見出し画像

Facebookに書いたことをこちらにも。

このように体系立てて書ける
研究者の皆様を心から尊敬する。

現場で素手で動かしていることが
知識や研究結果と紐づいていき、
とても気持ちよいw
お客様にもわかりやすく説明できる。

私が、組織開発に出会ったのは、18年前くらいかな。

「なぜ会社は変われないのか?」を読み、
スコラコンサルトのドアを叩いた。
対話会などに参加したり、合宿も行ったなぁ。
対話のパワーを当時は感じてた。

「ファシリテーター型リーダーの時代」を読み
ファシリテーションに興味を持ち、
自社の研修でファシリテーションするなどを
試させてもらえたソフトバンク時代。

ピーターセンゲさんの講演に行けたのは
ウィルシードの船橋さんが紹介してくれたから。
野中先生の講演も同じ時にあった気がするな。
共通善の話が頭に残ってる。

ファシリテーション協会に所属した時期もあったり、様々な対話の手法などを体験してきた。

コーチングも同時期くらい(18年前)から、
アイマムさんの研修を受けて、
それ以来、傾聴の世界にどっぷり。

エニアグラム、キャリアコンサルティング、
シェアリングサークル、など、
個人の人材開発とチームの組織開発と
同時に考えられるようになってきた。

C+F研究所での心理学、
組織開発の学びは大きい。
「あり方」にフォーカスした
思考、心、体のつながりを体感できたのも大きい。

フランクリンコヴィ社の
プライオリティやリーダーの4つの役割などの講座も
役に立ってるなぁ。

本を読む、講座に行く、それを実践してみることを
20代からやり続けてきてよかったなぁと
改めて思うのです。

この本の中原先生はたぶん同い年。
同じような社会変化を味わって
生きてこられていることもあり、
頭にすっと入る。

学び続けることは本当に大切だ。
自分の中に気がつけば
たくさんのツールが備わっている。

そして最大の学びは日常の実践なのだ。

都市経営プロフェッショナルスクールでの学びも
私の中では、自己変容の大切さと、個々の動きを
地域という組織開発とつなげていくことだから、
今までの学びの集大成。

そう、私は学びに投資してきた。
使った金額も時間も半端ない。

もっとアウトプットできるはずだなぁ。
実践者で居続けたいな、生きてる限り。
研究者の皆様の知見や結果を借りて、
実践と紐づけていきたい。

組織開発の本に企業だけではなく、
地域活性の事例として載れるように
がんばりたいわ^ ^

私が何から学んでいるか知りたいと
聞かれることが多いのと、
すぐにアドバイスを求める人も多いので
改めて書いておく。

まずは、自ら学んでおくれ。
自ら学ぶから実践も経験となる。
アドバイスが自分に合っているかも判断できる。

自分の頭で考えてもわからないときに、
人に相談したり、人と対話して、
自分の中で正解らしきものを自分で決めて動く。

まずはそこからだよ。
学ぼうとしない人や行動しない人に
教えている時間はない。

忙しくてもお金なくても優先順位高ければ
人はね、やるんだよ。

と、ちょっと最近、思ったことを
書いておく。

あ〜また説教臭くなっちゃったなw
おばちゃんじゃ、私もw
歳とったなぁw

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートよろしくお願いします!いただいたお金は、熱海で働く若い方々のキャリア、人生相談料(通常5,000円)をディスカウントすることに活用させていただきます!

よろしければシェアしてください!
7
新しい働き方を実践しているキャリアコンサルタントだからこそできる、新しい働き方、暮らし方のご紹介をしていきたいと思います。2019年7月に直腸がんステージⅢとの診断を受け、「病気になっても自分らしく生きる、働くこと」をさらに探求し、社会に発信していけたらと思っています。

この記事が入っているマガジン

おすすめの学び場
おすすめの学び場
  • 9本

私が学んでいる様々なテーマについて、ご紹介いたします。20代から学びには時間を割いています。読書、セミナー、講座、eラーニング、ワークショップ、様々なものから学んでいます。