かくたあおい

    • 楽典の教科書

      ポップスで使う音楽理論に絞って解説する、新しい切り口の楽典の教科書です。

審査員としての視点とアドバイス

最近、ありがたいことに審査員をさせていただくことが多く、そこで感じたことについて、いくつかに分けて記述しようと思います。 ■音源審査のポイント■  オンラインで…

990
5か月前

あとがき

ポップスで使う理論に絞った解説でしたが、いかがでしたでしょうか。 音楽理論は体系化されていますが、宇宙のように未だに完成しているものものではありません。 ただ、普…

第2章 コード ー その他の進行

①ダイアトニック系前項で紹介した4つの進行をもとに、一例を紹介します。

第2章 コード ー コード進行

前項ではコード単体(縦の響き)を紹介してきましたが、ここでは実際に曲のようにするためにコード進行(横の響き)を紹介します。 コード進行で最もシンプルなのが、前に…

第2章 コード ー 分数コード

通常、コードというのは一文字目に書いてある音名が、一番低音になります。 その低音のことをルート音と言います。 例:「C#m」→ルート音は「C#」、「G♭aug」 →ルート音…

第2章 コード ー コードネームと数字