AppBrew

株式会社AppBrewの公式noteです。AppBrewは「ユーザーに求められるものを…

AppBrew

株式会社AppBrewの公式noteです。AppBrewは「ユーザーに求められるものを、再現性をもって作る」をミッションに国内最大級の美容プラットフォーム「LIPS」( http://lipscosme.com )を提供しています。 https://appbrew.io/

マガジン

  • AppBrew社員インタビュー

    AppBrewの社員のインタビューをまとめました。

  • AppBrewメンバーによる記事

    • 24本

    メンバーが執筆した記事のまとめです

最近の記事

「自分」を突き詰めた先にキャリアが築かれる|仕事の本質は相手のニーズを満たすこと

AppBrew 代表取締役 深澤 雄太さん Yuta Fukazawa・東京大学工学部に入学し、社団法人を立ち上げ「東大無料塾」を開業。その後、freeeにてシステム開発に携わる。2016年2月にAppBrewを創業。翌年には美容プラットフォーム「LIPS」をリリースし、以降現職 企業詳細:コーポレートサイト / 採用ページ / LIPS(サービスサイト) SNS: X(旧Twitter)/ note / Wantedly 自分の欲求<相手のニーズ。挫折経験から得た今につな

    • ついにAppBrewが2025年から新卒採用を本格スタート!会社が新卒に求める"資質"とは?

      AppBrewでは、2025年4月入社予定の学生を対象に、新卒採用を本格的に開始します。本記事では、AppBrewに興味を持ってくださった学生のみなさんに向けて、学生インターンを経て2018年に正社員として入社した高橋歩美と、内定者インターンの遠藤愛の対談を通じて、弊社が新卒社員に求める資質や業務に向かう姿勢について、ご紹介いたします。 「人」こそ、AppBrewの自慢。風通しもよく、働きやすい環境 ーーまずは、高橋歩美さんの入社までの経歴と、現在の業務内容を教えてください

      • 【ウェビナーレポ】"納得を勝ち取る"クチコミ評価点数の経済学-クチコミサービスにおける、レーティングの透明性と信頼性をつくるために必要なこと-

        美容クチコミプラットフォーム「LIPS」では、運営しているAppBrewの行動方針の一つである「USER FIRST(何かを決める時は、ユーザーの合理性を最優先する。)」に基づき、商品選びの一つの軸としてユーザーの意思決定に役立つ、信頼性・公平性の高い商品評価指標の提供を目指しています。 その取り組みの一貫として、2022年10月より、株式会社エコノミクスデザインのレーティング専門家と、新たな評価点数のアルゴリズムで運用を開始しました。 本記事では、LIPSが【6周年】を迎

        • 「あったらよさそう!」がスタート。AppBrewのエンジニアに、マルチスタックとオーナーシップを求める理由

          ーー吉野さんはAppBrewの創業期を知る数少ないメンバー!まずは吉野さんの会社との出会いを教えて下さい。 高専からの編入先である東京大学の授業で、AppBrewCEOの深澤に出会ったのがきっかけでした。「WEBサービスを作る」という内容の授業だったのですが、同じ学年ですでにスタートアップを起業している人がいるというのも新鮮でしたし、経営もエンジニアリングもやっている深澤と働けるという点で単純に楽しそう!と、アルバイト感覚でAppBrewに参画しました。 2016年当時は

        「自分」を突き詰めた先にキャリアが築かれる|仕事の本質は相手のニーズを満たすこと

        • ついにAppBrewが2025年から新卒採用を本格スタート!会社が新卒に求める"資質"とは?

        • 【ウェビナーレポ】"納得を勝ち取る"クチコミ評価点数の経済学-クチコミサービスにおける、レーティングの透明性と信頼性をつくるために必要なこと-

        • 「あったらよさそう!」がスタート。AppBrewのエンジニアに、マルチスタックとオーナーシップを求める理由

        マガジン

        • AppBrew社員インタビュー
          13本
        • AppBrewメンバーによる記事
          24本

        記事

          【新たなLIPSへ】リデザインプロジェクトのPMとして意識したこと

          ※本記事はAppBrew Tech Blogの転載です。 はじめにAppBrewでプロジェクトマネージャー(以下PM)をしている「なっつん」です。 本日2022年10月24日(月)、「LIPS」ロゴ及びUIデザインのリデザインを発表しました。この記事では、本プロジェクトのPMとしてリデザインの背景や新ロゴ決定までの過程についてご紹介します。 リデザイン背景LIPSはローンチ当初、10代女性をターゲットに開発。リリースから9ヶ月でAppStore総合無料ランキング1位を獲

          【新たなLIPSへ】リデザインプロジェクトのPMとして意識したこと

          「点数付け」の責任に向き合う。AppBrewがLIPSのレーティングを進化させる理由とは?

          ーー今回のテーマである“レーティング”ですが、あまり聞き慣れない言葉です。コスメはもちろん、飲食店や家電、本などのレビューにおいて「星の数」で商品やサービスをスコア付けして表現すること、という理解であっていますか。 堀江:その通りです。一般に、ユーザーがつけた評点(星の数)を平均して表示していると思われがちですが、単純に平均値をとるだけでは色々な問題や課題が出てくるため、それを補正するためのルール、つまり数式を作っていくのが「レーティング」のキモといえます。例えば、発売さ

          「点数付け」の責任に向き合う。AppBrewがLIPSのレーティングを進化させる理由とは?

          「LIPS」のSNS運用担当者に聞いてみた!AppBrewでのリアルな仕事内容や面白さ、やりがいは?

          高橋 歩美 新卒でAppBrewへ入社。学生時代にインターン生として入社し、コンテンツチームの立ち上げに従事。Instagramの1人目の運用担当として、入社してからこれまで複数のSNSアカウントの運用を担当。 有江 さとみ 編集プロダクション、株式会社オープンエイトを経て2019年8月にAppBrewにジョイン。LIPS編集部のマネージャーとして、マネジメントやコンテンツ企画、商品開発等に従事。 ーーSNS運用チームで活躍されている高橋さん、有江さん。まず始めに、これま

          「LIPS」のSNS運用担当者に聞いてみた!AppBrewでのリアルな仕事内容や面白さ、やりがいは?

          ウェディング業界から、業界チェンジ!成長できる環境で、信頼される営業になりたい

          ーーLIPSの営業として頑張っている加瀬さん、まずはご経歴からお願いします! 2019年に大学を卒業し、新卒で入社したのはウェディングに関するメディアの会社でした。LIPSと同じメディア業ではあるものの、既存のお客様とのつながりを大切に、ひとつの営業先に深く入り込んでいくことが求められる業種でしたね。 2022年に入ってからLIPSに営業として転職し、半年ほど(2022年9月現在)。現在、社会人4年目です。 ーー前職も、同じ女性向け商材である「ウェディング業界」だったんで

          ウェディング業界から、業界チェンジ!成長できる環境で、信頼される営業になりたい

          大手→スタートアップにキャリアチェンジ。転職に不安は?入社後ギャップはあった?経験者に聞いてみました。

          伊勢昇平(いせ しょうへい) AppBrewの経営企画部で、PL管理や投資家報告、各種KPI管理など管理系業務を担当。 これまで、株式会社光通信、および楽天モバイル株式会社にて、同様の経営企画業務を経験。2022年7月〜現職。 小島 大基(こじま だいき) LIPSのtoB事業であるSaaSチームにおいて、フロントエンドを中心に担当するエンジニア。 2020年4月〜新卒でヤフー株式会社に入社、広告管理ツールのフロントエンドなどを担当。2022年4月〜現職。Twitter:

          大手→スタートアップにキャリアチェンジ。転職に不安は?入社後ギャップはあった?経験者に聞いてみました。

          目指すはコスメECのNo.1。LIPSショッピングで生み出す、新しい購買体験!

          ーーまずは、『LIPSショッピング』の事業概要について教えて下さい。 シンプルに説明すると、「LIPSで見た商品がLIPSで購入できる」機能です。 商品のクチコミを見たら、その商品を欲しくなると思いますので、そこからシームレスに買える・手に入るというのは価値があることです。 これまでは「LIPSでクチコミを見る→ブランド公式サイトやAmazon/楽天/Qoo10などのモールを開く→購入する」と、いくつかのサービスを横断しなければいけなかったし、何回も会員登録をする必要があ

          目指すはコスメECのNo.1。LIPSショッピングで生み出す、新しい購買体験!

          社内の雰囲気やカルチャーが見える!数字で見るAppBrew

          7月に入社した、AppBrew PRの安達です🌻 AppBrewは本日7月19日に、コーポレートサイトをリニューアルしました。 ポイントの一つは採用情報を掲載している「Careers」ページを中心にコンテンツを大幅に拡充したこと! 「Careers」のコンテンツは特に採用候補者の皆様に、会社の雰囲気やカルチャー、そしてどのような社員がいるかなどをより知っていただきたいと考え、作成しました。 この記事では、新コンテンツ「数字で見るAppBrew」の各項目を解説していきます。

          社内の雰囲気やカルチャーが見える!数字で見るAppBrew

          新しい「コスメ購買体験」を創るなら!買付けからアプリ画面設計まで経験できるLIPSのマーチャンダイザー(MD)とは?

          ーー澤さんは入社して半年(2022年6月時点)ですね。まずは入社までのご経歴を教えて下さい。 新卒で出版社に入社し、雑誌編集やライフスタイル系雑誌の公式通販サイトの運営などに携わってきました。その後、アプリメディア・Webメディアのコンテンツディレクター、EC立ち上げやフリーの編集などを経て、2021年12月にAppBrewへ入社しました。 特に複数のメディアで編集者、Eコマース担当を経験できたことは貴重な経験で、商品の開拓から買付け、撮影のディレクションからテキストライ

          新しい「コスメ購買体験」を創るなら!買付けからアプリ画面設計まで経験できるLIPSのマーチャンダイザー(MD)とは?

          インフラ改善を専任エンジニア0人で実現する方法━「インフラ部」座談会

          AppBrewで運営する美容プラットフォーム「LIPS」は累計DL数900万、web,app含むMAU1000万を突破し、国内最大級の規模へと成長しています。 そんなLIPSの開発チームには現時点でインフラ専任エンジニアはまだ0人!インフラ開発・整備は複数人のエンジニアにより構成される「インフラ部」により支えられています。 専任なしでどうやって運営してきたのか、4名の「インフラ部」メンバーに話していただきました。 また、今回AppBrew1人目SREの募集も開始しています

          インフラ改善を専任エンジニア0人で実現する方法━「インフラ部」座談会

          Slackカスタム絵文字から見るAppBrew━人気のカスタム絵文字BEST50を調査してみた

          AppBrewではコアタイムなしのフルフレックス×リモートワーク可能なため、多くのコミュニケーションがSlackで行われています。また、95%がパブリックチャンネルでやりとりされているためSlackはいつも活発! 今回はそんな弊社SlackからAppBrewの雰囲気をご紹介します。 💫 人気のカスタム絵文字ランキングBEST50AppBrewでは、誰でも絵文字を追加してOKなのでSlackのカスタム絵文字もたくさん。今や1861個存在しています!企業の色やカルチャー・雰囲気

          Slackカスタム絵文字から見るAppBrew━人気のカスタム絵文字BEST50を調査してみた

          キャリアチェンジも大歓迎!AppBrewの「プロダクトマネージャー」像を探ってみた。

          近年、その重要性が増しているプロダクトマネージャー(以下、PdM)職。 AppBrewでも、各プロダクトごとに複数名の社員がそのポジションについています。 しかし、ひとくちに「PdM」といっても、その職務内容や責任範囲は会社や組織によって大きく異なるようです。果たして、AppBrewのいう「PdM」とはどんなポジションなのか、どのような人材を求めているのか、現PdMの3名が集まって意見を出し合いました。 ーー初めてのAppBrew PdM座談会ということで、まずはAppB

          キャリアチェンジも大歓迎!AppBrewの「プロダクトマネージャー」像を探ってみた。

          【VP of Salesインタビュー】1人目社員兼執行役員が語る、AppBrewセールスの面白さ

          ━ これまでの経歴を教えてください。 AppBrewにジョインするまでは2社経験しています。 新卒で大手通信会社に入社し、中小企業の通信環境を構築するための光回線やビジネスフォン、複合機などを販売する法人営業をしていました。 3年ほど在籍した頃、新しいチャレンジをしたいと思いグルメサイト「Retty」に転職しました。当時の社員数は20名ほどで、ビジネスサイドの規模もまだ数名程度。まさにこれからセールス組織を立ち上げていくという状況にワクワクしていました。 ━ その後、A

          【VP of Salesインタビュー】1人目社員兼執行役員が語る、AppBrewセールスの面白さ