@ART

@ART(アットアート)は、普段の生活の中で身近に存在する様々なアートを位置情報とともに紹介することで、気軽に見に行けるアートを再発見し、アートに対する敷居を低くすることを目指して活動する団体です。 https://at-art.jp/

@ART

@ART(アットアート)は、普段の生活の中で身近に存在する様々なアートを位置情報とともに紹介することで、気軽に見に行けるアートを再発見し、アートに対する敷居を低くすることを目指して活動する団体です。 https://at-art.jp/

    最近の記事

    東京でもない、横浜でもない、川崎のパブリックアート5選

    こんにちは。@ARTです。 東京と横浜の間にある川崎市のパブリックアートの紹介です。川崎というと工業地帯であったことから、あまり文化的なイメージが薄いかもしれません。しかし、川崎市は海側から山側まで結構広い市で、街の歴史をもとにした作品が設置されています。そんな広い川崎市から5作品を紹介します! 【川崎】鴻池朋子 / コンツェルト エンジェル、マザー フォレスト様々なメディア、手法で芸術の価値の問い直しを続けるアーティスト、鴻池朋子。川崎駅西口に建つオフィス棟とコンサートホ

      • 寒い季節に見たい、炎を感じる作品4選

        こんにちは、@ARTです。 いよいよ冬で寒い日々が続きますね。そんな寒い季節にこそ見たい炎のように熱いアート作品をご紹介します。 【お台場】マルク・クチュリエ / 自由の炎像お台場は東京テレポート駅すぐ近くにある作品です。2000年に開催された『日本におけるフランス年』を記念して、フランスから贈られた像で、台座とあわせた高さはなんと約27m。その大きさに圧倒されます。 マルク・クチュリエ / 自由の炎像 LA FLAMME DE LA LIBERTE 【浅草】フィリップ・

        • 往年の画家・イラストレーターによる、ノスタルジックな街中アート3選

          こんちには、@ARTです。 今回は、イラストレーター、画家として長年活動してきた作家によるパブリックアートをご紹介します。どの作品も昭和の雰囲気や、ノスタルジックな作風で温かみを感じさせる作品となっています。 【渋谷】藤城清治今なお現役で活動している影絵作家の藤城清治氏による作品。ガラス前面にノスタルジックな藤城ワールドが描かれています。 元々、藤城氏のお父様が、UFJ銀行の前身の三菱銀行にお勤めだったという縁から、作品が設置されたということです。現在、銀行の支店は統合のた

          • 『新美の巨人たち』でも特集!「丸の内ストリートギャラリー」で、街なかアートを楽しもう♪

            こんにちは、@ARTです。 東京・丸の内仲通りを中心に、屋外で様々な現代アーティストの彫刻作品が鑑賞できる「丸の内ストリートギャラリー」が今年50周年を迎え、今年6月に4年ぶりとなる新作の設置や作品の入れ替えが実施されました。 丸の内ストリートギャラリーは、三菱地所と公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が、 芸術性豊かな街づくりを目指して1972年より続くパブリックアートプロジェクト。 11月18日には、テレビ東京系TV番組「新美の巨人たち」でも特集されました。 今回は丸

            【11/14は埼玉県民の日 】埼玉のパブリックアート 5選

            こんにちは、@ARTです。 本日11月14日は埼玉県民の日。明治4年に廃藩置県が行われ、この日に「埼玉県」が誕生。それから100年後の昭和46年に、11月14日が「県民の日」に制定されました。 今回はそんな埼玉県民の日にちなんで、県内各地で鑑賞できるパブリックアートを紹介します。 【さいたま新都心】馬田純子 / チャッティングタワー鏡を使ったオブジェ作品が特徴の彫刻家・馬田純子氏による巨大な彫刻作品。さいたま新都心郵便局の前に設置され、ポストを彷彿させる赤い色がとても目

            生誕110年、日本を代表する彫刻家・佐藤忠良をめぐる~東日本編

            こんんちは。@ARTです。 今年生誕110年を迎える日本を代表する彫刻家・佐藤忠良(1912年7月4日 – 2011年3月30日)をご存知でしょうか。具象彫刻の膨大な作品が全国にあり、パブリックアートも多く制作した彫刻家です。おそらく身近な場所で、一度は見たことある作家の一人なのではないかと思います。 「日本人の手で初めて日本人の顔を表現した」という評もあるくらい、日本人らしい人物像を切り開いた佐藤忠良の屋外作品から、ごく一部をご紹介します。 佐藤忠良とは佐藤忠良(さとう・

            時間よ、止まれ! 時を刻むアートな時計7選

            こんにちは。@ARTです。 パブリックアートの中には、造形だけではなく時計としての機能を持つ作品も多くあります。時間を表すものをどう表現に消化しているか、それぞれのアーティストの取り組み方が現れている作品ばかりです。それでは7作品をご紹介します。 【大手町】杉本博司 / SUNDIAL「時計」と言いつつこちらは日時計です。数学の式をもとにアルミニウムを加工して形状を作り出す数理模型シリーズのひとつ。高さ12mもの円錐は日時計としての役割も持っていて自然の時間を体感できます。

            パブリックアート アクセス数ランキングTOP10を発表します!

            こんにちは、@ARTです。 本日11月3日は文化の日。1946年11月3日の日本国憲法公布を記念して、日本の平和や文化の発展を願う日として制定されました。 文化芸術関連のイベントも多数行われる文化の日にちなみ、今回は@ARTのウェブサイトで閲覧数の多い人気作品を紹介したいと思います。 ※Google Analyticsから、直近の2022年10月1日~30日の1ヵ月間でPV数の多い作品を集計しました。 それでは10位から行ってみましょう! 【第10位】シオタマ @汐留東

            日本全国のパブリックアートを掲載したデータベースをつくりたい!

            こんにちは、@ARTです。 この度、noteクリエイターサポートプログラムに、私たちの活動を採択していただきました。この場をお借りして感謝申し上げます! 今回は、改めて@ARTのプロジェクトで目指したいことについてお話したいと思います。 パブリックアートのデータベースを作りました私たちは、日本全国にあるパブリックアートの作品データ、位置情報をアーカイブするデータベースを作成しています。2022年6月に、パブリックアートのデータベースサービスとして「Public Art

            【10/27~読書週間】読むアートを巡る6選

            こんにちは、@ARTです。 10月27日からは読書週間。10月27日~11月9日まで2週間にわたり読書を広める活動が行われます。 街中のアート作品には、テキストを用いたものや小説家、詩人とコラボレーションした作品もあります。アートを読み巡りながら、文学や詩の世界に触れてみてはいかがでしょう。 【本郷】本郷三丁目ゆとりの空間制作プロジェクトチーム / CROSSHING HEARTS都営地下鉄大江戸線の改札内に鮮やかな色とテキストがあります。 本郷は文学にゆかりのある地である

            都会的でモダンな人物像、朝倉響子の彫刻作品

            こんにちは、@ARTです。 町中にある人物像というと、どんなものを思い浮かべますか?堂々とした偉人や神話をモチーフにした人物像、そんなところでしょうか。そんな人物像に対して、都会的でモダンな表現で制作してきた朝倉響子氏の作品を紹介します。 朝倉響子氏は、「東洋のロダン」とも言われた彫刻家の朝倉文夫氏の次女として1925年に生まれました。少女や女性をテーマに現代の写実的な人物像を繊細に表現しました。パブリックな場所に設置された作品も数多くあり、その中から一部をご紹介します。

            照明を効果的に使ったパブリックアート 5選

            こんにちは、@ARTです。 1879年10月21日にトーマス・エジソンが京都産の竹の繊維を炭化させたフィラメントを用いて白熱電球を完成させたことにちなんで、10月21日は「あかりの日」に制定されています。 世界で初めて作られた電球が日本の素材にも関係しているとは驚きですね。 というわけで、今回は美しいあかりが印象的な照明を使ったパブリックアートを幾つか紹介します。 【立川】メナシェ・カディシュマン 然は微笑まず、人は微笑む間接照明で浮かび上がったように見える切り絵のような

            鉄道開業150周年!駅にある鉄道モニュメントとアートを巡る

            こんにちは、@ARTです。 今年2022年は、日本初の鉄道が、1872(明治5)年10月14日に、新橋~横浜間に開業してから150周年を迎えます。 そんな記念すべき年に、鉄道の記念モニュメントや鉄道をテーマにしたアートで乗り継いで見に行ってみてはどうでしょうか。 【新橋】新橋駅SL広場 C11 292号ご存知新橋駅SL広場にあるC11形蒸気機関車です。新橋駅(現在の汐留駅)から一番列車が出発した鉄道発足100周年を記念し、保存展示されました。1945年製造というのでもう80

            パブリックアートで運動会!

            こんにちは、@ARTです。 「芸術の秋」や「スポーツの秋」と言われている今の季節は、アート巡りにもスポーツ鑑賞にも最適です。 実はパブリックアート巡りを通じてスポーツに触れられる作品も多く存在します。今回は10/10のスポーツの日にちなみ、様々なスポーツ競技をテーマにした作品を5つ紹介します。 【アーチェリー】エミール=アントワーヌ・ブールデル 弓を引くヘラクレス上野の国立西洋美術館前に設置されたこちらの彫刻は、ギリシャ神話の英雄へラクレスの「十二の功業」の一つに主題を借

            都内で観られるデジタルアート5選

            こんにちは、@ARTです。 昨年発足されたデジタル庁により、毎年第1日曜日と月曜日をデジタルの日、毎年10月をデジタル月間として制定されました。彫刻や壁画のイメージが強いパブリックアートですが、実は最新テクノロジーを使ったデジタルアート作品も多く存在します。今回は都内で観られるデジタルアートを5つ紹介します。 【押上】チームラボ 隅田川デジタル絵巻 “The TOKYO SKYTREE mural”デジタルアート集団チームラボによるデジタルパブリックアート。見慣れた東京都

            駅ナカで日本を味わう、東京で見られる日本画家のパブリックアート作品

            こんにちは,@ARTです。 パブリックアートには、日本画家による作品も多くあります。日本画は繊細な作品のため、公共空間での設置や鑑賞はむずかしいですが、パブリックアートなら、作品の世界観や風景をじっくりと味わえるものになっています。 【上野】平山郁夫 / ふる里 日本の華広島出身で「平和」をテーマにシルクロードや日本の風景を描き続けた日本画家。 JR上野駅中央改札の切符売り場上の壁面にあるステンドグラスは、平山郁夫氏によって、1985年に東北・上越新幹線開業が上野まで開通し