見出し画像

台湾、無印、カラヴァッジョ・・・。SAVVYを見て一日の行動を決めた話

今回の京都に来た理由の一つは「THE WORLD LOUNGE Co&Co」に行くことだった。


およそ2年前にこんな記事を書いている。

ここには「セレクト書店」が併設されている。そこで一冊の本に出会い、1日の予定を決めた。

画像1

台湾の文字が目に飛び込んできた。

気になっていたDAYLILYの大阪のお店にまずは行くことにした。

烏丸 → 梅田 

画像2

あべのハルカス美術館で「カラヴァッジョ展」をやっていることを思い出し、次はそちらに。

大阪 → 天王寺

画像3

前日「無印良品 京都山科」に行ったときに、日本最大の無印良品が堺北花田のイオンモールにあることを知り、せっかく天王寺まで来たのでそちらに向かう。

天王寺 → 堺北花田

画像4

と、ここまで来たので、SAVVYに載っていた台湾料理のお店が、谷町九丁目にあることを知り、台湾発の香港スタイル飲茶カフェ「共楽 大阪」店に行く。

堺北花田 → なんば → 谷町九丁目

画像5

魯肉飯を食べて、魯肉飯のキーフォルダーをもらった。

壁に飾られていた金の龍が、人気の台湾出身のアーティストによるものだと知る。

Rookie220:
台湾出身のクリエイター。2010年にストリートカルチャーと出会い、グラフィティに魅了される。その後、様々なストリートで創作活動を行い、香港・台湾などのストリートアートフェスティバルにも頻繁に招待されている。nikeやAdidasと言ったメーカーとのコラボも多数。2017年には、台湾のミュージックシーン最大の賞である『Golden Melody Awards』、第28回「Best Recording Package賞」を受賞。現在は、台湾の伝統文化要素を取り入れたイラストが主な作品である。また、創作時の実験的過程を好み、“one-shot”ーー「1回きりの創作をする。」と言う観念を持っている。

京都に来た理由の一つである「THE WORLD LOUNGE Co&Co」は世界とつながるラウンジ。

2年前の記事のタイトル、

世界と何でつながるのか?

その答えは、おそらく「好奇心」だろう。

ハッシュタグ=#を頼りに「好奇心」のおもむくままに行動すれば、きっと世界はつながる。

世界だけでなく、ありとあらゆる人と。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
5
25年間出版社に勤めたあと、IT企業に転職。食べるもの、食べること、京都や台湾、スリランカ、アートにお茶にコーヒーが好きです。