見出し画像

note48 メディアに取り上げてほしいが、どうしたらいいか(後編)

そして、もし実際にメディアが取材に来たら、注意点があります。
●絶対に謝礼としてお金を渡してはいけません。
下心があるとみられてしまいます。
取材スタッフも人の子なので、お土産として商品を渡すぐらいは喜こばれます。
「帰ったら皆さんでどうぞ」ということになれば、5分予定の中身が6分間になるかもしれませんよ。
●テレビなら放送日時に必ずスタンバイしてください。
深夜の放送でも、電話での対応に備えた方が良いでしょう。
但し、もしかしてイタズラも有るかもしれませんので念のため。
●逆にほとんど反応がないケースもありますので、そこは過度な期待をしない方が良いでしょう。
●お客さんは一時的に増えますので、リピーターに育てていく算段も予め考えておく必要があります。
一元客をどうしたらLTV(生涯顧客)に育てるか?
 
逆にデメリットは、放送は瞬間台風なので、反動があります。
多くの反響があったからいって、有頂天になるのは禁物です。
まず、常連客が離れる可能性があります。ここの対策が必要です。
一気に反響が有っても、しばらくすると落ち着いてきます。
その時「売れなくなった」「常連客が戻ってこない」と嘆いても始まりません。
メディアに出るときは、騒ぎになった後の、その先の戦略も、あらかじめ十分考えておく必要があります。
 
目立てば当然、勧誘のセールスも増えます。
時には、素晴らしい出会いになるようなビジネスの話も飛び込んできますが、逆もありますので、慎重に吟味する必要があります。
 
私が、もう一つよく頼まれるのは「この商品を有名タレントに使ってもらって感想を頂けないか」という依頼です。
ほぼ無理です。
タレントさんは事務所に所属していて、仕事ということになれば、相応のギャラが発生します。
ましてや、自社のWEBに載せたい、顔写真を使いたいとなれば、タレント側にとっては立派な仕事になってしまいます。
有名人に使ってもらえれば、知名度は一気に上がるのは周知の事ですが・・・
 
でも、秘策は無くはないです。
秘策はあります。同じ有名人でも例えば文化人なら比較的ギャラは安くなります。
もちろんそれなりにはかかりますが、芸能人ほどではありません。
 
もう一案は、仮に食品系ならば、一流ホテル、有名レストランのシェフとコラボするとか。
シェフの事は知らなくてもホテルが有名なら、それだけで知名度は上がります。
うまくコラボできたら、先様も一緒になって宣伝してくれるかもしれません。
ブランディングにも役立ちますね。
 
あるいは公的なコンテストに出品するとか。
良い例が「ギネスの挑戦」です。もし世界一になれば、メディアはきっと来ます。
又は地域ぐるみでブランド化。「富士宮焼きそば」「宇都宮餃子」がいい例です。

富士宮焼きそば

よくテレビショッピングでも見ますが・・・・
京都の老舗料理長が使っている包丁
一流ホテルで使われているベッド
こういうコラボは話題になりやすいと言えます。
 
また、例えばジャパネット高田さんみたいに、社長自身が有名になること。
そのために出しゃばるぐらいにあちらこちらに顔を出したり、
いわゆるセルフブランディングです。
いい意味で名物社長になるのは必要かと思います。
しかしこれも長い目で見ると、その名物社長が引退したらどうなるのか?
 
企業の永続を考えるなら、良い時に次のステップを考えておくべきでしょう。
 

ついでに、こちらが現在私が熱海で活動している会社です。
お問い合わせはこちらまで。


この記事が参加している募集

#広報の仕事

3,462件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?