、当事者の子どもたちとのご飯代金か、直接子どもたちに手に渡る寄付に回したいと思います。

励みになりますっ!
家族を頼れない人がどうすれば生きやすいのか、を考えるのが好き。 RAC代表/ショートステイ・短期里親の普及活動/公衆衛生学SPH大学院生/訪問歯科医師×MBA×再生医療等に関わる製薬ベンチャーの社外取締役/モザイクキャリア/6歳4歳の母/趣味は性教育