見出し画像

アイデアをひろげる人。まとめる人。

Webサイト制作のオリエンを受けに客先へ。
「やること」は決まっているけど、「なすべきこと」と「やるべきこと」がふわっとしている段階からのご相談。
前もってオリエンシートや資料に目を通して疑問に思っていたことや、その会社や事業について深掘りしながらヒアリングをする。

あーかなこーかなと会話して、このプロジェクトのコンセプトとなるキーワードやアイデアをひろいあげていく。

僕は基本的にアイデアマンではない。と思う。「アイデアをひろげる」よりも「アイデアをまとめる」方が得意みたい。

わーっとみんなから出たアイデアやキーワードを簡単な言葉に変換してポンッとだす。驚くほど当たり前で、シンプルな言葉を。
するとそれまで、拡散していた熱量が、その言葉に収束して、みんなの脳内がクールダウンしていく。

今回のオリエンでもそういったシーンが何度もあった。

デザイナーは比較的、モノゴトの本質を直感的に見抜くことが得意だと思うから、思ったことや考えたことは恥ずかしがらずに口に出した方が良い。
意外と的を射っていて、共感してもらえるケースが多い。その言葉を上手にコンセプトや企画に落とし込めるかはまた別のお話。

どんな状況でもメンバーがアイデアを出しやすい空気をつくって、溢れ出たアイデアたちを上手にまとめられる人になろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、有料noteを購入するのに使わせてもらおうと思っています。

スキありがとうございます!スキと言われたのは小学生以来です。
13
なで肩のデザイナー。千葉県・成田市生まれ。『モノ』『コト』をわかりやすく視覚化して人に伝えるお仕事をしています。デザインとその周辺についてを綴るnote。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。