あぽと≪NoCodeエンジニア≫

■AppAuto株式会社CEO■ノーコードツールを使ってアプリ・サービス開発をしています ■詳細はTwitterにて ■僕が開発などを通して感じたことを書きます ■ノーコード技術発信は、AppAuto Community(https://note.com/appauto)にて!

あぽと≪NoCodeエンジニア≫

■AppAuto株式会社CEO■ノーコードツールを使ってアプリ・サービス開発をしています ■詳細はTwitterにて ■僕が開発などを通して感じたことを書きます ■ノーコード技術発信は、AppAuto Community(https://note.com/appauto)にて!

    マガジン

    最近の記事

    【Bubble】アプリ上でPDFを出力する方法

    アプリ上で情報入力し、完成品をPDF形式で出力したい。そんな場面があると思います。 例えば ・見積書や請求書などの電子書類の作成 ・アプリ上の作成物を、スムーズにダウンロード・印刷させる導線を作りたい 今回はBubbleアプリでPDFを出力する方法をまとめます。 「SelectPDF」プラグインを使用PDF出力には、プラグインを使用します。 いくつか種類がありますが、今回はBubbleが公式提供しているSelectPDFプラグインにしました。 ダウンロード自体は無料です

    スキ
    3
      • 【Bubble】投稿日時を「○分前」や「○日前」と表示させる方法

        TwitterやInstagramなどの主要SNSでは、投稿後の経過時間が常に表示されています。 その際には「○分前」「○時間前」「○月○日」と、経過時間に応じて見やすい単位で表示されます。 Bubbleでは「Current date/time」コマンドを使って、現在時刻を取得できます。 これを使い「現在時刻 - 投稿時刻」とすることで、投稿してからの経過時間(相対時間)を計算できます。 しかしこのままでは、Twitterのように単位を変更することはできません。(○分前

        スキ
        5
        • ページをまるっと削って、サイト閲覧数が2倍も増加した話

          アプリやシステムを使ったサービス開発は、リリース後にユーザーの声を聞きながら修正していくことがほぼ必須となります。 改善というと、機能追加や、現状機能の修正がまず挙げられます。 しかし今回は逆に「機能・ページを削る」という改善を行いました。それも小さな使われていない箇所などでなく、ユーザーが必ず使っていた箇所をまるっとです。 そしてなんと、それによって数日後にはサイト閲覧数が2倍になるという素晴らしい結果となりました。 今回は行った改善についてと、良い結果に繋がった理

          スキ
          3
          • 【1年の振返り】 「探究」 → 「発信」 【今年の抱負】

            2022年、あけましておめでとうございます。 いつも僕の発信を見てくださり、ありがとうございます。 今回の記事では、昨年の振返りと今年の抱負を書いてみます。 2021年の振返り昨年は個人事業主になってから初めて、まるっと1年を過ごしました。 まず生活できていることに感謝ですし、様々なことに挑戦させてもらうことができました。 ノーコード関係の案件 案件として1年間で15件の開発を行いました。 Bubbleがほとんどですが、Glide、STUDIO、Integromat、

            スキ
            15

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • Bubbleで1ヶ月で構築し、あの大企業とコラボ!株式会社あいホーム「バーチャル展示場」は、こうして作られた!

              昨日3/27、NoCodeCamp主催のイベントが開催されました。 ゲストは、株式会社あいホーム代表取締役の、伊藤 謙さん(通称イトケンさん) 先日バーチャル展示場をリリースし、不動産DXを実現。 この開発は、僕がBubbleを使って担当しました。 仲介に入ってくださったNoCodeCampのツバサさんとNinjaさんも交え、4人で楽しく話せました。 その中で、これからのアプリ開発における重大なヒントがたくさん出てきて、本当に勉強になったので共有します。 ノーコード開

              スキ
              22
              • 【Bubble】水平方向Repeating Groupのスクロールバーを消す方法2選

                久しぶりのnote発信です。 今回は、水平方向Repeating Groupのスクロールバーを消す方法です。 Repeating Groupは、項目を全表示する「Full List」や、スクロールのたびに読み込む「Ext. vertical scrolling」など、垂直方向はメニューが豊富で、スクロールバーも消すことが出来ます。 しかし水平方向は「Horizontal scrolling」のみで、あまりカスタマイズできません。 特にスクロールバーを消せないのは、デザイン

                スキ
                11
                • 【Bubble】リッチテキストエディターを実装

                  リッチテキストエディターをご存知でしょうか? ブログを書いたり、CMS投稿したことのある方はご存知だと思います。 こういうエディターです。 文字の色、大きさ、フォントを変えたり、画像を挿入したりと 文字に装飾できるエディターです。 もしBubbleでCMSを構築する際には搭載できると便利です。 入力した文字は、textエレメントでそのまま表示できます。 今回はBubbleで扱えるリッチテキストエディターについて紹介します。 プラグインで簡単実装実は実装方法というの

                  スキ
                  8
                  • 心を、言葉で伝える。ヴァイオレット・エヴァーガーデンを視聴して

                    今月から、とあるアニメ作品にドハマりしていました。 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」 2018年の作品でしたが、この頃は意識的にアニメを見ないようにしてた時期だったので、知らずに過ごしてきました。 最近口コミで「この作品は見るべき」と言われたのをふと思い出し、Netflixで視聴したところ、見事に号泣。 一気に13話を駆け抜けながら、今年の秋から映画をやっていることを知ります。 鬼滅に隠れてて全然知らなかった… その映画を今日、見てきました。 ハンカチの濡れた面積

                    スキ
                    5
                    • 【Bubble】ページ読込み完了まで、ロード中アニメーションを流す方法

                      Webページを表示する時、Bubbleで構築したそのままでは、読み込んだ情報から順に表示されていきます。 まずテキスト、次にボタン、最後にデータ量の大きな画像…と。 これではやや不格好ですね。 情報が全て読み込まれてから、同時にバン!と表示する。 そして読込み中は、ロード中と分かるようにアニメーションを流す。 今回はその方法を解説します。 Page loaded(entire)を活用WorkflowやConditionalの条件式に、Page loaded(entir

                      スキ
                      16
                      • 【Bubble】アプリから直接通話をかけられる!設定方法2選

                        Bubbleで構築するアプリに、電話番号を掲載することは多々あるかと思います。 このときスマホ画面で番号をタップすると、そのまま通話をかけられたら便利ですよね。 例えば運営へのお問い合わせ、掲載店舗への連絡などの場面です。 今回はこれを実装するための具体手順を、2つ紹介します。 ①電話番号をそのまま掲載・発信するまずは番号を掲載し、タップすれば通話を発信できる設定です。 HTMLエレメントにて、次のように記述します。 <a href="tel:000-0000-00

                        スキ
                        10
                        • 【Bubble】Google Analytics設定方法(2020/11最新版)

                          この記事では、Bubbleで構築したアプリに、Google Analyticsを設定する手順を紹介します。 従来Google Analyticsの設定は、そこまで難しいものではありませんでした。しかし2020年10月、Google Analyticsの大型アップデートが行われました。 参考記事 https://www.seo-pro.jp/seo/change_points_of_ga4 これにより、トラッキングIDの取得方法が変わったため、混乱している方も多いのではな

                          スキ
                          16
                          • 【制作2時間】オンラインポッキーゲームをスピード開発。そこから感じた"速さ"の重要性

                            先日、Bubbleで「オンラインポッキーゲーム」なるものを開発しました。 思いついたのが11/11 22:00。リリースしたのが 11/12 0:00。 2時間のスピード開発です! この思いつきを無事にリリースでき、100人近いユーザーさんに遊んでもらうことができました! 直接「遊んでみたよ!」「面白いね!」という声ももらって、とても嬉しかったです! Google Analytics解析画面 今回の経験を通して感じたこと、 特に"開発スピードの大切さ"について、共有し

                            スキ
                            9
                            • 【Bubble】アイコンをクリック時、外部ページへ「新規ウインドウで」遷移する方法

                              今回は、アイコンをクリック時に外部ページへ遷移させる方法を紹介します。 Bubbleで外部ページへのリンクを仕込む方法は、主に2つあります。 ・Workflowにて「Go to page..」「Open an external website」を使用 ・Linkエレメントを使用 後者はアイコンや画像が使えないので、除外です。 しかし前者の場合、今度はページを別ウインドウ・タブで開くことができません。 同じウインドウ・タブで、アプリから遷移してしまいます。 今作ってい

                              スキ
                              12
                              • 【ネタバレ注意】劇場版「鬼滅の刃」の感想・考察

                                ※こちらの記事は、スクショも使いながらがっつりとネタバレをしています。ご注意ください。 本日、劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編を見てきました! 普段ノーコード関係の記事を書いていますが、この感動は文章に残さねば気が済まないので、考察と号泣シーンを連ねていきます笑 (注)考察多めです。苦手な方はご遠慮ください。また、反論などの意見は大募集です笑 煉獄杏寿郎という男の"笑顔"今回の話の、もはや主人公と言っても過言でない活躍をした煉獄さん。 彼の熱い戦い、折れない闘志、そして

                                スキ
                                11
                                • 発注者視点の、コードを書かずノーコードを使うメリット3つ

                                  最近、ノーコードの開発案件をよく耳にするようになってきました。 発注者から要件を聞き、開発者がノーコードツールでアプリを作ります。 開発者にとってノーコードツールを使うメリットは、素早い開発、短期間でのスキル習得など、様々あります。 発注者にとってのメリットは「早くて安い」が現状よく言われていますね。 しかし、僕はそれだけでないと思います。 そこで発注者視点で、あえてコードを書かずノーコードを選ぶメリットを紹介します。 ①開発工数が小さいこれが現状の最大メリット「早くて

                                  スキ
                                  9
                                  • bubble開発案件が完了!不動産業界のDX事例を紹介します!

                                    先月9月から、bubbleでの開発案件をスタートしており ちょうど1ヶ月で納品完了・リリースまで行いました。 日本国内ではまだまだ事例の少ないbubble開発案件。 どんなアプリを制作したのか。 bubbleでどんな課題を解決できるのか。 今回の案件内容を簡単に紹介します。 不動産の内見をオンライン化今回ご依頼いただいたのは、宮城県の不動産会社のあいホームさんです。 http://www.aihome.biz/ その依頼内容は、オンラインで不動産の内見を行えるサービス

                                    スキ
                                    49