見出し画像

別注記録 JEMES MORTIMER × THOMAS MASON

お店のBlog等をご覧いただいている方には
周知の事実と思いますが、
備忘録として、記録として。

シャツ好きなよしくん。

10代のファッションに目覚めた頃から
スタートはネルシャツやラルフローレンのB.D.シャツ。

ラルフローレンといえば
コットンのマドラスチェックにハマって
集めたなぁ〜

変な色のストライプにもハマった。

当時は全然流行ってたわけじゃないけど、自分なりのポリシーに満ちたアイテムがシャツだった。

JCペニー
BIG Mac
ペンドルトン

この辺も、古着屋さんで掘って掘って
安くていいもの、探しに探したもんです。

ICONSとしても
コンセプトありきなのか
シャツが好きだからなのか

CLEAN&MODERNの旗印、その名の下に
シャツを集めること13年。
オープン時から、変わらず、大好きなシャツは欠かさず揃えてきました。
その時々の気分を踏まえたスペシャルなやつ。
セレクトならではの視点で、流行ってる時も、世の中がシャツ気分じゃない時も、良いシャツは欠かさずに。

そんな当店がオススメする今年のシャツ。

イギリス🇬🇧

個人的に洋服のルーツであるヨーロッパ、中でも英国製というワードに目がない。
同じ島国だからなのか、似たルーツを感じる。

受け継がれる伝統。
その伝統を重んじながら、時間をかけて洗練され、進化してきたものづくり。

古き好き時代の素晴らしいものづくり。
(現代においてはちょっと面倒な、手間のかかる作り方)

アイルランドの古いシャツメーカー
『JEMES MORTIMER』
ジェームスモルティマー

こちらは1984年創業。

丁寧な縫製
熟練の技術者が丹念に心を込めるように製作。

昔ながらの、手仕事
何年経っても、変わらぬ良さ
使い込んでから改めて気づいてもらえると思います。

そして生地は
『THOMAS MASON』
トーマスメイソン

言わずもがな、英国🇬🇧
イングランドの老舗生地メーカー。

Thomas Mason(トーマス メイソン)という
英国の香りのする名のとおり
英国・イングランドのランカシャーという地域で1796年に創業したシャツ生地メーカー。

調べたところもともとは羊毛糸屋で
今のような生地メーカーになったのは19世紀に入ってから。

そして近年、イタリアの大手シャツ生地メーカーアルビニ社に買収され生産拠点を
イングランドからイタリアへと移しました。

このトーマスメイソンが得意とするゾーンは
大体100番手から140番手程度の
一般的には高級な細番手といえるゾーンですが
ほかの細番手に特化しており、ここ最近僕の思う良い服の美学である、着てかっこいい日常着にしやすい普遍性も備えています。

高級で繊細な生地では、普段着としてガシガシ着れませんからね。

さてさてそんなこんなで
制作したシャツ。

老舗と老舗の良いところを
いい意味で現代的なコンフォートフィットに落とし込んで。

程よいゆとり。
スーツの中に着るというよりは
(カジュアルにスーツの中に着る分には十二分にオッケーですが)

あくまでも普段着。として

なので、程よいフィッティング
オーバーサイズでも、ジャストフィットでもなく、程よいゆとりが大人のリラックス感。

キーワードはここ。

現代的

伝統=クラシカル

そこには最大限の敬意を払い。
マインドとか、伝統が持つ魅力は残しつつ
“今”もきちんと表現するのが、ICONSのシャツの良いところ。

モダン=現代性

トレンドとかムードとか
時代感というか、スタンダードも微妙にアップデートされていたり、細かなニュアンスは変わっていきます。そこはうまく汲み取りたい。

今回のシャツは

伝統と現代性な

物凄い絶妙なバランスに仕上がっていると思います。

というわけで、ぜひご覧ください。

たまには真面目なシャツの話

may the force be with you !!!

あさの


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
セレクトショップICONSオーナー。1982年の山羊座のA型。衣食住をひっくるめて人生と共に歩める洋服を提案するのがテーマ。https://www.instagram.com/asano_yoshiyuki/?hl=ja
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。