見出し画像

ステートメント的なもの

作品のコンセプトとして
「日々の生活の中に見える一瞬の美しさを拾い集めた庭」
というものがあります。

毎日慌しく生活していても、「あ、キレイだな、」って思う瞬間があると思うんです。

でもその瞬間ってすぐに忘れてしまうんです。
まるで目が覚める直前まで見ていた夢も、
頭が覚醒してくるとすぅっと消えてしまう景色のように。

そういうものを、現実の世界であれば具象やら模様とやらを切り取って
カメラに収めることができる。

ですので私はいつもその「あ、キレイだな」という己の感情に敏感でいようとしています。

そしてその写真となったものをゆっくりと見て、その様相を自分の中でかみ締めながら単色に分解し、改めて一層ずつ再構築して新しい模様を
作っているんだと思っています。

なにより自分が面白みを感じて撮った写真を色はそのままに、
糸という素材の組み合わせで新しい形に変えることがとても楽しいのです。

作品展などで配置している作品や写真も一見支離滅裂に見えるかと思いますが、私の中では全て繋がっていてそれがAuraなのです。

今後もAuraの視点の世界を楽しんでもらえたらと願っています。

関口 あさみ

One of the concepts of "Aura" is "the garden that gathered momentary beauties in our daily life"
I think there are moments to feel beauty,even though we live in a hurry every day.

But the moments has soon been forgotten like the dream after waking up

In the real world, we can cut out that scenes by the camera.
So, I always try to be sensitive to that feelings.

After that, I see the photographs carefully,meditate on the scenes,separate the colors one by one,
rebuilding into the yarns and make new patterns.

Above all, it is very fun to change the colors of picture that I felt beautiful to a new form with the yarns
Finally, you may feel disorderly the photographs and works in this booklet, but all in me is connected.

This is the inside of the head of "Aura"
I hope you enjoy the world of "Aura's point of view"

Asami Sekiguchi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは個展の費用や学費・研究のための書籍の購入として大事に使わせて頂きます。他、応援してるアーティスト・作家のサポートにも使いたいです。

ありがとうございます!
12
家で作る人。西日暮里book apartment(http://scramblebdg.com)の小さな本屋さんの棚主。1日店長の時は作品も販売します。次回は1/25(土)11:30〜16:00https://www.instagram.com/sekiguchi_asami/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。