見出し画像

自由度が高い手帳アプリ「planner for iPad」の紹介【使わなきゃ損】

Planner for iPad とは、iPadとApple Pencilを持っていれば使える基本無料の手書き手帳アプリです。ステーショナリーという付箋やスタンプ、マスキングテープなどのアイテムを購入して使用することによって、自分好みの手帳を作ることができます。システム手帳をイメージするとわかりやすいと思います。

この記事ではplanner for iPadの魅力、基本操作を紹介していきます。


・・・


1.インストール

planner for iPadはAppStoreにて「planner」で検索すれば、1番上に表示されます。(2020/03/25現在)iPhoneで検索した時に出てくる、planner for iphoneというアプリはクラウドで同期したスケジュールを見るだけのアプリになっています。(カタカナで「プランナー」でも一番上に表示されました。)

Planner for iPad 紹介1


・・・


2.planner for iPadの魅力

この手帳アプリの一番のポイントは限りなくアナログに近いデジタルの手帳アプリということです。ここからは以上のこと踏まえて、planner for iPadの魅力を項目に分けて紹介します。


その1  自由度の高さ

iPadの画面の端から端まで全てが書き込みスペース。左上の日付表示の部分にさえ、書き込み可能になっています。また、スケジュールのグリットはあくまで書き込む際の目安であってそこに縛られることはありません。枠を超えてスケジュールの中で思うままに書き込むことができます。

名称未設定のアートワーク

ペンは普通のペンとマーカーがあります。それぞれ、4段階の太さと12種類の色に変更可能であらゆる96パターンのペンを使用可能です。


・・・


その2 アナログではできないことができる

アナログの魅力である自由度の高さに加え、デジタルにしかできないスマートさも魅力です。

一つ目は、ワンタップで4種のスケジュールタイプに変更可能な点。

一ヶ月のスケジュール管理ができる『マンスリータイプ
一週間のタイムスケジュールが細かに管理できる『ウィークリー・バーチカルタイプ
一週間のスケジュールと自由なメモが可能な『ウィークリー・レフトタイプ
一日の細かなタイムスケジュールと自由なメモが可能な『デイリータイプ

の4種類を一括して管理できてしまいます。

名称未設定のアートワーク


二つ目は、物理的にかさばらない点。

このアプリ一つで毎年の手帳買い替えがなくなり、過去に書いたことを簡単に見返すことができるようになります。更に用途に合わせて何冊も手帳を作ることができます。数種類の手帳を持ち運ばなくて済むだけで、鞄の中身がスッキリしますよね。

画像4


三つ目は、クラウドサービスでデータを同期できる点。

月額あたりの課金が必要になりますが、もしもの時のバックアップとiPhoneなどの別端末でも閲覧できる機能はとても魅力的です。(私は学生でお財布に余裕がないので、入れずにいます…)

ベーシックプラン ストレージ容量:10GB(¥360/月)
プラスプラン ストレージ容量:20GB(¥600/月)

名称未設定のアートワーク 2


・・・


その3 無限に拡張可能なステーショナリー

私も販売している、このステーショナリーはplanner for ipad内で使えるスタンプやふせん、マスキングテープなどのアイテムのことです。最初に無料で使えるものもあるので、必ず購入する必要はありません

ただ、自分好みの自分の一番使いやすい形でスケジュール管理をするためにステーショナリーを購入するのは良い選択だと思います。

スタンプ 
・4種類の大きさと12種類の色が選択可能
リフィル
・いわゆる、ふせんの機能
・大きさは自由に選択可能
・上に書き込んだ文字と一緒に動かせる優れもの
テープ
・4段階の太さと3種類の切り口のパターンから選択可能
テーマ
・システムや機能を変えることができるすごいやつ
・ノートテーマを使用することでノートがわりにアプリを使用することも可能
手帳カバー
・手帳の選択画面での手帳の見た目を変更できる
・機能とかでなくお洒落

ステーショナリーは以上の5種類から構成されています。

画像6

上の7つのステーショナリーは私が出品しているものの一部です。是非、ステーショナリーショップの検索窓にて「atsuya」で検索してみてください。

ステーショナリー紹介記事はこちら↓
https://note.com/atsuyanote/n/n72ae9fb690ca


・・・


3.planner for ipadでワンランク上のスケジュール管理しませんか?

ここで説明した機能はこのアプリの一部に過ぎません。この記事は、追々アップデートしたいと思っています。また、更に詳しい使い方や活用法も記事にして行きたいと思っているのでスキとフォローをよろしくお願いします

4.この記事のまとめ

自由度が高い
 →紙の手帳のように端から端まで書き込み可
デジタルならではの利点
 →4タイプのスケジュールをワンタップで使える
 →クラウドで同期
 →物理的にかさばらない
無限の可能性を秘めるステーショナリー
 →五種類のアイテムで拡張できる

この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートももちろん嬉しいですが、スキやフォロー、コメントがとても執筆の励みになります。よろしくお願いします。

スキを押してくださり、ありがとうございます!
13
絵本と文房具でできている。planner for iPad 【http://urx.blue/jkwW】という、手書きのシステム手帳が作れるアプリ内のアイテムを出品しています。スキとフォローしてもらうと喜びます。コメントも9割返します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。