北欧言語の勉強方法

137

海外で生きる力を身につけたフランス語時代

今日のオスロは青空。公園では読書をしている人もいました。

さて、英語のあとは、フランス語に取り組んでいたこともありました。

こちらの動画で語っています。

この動画を見る気がおきない、テキストがいいという方もいるのかもしれない。文字にもしておきましょう。

私のフランス語歴は、「上智大学時代」と「オスロ大学時代」に分かれます。

私は上智大学 外国語学部フランス語学科に通っていました。

でも

もっとみる
Lag en fin dag!=充実した日は自分でつくれる
17

現地に住まずとも外国語に触れる工夫

8/24~30の1週間の勉強記録

アプリDuolingoはもう終わりそう。残りのレッスンは日数を置いて復習用に使いたいので、使用時間を減らし始めています。

アプリInnovativeに使う時間を反対にこれから増やしていきます。英語でフィンランド語学ぶのですが、普通の授業がそのままオーディオになったり、動画などもあるのでちゃんと勉強できる。

文法も学べるのでこれから重宝しそうです。

あと最近

もっとみる
外国語を話せると、より自立できるし、脳が活性化する。おすすめ
9

勉強の記録を動画にしてみました

文字と写真中心でフィンランド語の勉強記録を残していますが、実験として動画にも残してみます。

動画は手を出さない領域なので、続けられるかわからないけれど、まずはやってみます。

インスタグラムにアップしていくので、お時間ある方はのぞいてみてね。

私にとって語学勉強はもはや人に伝えたり、言語化するほど大した作業ではなく、「生きていくうえで必要だから、絶対話せるようにする」という感覚。

だから人に

もっとみる
書籍『北欧の幸せな社会のつくり方 10代からの政治と選挙』発売中~
3

地道にこつこつと続けるしかないのです

勉強、続けています

毎日、いっぱい間違えながら。間違えたほうが勉強になる。

勉強の記録を残すといっても、まずはもっと単語数を増やしたいので、地道な作業。

「こつこつと続ける能力」が鍵となる。

だから、

どうしたら自分は続けることができるか?

どうしたら楽しめるか?

を、とことん自分で理解することが大事かもしれません。

書籍『北欧の幸せな社会のつくり方 10代からの政治と選挙』発売中~
8

現地のニュース記事をうまく利用する

外国語に触れる時にどういう媒体を道具として利用するか。

私にとって以下の媒体や環境で見聞きする言葉はまったく違う道具です。

現地のニュース記事と記者会見・政治家の言葉・政府や自治体が出す資料(理解するには政治や社会議論の背景・国の制度やカルチャーを知っている必要がある)

大学の授業で使う文献(アカデミックな言葉で日常会話とぜんぜん違う語学の頭が必要とされると思う)

本(テーマによるけれど、

もっとみる
今日、コーヒー飲んだ? コーヒー最高
4

語学アプリで週19時間お勉強

8/3~8/9は2つのフィンランド語アプリで19時間30分を費やしていたようです。

Duolingoが依存性が強いので続けやすい

Duolingoを全クリアしたらInnovatveにもっと集中しようと思います。

Duolingoではこのように各パートが1~5レベルに分かれていて、「言語」や「家族」ごとに5レベル全部で25レッスン。

全部終わると上の写真のように「5」という数字で黄色くなる。

もっとみる
外国語を話せると、より自立できるし、脳が活性化する。おすすめ
9

1週間で語学アプリ21時間勉強したらしい

ここ数か月、フィンランド語のお勉強があまり生活で優先されていなかったので、先週から一気にお勉強モードに入ることにしました。

(冒頭写真はオスロにあるワッフル屋さんのおいしいおやつ)

そうしたら、私いつの間にかスマホの語学アプリだけで21時間もお勉強したらしい。

自分でもびっくり。

集中的に使用していたのはDuolingoとInnovativeです。

私は暇人、というわけではない。

私に

もっとみる
目標はフィンランド語で選挙の取材
14

今使用中のフィンランド語アプリ

フィンランド語の勉強続けています。

一時期は仕事やら入院やらでちょっとのんびりしていたのですが、今週からエンジン全開。

さて、いろいろ試した結果、今でも続いている語学アプリはこの3つ

私は有料登録しています

Innovative Language 

有料登録すればフィンランド人の先生もつくし、詳しい単語や文法の説明ノートもダウンロードできる。

どういう内容かみてみたいなら、YouTub

もっとみる
Lag en fin dag!=充実した日は自分でつくれる
9

在宅勤務が増えて、勉強時間も増える

新型コロナの影響で、外取材の時間が減り、在宅勤務の時間が増えました。

それに比例して、忙しかった仕事がいくつかひと段落したので、フィンランド語の勉強にまた励むことができます。

今年に入ってからしていた仕事が頭が使うものが多くて、加えて語学勉強もすると、脳疲労が増えていたので、たまにお休みしていました。

最近は、はかどる仕事や勉強方法として、同じタスクを45分以上はやらないようにしています。

もっとみる
北欧観光するなら、コーヒー豆をお土産に
20

連想ゲームをしたら覚えられるかもしれない

「いろいろなやり方を試したら、いつか覚える単語もあるでしょう」というノリで、単語を延々とノートに書くのに飽きれば、他の書き方をしてみます。

例えば、フィンランド語でselväは、英語でclearという意味らしいので、

ノートに「せるヴぁ」とひらがなで書いてみます。なんでひらがなか?ただ単に、カタカナで書くより可愛く見えるからです。定番のカタカナじゃないほうが、脳が混乱して、余計に覚えるかもしれ

もっとみる
外国語ができたら、自分の世界も可能性も広がって、いいことしかない
12